スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

改定版;新しき段階へ!【聖俗のバランスをとる】

いま現在、わたしは巡礼を行っています。

いままでの人生では、聖俗のバランスを欠いて生きてきたように思います。

いつもどちらかに偏っていた。これは偽らざる事実だと思います。

しかし、これからは違います。

昨年から今年の6月頃までは、密教者の専門家として生きてゆくことを目標にしていました。人生のあらたなる段階をそう企図していたのです。

ですが、弟子・門人のあり方や現代人の状況を見て、わたしが専門家になり身を粉にする必要はないと感じました。

専門的にやるだけの気根も心構えもないことを痛切に感じ、現代ではそれも止むを得ないことだ、そう感じました。

だから、わたしが出家してまで身を投ずる必要はない、世のため人のためになる生き方が別にあると思いました。

もちろん修行は続けてゆくし、密教も神事(かみごと)も展開してゆきます。

自由に、自分の気持ちの赴くままに、気の合う人とやってゆく、そう考えております。

いま、わたしは東京から遥か離れた地にて巡礼し、神仏のご用を果たしています。

密かに神仏のご用をし、ひしひしと神仏のお力を感じています。そして自分の魂を磨いているのです。

数日後、東京へ帰ると今度は仕事に全力を上げます。

大切なことは聖俗のバランスであるとつくづく思います。

「禊ぎ」とは「身を削ぐ(ダイエット)」ことであり、「身の回りの環境を整理(捨てる)」ことでもあります。今回の巡礼は、そのことが正しいことを教えてくれました。

これらのことは、吾が遠祖である「熊野の神々」が教えてくださいました。

俗で成功することは、聖なる行為を順調にする。聖なる行いを務めることは、俗事にも影響を及ぼし、順調にする。

聖俗のバランスをとって、豊かな人生を送る為には、それに相応した生き方がある。神事に従事するには、それ相応の生き方、生活パターンがあるということです。

貧乏で不幸な人生には、そういうパターンがあるのです。

いま、わたしはこの年齢になって初めて自分の為に生きようと本気で思っています。

これからは他人や世のためということを、自分の人生の局面の言い訳にはしないようにしよう、そう思っています。

だから、わたしは心も豊かになるし、大金持ちにもなるし、本当の意味で神仏のご用を果たしてゆく人間になると宣言しているのである。来週には帰京します。


川島金山


運命転換の秘法【運勢をダイエットする】

あなたは運とか運命を信じますか?

実は、運命転換の秘法に「食を制する」ということがあるんです。

そう言いますと『ああ、それは水野南北の説ですね』という方がいると思います。ですが、ここで説くことは少し違います。

確かに水野南北翁は食による運命転換を説きましたが、実はそれだけでは完全にはゆかないのです。

自分の住む家や仕事場のダイエットということがなければ、運勢は変わらず、運命転換は成し遂げることができません。

モノ・物には、いわゆる浮遊霊や浮浪霊が憑くのです。これには重みがあり、その持ち主の運勢を悪くし運命を悪い方向へ誘います。

ですから運命転換には、人事百般、全ての面でのダイエットが必要なのです。

川島金山


よく効くマジナヒ【貧乏に喘がない術】

よく効くマジナヒ【貧乏に喘がない術】 

8月の辰の日に、100円ないし200円を、乞食に施すと、貧乏に喘がない徳が積めると言われています。

8月の辰の日は、2度ありまして、明日の23日(木)がその日にあたります。

大切なことは、慈悲の心で行うことです。そうしますと、何か不思議な徳が身に付くのは、どうも事実のようです。

さてさて、貧乏にならないようにということも大切ですが、もう一歩前に進んで、仕事を成功させて、多くの人に喜ばれ、充実した人生を歩もう、そういう考え方はどうでしょうか?

わたしは、いま考えるのです。

俗世で生きる以上は、お金持ちになろうじゃないかと!

沢山稼いで、沢山納税して、人に喜んでもらうことをする。仕事を通じて霊力・念力を発揮する。

ここにこそ、密教霊術の進むべき道があるんじゃないかと!

わたしは、1ケ月強で、6キロの減量に楽々成功し、霊術者にして大金持ちの道を歩みはじめております。

さあ、みんなで楽しくお金持ちになりましょう!人に喜んでもらえる人になろうじゃありませんか!

川島金ノ山(かわしまかねのやま)しるす!

現代の光となるか!?【密教霊術講座の開講】

    ま  じ  な  ひ  の  虎  ノ  巻

【密教霊術講座の開講】

8月19日(日)新企画の講座である、【密教霊術講座】が開始されることになる。

今までは霊学の講座や、護摩法伝授、秘伝合宿、産土神冥徳講話(スカイプ)など行ってきたが、本講座は、全然次元が違うものである。

実際に使うということを前提として教えるのである。

密教霊術の威力を世に示すべく、伝授をしてゆこう、そういう念願と意図が込められているのである。

当会のあり方として、世間の仕事を立派に成している人が、学び体得していただきたいというのが、一番の理念である。

世に影響力を持つ人が、今の自分よりもさらに『呪力』『法力』を掴んで、善き影響力を増してほしいというのが、主宰者の念願である。

法というものの、実際上のこと。実践法。そしてわたしとの霊的巡礼。このところにこそ、真髄があるのです。

時は満ち、遂にこのような形になってまいりました。

請うご期待!


旅の意義とは?【旅はご供養 世は情け】

【旅はご供養 世は情け】

旅の時に持参する法具の一部

『旅は道連れ 世は情け』と俗に言う。

だが、わたくしは『旅はご供養 世は情け』と言いたい。

日常的に休日などの時に出かける。遠くにゆくこともあるし、近場の場合もある。

霊学・霊術reizyutuを志し、奉ずる者としては、必ずその土地の産土神社(うぶすなのかみのやしろ)には必ずゆきたいところだ。また、その処に所縁(ゆかり)のある寺社にも参じたい。

できれば土地に関連のある諸精霊・無縁仏などもご供養するのが善いのである。

旅の意味というのは、こういうところにあると思う。

先般、Y山公園という自然に恵まれた所に行った。急遽そうなったのだが、すぐにその公園内に「明王谷」という、水の湧き出るところが想起された。

そこで同場所に着くと、水を浄化する秘呪やマントラを唱え、香を焚き(ドゥクサとサンのお香)、ご供養し、場を浄化した。

金剛の歌などをやり、統一すると、俄かに雲が出てきて、気持ちのよい少しばかりの雨が降った。本当に優しい雨で、はじめは雲の真ん中に梵字の「フーム字」 に似た形が見えた。

雨降らしの主は、竜神様のようであり、すぐに龍神の秘呪と諸龍真言(ナーガのマントラ)を繰り返しお唱えした。

このことは深い意味を持っていると思う。わたしたちは5年以上前に、この公園の丘の上で自分たちの将来を語ったのだから。

この雨は祝福の雨であり、甘露の法雨だ。

行くべき方向性を示唆している。神霊たちは「旅にはご供養と意味があるのだよ」と教えてくれた。

霊学を修道する者としてのわたしは、旅の意義というものをそう理解している。

時代を拓く!【霊術サミット・reizyutuミーティングを開催します】

【時代を拓く!霊術サミット・reizyutuミーティング開催】


(写真;指圧の祖 玉井天碧翁は「指圧療法」として霊術を実践した)

霊術サミット・reizyutuミーティング。この企画が発想されるのは、時代的な希求・必然だと思われます。

時代はまさしく魚座(ピッセス)から宝瓶宮(水瓶座・アクエリアス)に入りつつあります。

今はちょうど転換の時期であり、すでにピッセスは終了しました。今年から向こう3年間くらいが、線上に位置するわけであり、それが過ぎると完全にアクエリアスということになります。

魚座の象意は、対立です。権力者と支配される者、戦争と平和。こういう対立の矛盾の上に、世界宗教も出現しました。

今後は、内面と外面の統合、自然と人間の共生などのことが実現してゆく時代に突入するでしょう。

また、このことも前に述べましたが、密教などの秘密の教えには、五大元素という概念があります。

すなわち「空・風・火・水・地」です。

かつて「地」の時代がありました・土地に根付き、農耕社会を形成する。また、「水」の時代がありました。これは、海運の時代、蒸気機関の発明が象徴的なことだと言えます。

そして「火」の時代。ダイナマイトや爆弾の「火器」が現れ、更には原爆まで開発しました。原子力時代の到来です。ここで人類は、種としての絶滅を危惧することになります。

次が、「風」に時代。空を飛び、膨大な情報が行き交う。たった20年前までは考えられないことが、情報流通の世界で起きています。情報は「風」で表現されます。

最終は、「空(くう)」です。

「空」とは、般若です。すなわち「智慧」のことであります。この智慧には「慈悲」の側面もあります。慈悲とは、博愛であり、慈愛であり、哀れみです。

地球規模にまで行き交う情報の洪水、世界中を行き交う人々、自分たちで統御できないエネルギー、海の汚染、大地を不浄にし汚染してゆくこと、すべて人類がやってきたことであり、五大のうちの「過去四大」で為した業です。

最終の「空=真の知性(般若)」はどういう役目を果たすのでしょう。

それは、人間の内側と外側を統合することです。自分の内側に外部の世界があることを悟るのです。

奇しくもアクエリアスの時代は、そういう方向性を持つ時代になるであろうということです。

以前に『整体ルネッサンス』と申しましたが、それを訂正します。そんな枠の狭いものでは時代は拓かないということです。

真のreizyutu霊学の世界からすれば、「整体」などまだまだ枠が狭いのです。

その意味で『霊術サミット・reizyutuミーティング』を企画し、日本所産、日本発信の霊術reizyutuを日本はもとより多くの世界の人々に発信してゆきたいと思います。

その第1回目の企画です。規模は小さくても肝心なのは内容です。

要するに、発信する情報の内容が問題なのです。発信する側と受け取る側の統合・共有ということが大切なのです。

どんな内容かって?

それを自分の内側から掴むのが、まさにアクエリアスの「智慧の時代」の生き方だといえるでしょう。

わたしたちはアクエリアスの申し子なんだということです。
 

今後の予定 【霊術講座(8月19日)・旧七夕祭り(8月24日】

今後の予定 【霊術講座(8月19日)・旧七夕祭り(8月24日】



今後の予定です。先ずは、8月の予定のみお知らせします。

近日中に、12月までの予定をお知らせします。

8月19日には、『密教霊術講座』修道について・その他を行います。詳細は個別にご連絡がゆきます。

24日は、夜に『旧七夕のお祭り』を行います。いまから再度行う方は、願望を整理しておいたらよいでしょう!

24日(金)に来れない方もいるでしょうから、19日(日)に願望祈念をされてもよろしいです。

では、みなさまのご参加をお待ちしています。

暑い日が続いていますので、くれぐれも体調に留意され、元気に過ごされますように。


川島金山
 

修霊断食の法へ【ダイエット食・金山流 こんにゃくラーメン】



名付けて『金山流 こんにゃくラーメン(醤油味)』 です。

麺や具はいただきますが、残りのスープは飲んではいけないルールです。

麺はこんにゃくであり、もやし・ねぎなどが入っています。味付けタマゴに焼き豚がのっています。

正確には分かりませんが、230円前後でつくることができます。

一番のポイントは、こんにゃくラーメンです。これは100円ローソンで最近販売しているものです。なかなかの優れものです。

密教や霊術を本格的に修行するときには、無理なく体重を減らし、体の内部を浄化しないといけません。筋力を向上させる必要があります。

また食事の質や、食べる量などのコントロールが必要です。やがて『修霊断食』をやる必要があるのです。

その為の一つとして、手始めにダイエットということがあります。次にはコントロールしてゆくことになり、最終的に霊的な修道法としての断食を行います。

楽しくダイエットする。ここがポイントです。我慢はいけません。

単に食事を減らせば体重は減りますが、我慢的な要素がありますと、その思いが臓器に残ったり、筋肉を傷めるのです。

現在、わたくしはダイエット中ですが、この3週間で5キロ減りました。全然無理しなくてです。

しばらくしましたら、呼吸法や運動法等々もやってゆき、食のコントロールをマスターします。

最終は修霊断食であり、『食気の術(気を食べる方法)』を会得する段階に入ります。

すでに体ができていますので、相当に早い進み方をすることでしょう!

幻の食文化研究会【この逸品;冷やし中華の巻】





幻の食文化研究の集会を日曜日に(8/5)に行いました。

前回は「サンマー麺」でしたが、今回は「冷やし中華」です!

「冷やし中華」は、季節ものですからね。いまが旬です!

今回の店は、街の中華料理屋さんですが、この店の大将の腕は確かです。細かい仕事が素人にも分かるのです。

参加者で食べた「冷やし中華」も、シンプルなのですが、味の品がよいのです。そう、ホテルの中華の味です。仕事の細かさは、まさしくホテルのそれであり、おそらく大将(店主)は、ホテルでの修業経験を持つ人だと推察します。

スープがさっぱりしていて、全部飲み干せるのです。酸味がさわやかなのですよ。

食事の後、2軒喫茶店をハシゴしました。

1軒は、地下の穴倉のようなお店で、ケーキなどが美味しいのです。女子連は、美味そうに摘んでいました。甘いものは、やっぱり女性が食べると似合いますね。

帰り道、地元でのお祭りに遭遇しました。すごいもので、産土神社(うぶすなのかみのやしろ)の上空の気が神々しく白く輝いていました。

お陰で、翌朝に霊夢を見まして、「愛を深める方法」を得ることができました。この印などの方法は、何処にもなく、わたしの完全なオリジナルです。

いまやっているオリンピックのことや、その他述べたいことはあるんですが、夏の休み期間なので控えています。みなさんもリラックスしてお過ごしください!

 

観想の法【魔除けの猫眼を贈ります!】

 

修道の方法の一つに『観想法』というものがあります。

イマジネーション、メディテーションというものと同じでしょうね。

真言密教や天台の密教では、この観想法と真言の功徳に秘訣があるわけです。

そもそも『観想法』というのは、道教の修行方法なのです。

玄奘三蔵やクマラジーヴァ(鳩摩羅什などの翻訳家が道教用語を用いて、仏教経典を翻訳したわけであり、その意味に於いて、漢訳経典を使用している日本仏教は、はじめから道教的な要素が入ってしまっているのです。

道教では、観想法のことを霊感法などということもあります。しかし、法の奥義であることは間違いないのです。

その観想法を応用して、自分を猫だと思ってみました。これはお遊びです!

折角なので写メしてみましたら、本当に『猫眼』と化していました。

ある人が「これは化け猫だぁー」と言っていました。

眼のアクセサリーやネックレスなどは昔から『魔除け』になるんだと言われてきました。

殊に猫そのものが『魔除け』になるというのです。

大霊能者といわれる出口王仁三郎師は生前、「猫は魔王なので、その魔王が家に居ると、他の魔が入ることができない。だから魔除けになる」ということを言っていたそうです。

アナタに『魔除け猫眼』を贈ります!


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM