スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ガルーダの不動明王秘法

 ガルーダの図像
     (ガルーダの図像)
一昨日、霊動法およびチベットのチューについて述べた。
研究会のある方からメールがあり、数週間前ご家族とチューについて話をしたというのである。また、独鈷山鏑射寺(かぶらいじ)の法主であられる、中村和尚のことについて興味あることが記されていた。

中村和尚は、最近のマイブームとして、不動金縛りによる『癌封じ』をやっているというのだ。その方は、僕のところで不動金縛法(不動七縛法)を教授しているから、そんなこともできるのかという驚きの報告をしてくれたわけである。

実は僕が不動法と病気治しについて考えたのは、ちょうど19歳の時ことだった。山本さんという真言修験のほうの僧がおり、弘法大師空海作の聖天さんを奉祀しいるお寺の跡継ぎにあたる方だった。そこのお寺を僕は訪ねたわけだ。山本さんは素人の僕に、本尊の不動明王について詳しく教えてくれた。

不動明王の背後にある火炎は、カルラ炎と言い、ガルーダすなわちインドの不死鳥だと教えてくれた。先祖伝来の不動明王の前で誕生した僕にとって、常ならざる興味の対象となった。とにかく詳しく調べた。

判ったことは、不動明王のご眷属としてガルーダがいて、それは不動明王自身であり、行者自身であるということだった。ガルーダは不死鳥で毒に強く、解毒する能力があるという。故に病気治しの法の本尊に成り得るのだということだった。

ガルーダ(カルラ観)の法に通達するには、不動尊の三昧に入ることができなければならない。不動明王に入我我入(にゅうががにゅう)することができないと法が効かないのだ。中村和尚は、癌に不動金縛りをやってしまうという。

僕がチベットの密教を求めるようになったのは、このことも大きなキッカケであった。チベットには完全なガルーダの法が残存しているのだ。インド密教からの直伝が土台にあるのだ。それはそのものズバリ『癌病封じ』である。観想の中で、ガルーダを飛ばしガン細胞を『客食(かくしょく)』させるのである。修行方法の詳細は述べない。明法のアジャリに従うがよい。

だから日本の密教者が、不動法あるいは不動護摩に習熟し、そのようなことができるというのは、法の上での理屈は通るのだ。やはり護摩法を修することができるのは強い。神道のほうの護摩(忌火神事)でも、密教の護摩でもよいから是非とも火の元素の修行法は体得しておかなければならない。

そうそう、今日28日はお不動さんの縁日である。まったく不思議なことです。

霊動法を如何に修得するか?

チューのテキスト
(魔境・魔事を祓壌する悪魔祓いの秘法『チュー』のテキスト)

わが会での今後の1つ課題は、如何にして「霊動法」を指導練磨するか?
という問題がある。

その前提となる、いわば前法というか、そのようなものをやろうか?などと考えている。気が満ち、霊気が満ちると自動的に運動をはじめる。

僕は16歳当時、この霊動法を伝えている方のところへ行った。研修も受けたが、霊動は起きなかった。また、ある種の霊能開発法のテキストを手に入れて、その修法の中に精神集中法と霊動法が記されていて、興味をもったが本物の法に触れることはできなかった。さまざまあったが口寄せ以上のものではなかった。

「日本野鳥の会」の創始者であったか?中西悟堂氏は、ごく若い時に、滝に打たれていて自然に霊動が起きるようになったという。武州御岳山も愛していた方のようである。御岳神社の参道の階段に碑があったと思う。

人体放射能の体感・体得、霊動法の修得の2つが出来ないと、本物の鎮魂帰神法の体現は難しいと僕は考えている。僕の流儀では、鎮魂帰神法が神仏両方の幽真界に通ずる、土台となる法なのである。これができないと実際のところ「悟り」などいうものは屁理屈であり「絵に描いた餅」ということである。法力・霊力ということに関連しているのである。

伝授・練磨というときに、大いに信頼関係がその成果を左右する。強力な法であればあるほど、魔境・魔事がでてくる。魔事には幾つかの種類があり、これはいずれ解説する必要があろう。

魔事や霊的魔障にはチベットの法が一番である。その中でも、バン・ネンデンなどの種類はあるが「チュー」が一番である。これは「悪魔祓い」の法である。墓場などで真夜中に行うのですが、一度実際に修行しているところに同行するとよいかもしれない。

チベット密教のお守り 【ナムカについて】

 ナムカ
       (川島金山謹製のナムカ)

野中操法研究会および滝行気合修練会に参加されている方から、チベットのお守りについて聞かれた。そこで今回は、家の高い清浄な場所に安置するお守りと、個人の生まれ年月日時によって作成する【ナムカ】をご覧いただこう。

ではナムカについてご紹介したいと思う。ナムカは、インディアンの作成するお守りと酷似している。効果も似ているようだ。このナムカの作り方およびマントラなどの伝授を1995年チューギャル・ナムカイ・ノルブ師より受けた。ガナ・プジャなどでナムカの修行をさんざんしてきた。水・火(お香)・マントラによってナムカを加持し、運勢や健康その他の好転を祈願するのである。

縁起の真言が入っているマントラを唱える。このナムカのマントラというか経文の中には「・・・日常、身体、能力、運命、八卦、九星、これら要素の乱れを調和してください。長寿、功徳、能力、運命、繁栄、そしてあらゆる良いことが増大しますように!・・・」と記されている。

このナムカの教えの発生は、夢のテルトン(夢で埋蔵教を受け取る聖者)であるマハーシッダ、ナムカイノルブ師によって開示されたのである。或る時、プウェルというボン教の神が夢に現れ、師にさまざまな教えを与え、伝授したのである。それによって個人を構成する要素を調和させる方法を発見した。プウェルという神は、占星術を通じて未来を予測する力があることで知られる神であるという。

このナムカは実は、個人だけでなく会社や団体などのものも作成できる。要するに設立日時が分かっていればよいのである。五大元素といい、それは地・水・火・風・空であり、さらに五色で表現するのが密教だが、現実に個人の運命転換に、五色の紐を用いて写真のような飾りを作成し祈願するというのは、日本には見当たらない。元素・エネルギーを用いた修行や祈願は、チベット密教の独壇場だ。とても日本の密教は及ばない。

いまから6年前の2003年に僕はナムカの夢を見た。ナムカがエネルギーや運命に直接関わっているもので、インディアンの或る部族では、同じような動く形のナムカが存在するという内容だった。その夢を見てから法友のTさんに頼んでナムカ作成会を開催した。それが僕のナムカ修行の事始めである。そして後に手に入れたのだが、インディアンのナムカは本当に動く形のものであった。

いくつかの注意点はあるが、ここでは説かない。熱心な方の探求を望む次第である。諒とせられよ。

イタリア・メリガルでの伝授の模様
    (イタリア・メリガルでの伝授の模様)

神傳極秘録 【憑依霊の潜入せる秘解図】

 憑依霊潜入秘図
  【憑依霊の潜入せる秘解図】

ご覧戴こう。邪霊・悪霊の潜入部位というものがあり、それを神伝により図解した秘録がある。邪霊とは邪気でもある。或る土地などに地縛した存在もあるが、個人には身体の或る部位から邪気が潜入するのである。

邪霊の発現法には様々な法がある。霊学に於いては、帰神法によって見極める。邪霊ならば霊縛法で縛る。帰神転霊の達人であった故佐藤卿彦大人は縄を投げる仕草で霊縛を行ったという。

仏仙系の法の場合は、壌魔避災結印呪法というものを行う。これは不動七縛印法を含めた正伝の秘法である。であるから、滝行気合法に於いて不動七縛印を結んで練磨するのである。いずれ正しい結印法をお伝えしたいと思う。

以前、僕は憑依霊の潜入する部位は整体操法や野中操法の急処と一致すると述べた。野中操法の伝承者であった故吉田先生は、野中操法の急処である健康線は、体に於ける経絡の外部との接触部位なのだと言われている。僕も確かにそうだと思う。

人相の秘伝に「お人形」があるが、これもって観ると人体のどちらに偏りがあるか容易にわかる。野中操法に於いては左右をどう取るかこれが一番大切なことだ。また靴の底の減り具合を観ることも時に必要だ。左右のどちらが急処かわかったら整圧しながら確かめる。指が健康線の一点に到達すると独特の感覚がある。それを抜圧(ぬきあつ)するわけだが、ここに一つの問題がある。

邪気という要素である。操法の整圧を舐めてはいけない。今後は体固めの印法等々お伝えし、身を護りながら邪気を受けないように整体の施術をする。僕は生活法としての嗜みの整体法よりも、治療・療術としての整体法を志向する。その為に霊的なことにまで言及する。実践の場に於いては霊的障害というものがあるからである。

祝 野中操法研究会一周年 【七寶が家に満つる滝行法】

    祝 野中操法研究会一周年
チベット版 摩尼宝珠
    (チベット版 三弁摩尼宝珠)

第1回野中操法研究会を開催してから満1年を迎えた。感慨もひとしおである。はじめは5名の参加者だった。現在、参加者累計は150名になり、段位取得者は40名を越える。滝行気合の修練会や霊学講座も行うようになり、更に充実してきている。

いよいよ時期到来し、本日武州御岳山に於いて『七寶が家に満つる滝行法』を行った。宝生三昧に摂入したところの修行だ。宝部三昧ともいう。

宝生如来、虚空蔵菩薩、軍茶利明王、大黒天神がその系列の尊格だ。はじめは宝生如来の真言を唱え宝部三昧に入る。如来部の修行は寂静尊の修行なので穏やかだ。憤怒尊・明王の修行は激しく、運動性があるから、我々の活動に近く効験は著しい。しかし、コントロールが難しく半端な根性では修行出来ない。今朝、起床と同時に(註1)軍茶利明王の比較的長い真言が口から出てきたので、このご真言を中心に宝部滝行をしようかと考えたが、安全性のほうを取ることにした。次回滝行参加者は是非、宝生三昧耶の観想・真言を実践してほしいと思う。

今日の参加者は何回かの滝行を経験している。座学などにもよく参加し研鑽を積んでいる。だから入滝作法もスムーズになっている。僕自身がやってきた仕方をやり滝に打たれている姿を見ると嬉しくなる。これこそ法悦だ。厳しく苦しくとも心の底から喜びが出てきて、勇猛心に満たされる。

だが、まだ修練が足りない。腹部の導引、深息法の強化、これらをもっとしっかりやらないといけない。折角良いところまで来ているから更に精進してほしい。少しではあるが導引の法、気の質の変化などをお話した。特に気合の掛け方がポイントだ。また霊水を沢山浴びれる位置に立つこと等、今後の課題である。

皆さん滝の霊水が普通の水とは違うことを感じている。輸気の感応が変化したり、丹田の部位が熱くなるなど、特異な体験をしはじめている。

宝生三昧耶の他には、葉衣観音心真言による祈願を行じ、病患を払う祈祷を行った。松本道別翁によって編み出された『深息法』は、後に野口晴哉師によって整体法の体系の中に存続した。しかし、それは元々「神伝の秘法」なのである。人間が作ったものでは無いことを諸兄は記憶にとどめておくが良い。『人体放射能』の発動・体得の基礎は、深息法である。なるべく日の出の時の太陽光を吸うようにして行うのが良い。練り上げられた人体放射能(霊気)が帰神法を自在に行う上で必要なものであることを申し添えておく。

(註1)比較的長い軍茶利明王の真言
ノウボウ アラタンノウ タラヤヤ ノウマクシセンダ マカバザラ クロダヤ オーンコロコロチシュタチシュタ マンダマンダ カノウカノウ アミリテイ ウンハッタ ソワカ
この真言はグンダリ明王結界印明の一である。

霊夢:仏塔からの霊水 【チベットの大阿闍梨:奇跡のテンデル】

 カトク・リンポチェ テンデルの映像
    (奇跡のテンデルの映像)

皆さんは【テンデル】というのをご存知か?
聞いたことがないという方がほとんどだと思う。テンデルは以前に紹介したテルマに似ている。テルマとは埋蔵経であり、その埋蔵経の出現に似ているのである。テルマはカマというものを補う形で出現する。カマとは伝承の意味であり、根本の経典だ。カマに記されている教えや法が効かなくなってくる。このことは法脈上の修行者がサマヤ戒を犯すことで発生する。そのような時に、法脈・血脈を浄化し蘇らせる、それがテルマである。

チベットの密教はそのように伝わってきた。だから今でも教えが生き生きと存続しているのである。テルマを発掘する聖者をテルトンと言い、古い昔から予言されてきた。

テンデルは見るだけで解脱の因を生ずるものだ。仏の教えと因が生じる大変「縁起」の良いものだ。能力の有る人ならこの象徴から教えを受けることも出来るだろう。因果経に「内に因あれば、外にこれを助ける縁あり」と説いている。助縁という。大切なのは因である。密教では「依報浄らかざれば法験得難し」という。環境も含めた縁起が法の成就の成否をもたらすのである。

写真をご覧頂こう。これはカトク・リンポチェのお姿である。何の変哲もない写真のようだが少し違う。リンポチェの手前、向かって右側に『透明状のトルマ(霊物)』が出現している。これが一種のテンデルなのである。

実はこの写真を10日ほど前にずっと眺めていた。前から所持しているが急に気になりはじめたのだ。その日の翌朝、霊夢を見た。大きさは120cm〜130cmほどの銀色の金属で出来た仏舎利塔(カスケットという)を解体している内容だ。実際にカスケットは南方仏教では釈迦のご遺骨を入れる容器なのであり、丁度真ん中あたりに舎利を置くようになっているものもある。解体もできるのだ。僕は夢の中で、舎利を置くようになっている蓮華の部分を見ていた。すると中から霊水が出てきて頭にかかった。そんなストーリーだ。

その日以来、滝行における状態が変化した。また『七宝が家に満つる』という滝行の方法を実践する時が来たと感じた。このように人の因により教えは伝達される。密教というものはそういうものだ。

本をひっくり返してもネットで検索しても本当の秘伝は分からないのだ。法は人に拠るのである。生きている人によって、そして口伝や以心伝心によって法は脈々と生きているのである。

11月8日の滝行修練会では『七寶満つる滝行真言法』をお教えします。密教は悟りを得るということだけでなく、世間的な功徳もある。不況の中、このような手法を使って荒波を悠々と渡って頂きたいと念ずるものである。

秘仏:葉衣仏母 【インフルエンザ等に効験ある尊格】 葉衣鎮宅法

 葉衣観音・葉衣仏母
    (葉衣観音・葉衣仏母の図像)

新型インフルエンザも流行しそうなので、以前にお約束した本尊のことを記そうと思う。疫病などに効果のある仏は、葉衣観音である。

葉衣観音(ようえかんのん)または葉衣仏母(ぶつぼ)という。パラーシャ樹の葉をまとうシャバラ族の女性という意味を持つ仏である。シャバラ族というのは中央インド・デカン高原やその他の山間森林部に移住した種族のことである。恐れられていた部族であったことから、憤怒の尊として信仰されるようになったらしい。日本などでは被葉衣観音とも呼ばれ柔和相になった。三十三観音の一尊であり、住居から悪魔を祓い守護するという。また疫病などに効験を顕わし守護結界を張る。ベンガル地方からチベットで信仰されたという。
根本の種字・心真言は以下の通り。

(種字)ハラ
ハラ字

(ご真言)心真言
おん はらな しゃばり うんはった(日本版)
※胎蔵界曼荼羅観音院に座す

僕はこの尊の灌頂をカトク・リンポチェより受けた。
秘伝のマントラは『オン マナブカツ ○○○カワル サルワウタ ダルマダー パンマ ソワーハー』である。しかし、日本版の真言で充分である。

鎮宅法には不動明王の鎮宅法、文殊菩薩の鎮宅、葉衣仏母の鎮宅法がある。

その他、詳しいことは僕をつかまえて聞いてください。

映像:准胝尊御真言 【大清浄なる観音様】 滝行法

 

准胝(じゅんてい)のことを准胝観音あるいは准胝仏母(ぶつぼ)という。
准胝とは、梵語のじゅんてい・ちゃんでい・そんでい等の音写で、意味としては清浄という意味になる。であるから、日本語にするとき僕は「大清浄観音」ということにしている。

真言密教では准胝観音といい、有名なのは京都の醍醐寺に奉祀されているのが有名である。開基の大徳である理源大師聖宝(りげんだいししょうぼう)が、醍醐に奉り、准胝観音の功力によって、醍醐天皇・村上天皇を誕生させたことは夙に有名である。天台密教では、准胝仏母としている。どちらも正しく、働きの違いにより、そのように分類している。この仏の手の数は最大で18手、最小で6手である。

真言は、おん しゃれい しゅれい じゅんてい そわか
あるいは、おん しゃれい それい そんでい そわか

教えていただいた伝授の通りでよい。

チベットの密教の大学匠;アバヤカラグプタは、ヨーガタントラの五十尊の成就法(密教の修行テキスト)を残したが、その中の准胝観音は、6手のホトケである。やはり功能は、悪業(カルマ)を清浄にするというものである。

実は、このホトケの変化身は、烏枢沙摩(うすさま)明王であり、寺院などでトイレの入り口に奉られているものだ。転じて、お年寄りの下に功徳があるということで、下封じなどとも言われる。本体は不動明王だともいう。もとの御身は准胝観音であり、共に清浄を与えるのである。とこの辺までは大抵の密教家が言及するところだ。

しかし、僕は奥義を平気で口にする。烏枢沙摩明王の修行法の説かれた儀軌があるのだが、それこそが人間の世界でまとめられたものではない代物なのだ。僕はこれを求めておよそ20年は捜し求めたものだ。ここに悪業清浄の秘伝があるのである。

烏枢沙摩明王は准胝と共にチベットでも中国でも日本でも功徳の高い特殊な観音様、明王である。

大秘伝の真言は「大円満神通陀羅尼」というとても効果の高い御真言である。正確な印と真言を知る者は、ほとんどいない。この法に付嘱している秘密の護符の用法を知る者は、更にいない。

醍醐寺の准胝観音念誦法次第
(准胝観音念誦次第)

10月4日滝行気合の会 【護法眷属が感応道交す】 

 10月4日御岳山にて滝行気合の鍛錬を行った。
それに先立ち特別な伝授もしました。今後、同志でもある修行者は、今回伝授したものを大いに活用するようになるであろう。この伝授内容は、次回10月11日座学「霊学講座」にてもお伝えする。

正直なところ斯道でこれを伝えられるのは僥倖であり、受ける方は心してしっかりと修行して頂きたい。真伝の天津祝詞祓清太祝詞秘辞(あまつのりとのはらへきよめのふとのりとごと)と云えば、どれだけ重要なものかお分かりになるであろう。

滝行修行の前に護法天狗である桜坊のお社前にて御法楽を捧げた。僕の体調も影響したのだが、霊的に敏感な参加者がおられたこともあり、お滝の中央やや左側に金色の光が生じた。約5秒ほどであった。今回は非常に浄化力が強く、夜になると自分の身体から約1m程、輪を描くようにオーラが放射しているのが分った。これを機にオーラを強化する方法も実践したいと考えております。

数回参加者は一連の流れができるようになってきており、滝行の醍醐味が徐々に味わえてもらえていることは主催者として喜んでおります。これからが楽しみです。

滝行気合の際の秘訣もお伝えし、それなりに得たことがあったと思われます。滝行気合は10月25日も行いますが、11月3日は既に締め切りになっています。

先に述べた「金色の光」ですが、これは御眷属の感応道交(かんのうどうきょう)によるものだと判断しています。ご参加者が帰神法に入ったときに指導者として御眷属にお願いすると、水の量が増すのです。このような現象を感応道交といいます。元々この用語は中国天台の天台智者大師が、その著書「摩訶止観」で述べたのを嚆矢とします。ちなみに天台大師智據覆舛)には「天台小止観」という著作もあり、日本に於けるすべての仏教宗旨宗派の瞑想指南の書の源泉なのです。禅の指南書ですら影響を受けていないものはないと云われています。

またこの秋から冬にかけて、新型インフルエンザの流行が予期されますので、インフルエンザも含めた伝染病など全般の災厄を祓う本尊の真言もありますので、これも取り入れて滝行をやりたいと思っております。


(映像:滝行気合+般若心経 川島金山)

映像:滝行祓いの秘伝九字法 【9月の各講座のご報告】 不動金縛之秘印

【9月13日滝行座学、野中操法第二部】
参加者は10名程。霊祟秘伝の1部や滝行作法、密教の原理(金剛サッタ観を詳しく講義)や印法の秘伝を講習しました。第二部では、野中操法の整圧の仕方をもう一歩突っ込んで実習しました。腹部操法も行いました。

【9月22日、23日滝行気合法】
この両日間、武州御岳山の七代の滝にて、お滝を頂きました。
7名のご参加で、滝行先達の僕を加えて合計8名で行った。
護法の指示なのか、不動真言がよく感応した修行の会であった。今後は不動真言念誦と帰神法、気合法が中心になってゆくと感得した。


(映像:滝行祓いの秘伝九字法 川島金山)


(映像:滝行気合+不動金縛之秘印 川島金山)

【9月28日野中操法第一部】
参加者は11名。皆さん熱心に学ばれていた。特に女子部(?)の勢いを感じる講習会でした。腹を丁寧に診る触るということを除いて、野中操法も腹部操法もないことを講習す。

以上、4日間の各講習会でしたが、滞りなく終えることができました。参加者各位に御礼申し上げます。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM