スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

自らの霊統を知る(1)【産土の大神からの啓示!】


熊野大産土神に導かれて!


熊野新宮の神倉神社(コトビキ岩・御神体)

先月、わたしが巡礼にゆきましたことは、記事にしました。

わたしの産土神は、熊野大神であり、熊野に巡礼したわけです。(※熊野以外に三ヶ所巡礼す)

吾が産土神の社をみますと、そのご神名は明らかです。少し祭祀のされ方が違うので、大元がどこなのか明確に分かるわけです。

鎌倉時代のはじめ、吾が遠祖は、熊野新宮の地より、源頼朝の直参武将・土屋三郎(相模)の勧請に応じて、御神体と共に移住しました。

その祖先の「望郷の念」を、コトビキ岩(神倉神社)にて、はっきりと感得しました!

これには詳しい経緯、おもしろいお話があるのです・・・。

また、その奥義たる教えも、わたしの血を通じてもたらされました。こういう事もあるのですね。

いま本当に驚いています。

真の巡礼をしますと、必ず応験があります。一回で得られるとは限りませんし、何度にも分けて教えられるかもしれません。

それは千差満別ですね。

こうなってきますと、非常に強い霊力と導く力が出てくるわけです。

皆さんの上にも、こういう導きがあることを祈って止みません。

-----------------------------------------------------
(お知らせ)

来月、密教霊術の伝授会(合宿)がありますが、今後は「護身の法」「滝行法」「金剛の気合法」など、仲間内にしか教えません。

公開での募集は無しとします。わたしとコンタクトを取りたい方は、必ず操法施術の予約をして、面談の旨を事前に述べてから、ご来院いただきたいと思います。

いままで通りの付き合いの方は、随時、行事の予定をメールします。

映画紹介【暗示の脅威;『ガス燈』】

映画紹介【暗示の脅威;『ガス燈』】

夜になると不思議と暗くなる部屋のガス灯…それに気づくのは私だけ…。精神的に追詰められる心理サスペンスの傑作!



(解説)19世紀末ロンドンのソントン街9番地で有名な女性歌手である叔母の殺人事件が起り未解決のままで時が過ぎて行く。叔母の事件現場を目撃し、そして遺産を相続した娘ポーラはその後グレゴリー・セルジウスと出会い結ばれ新婚生活を送る為にソントン街9番地に引越してくる。幸せな生活を送る二人だっが、やがてポーラの身の回りでおかしな出来事が頻発し出す。夜になると不思議と暗くなる部屋のガス灯も、それに気づくのは自分だけ…徐々に心の均衡を失っていくポーラ…。
幸せの絶頂にありながら、徐々に忍び寄ってくる不安と、それを裏付けるような証拠。バーグマンの最初の幸せそうな屈託のない笑顔が徐々にこわばり始め、精神的に追詰められ発狂寸前までの迫真の演技が素晴らしい心理サスペンス。
この作品でイングリッド・バーグマンはアカデミー主演女優賞受賞する。
--------------------------------------------------------------
『はじめに言葉ありき』

よくこういうことをいいますね。

『ガス燈』という映画、暗示というものをよく表しています。

日常の思考は言葉を伴います。言葉は暗示を与え、思考を根底から左右する。

ですから日常的に吐き出す言葉は、その人の生き様を表現しているのだし、同時に人生すら左右しかねません。

運命を改善する術に、発生を正しくするというものがあります。

『一言運命学』といい、声の出し方の大小などで、運勢や運がわかるというのです。

声の大きさ、発声の仕方、声色・話す間合いなど、非常に大切です。

しかし、声のもとは、自分の意志ですから、ここが一番の大元です。

大元は、あなたの『こころ』、『こころ』なのですよ!
 


功徳分けます!【日本で一番出世したサラリーマンのお言葉】

功徳分けます

【日本で一番出世したサラリーマンのお言葉】
 


(プレジデント 2012・9・17号)

日本のサラリーマンの世界で一番出世したといわれる人に、宮内義彦さんがいる。

この方をわたしは何度か治療施術し、さらに奥様やご家族ご一同は皆わたしの施術を受けていた。

特に奥様には、大変お世話になった。よく女性の持つ星に『金星』があるというけれども、この奥様こそ、そういう人物だと思う。とにかく旦那が大出世するのです。

雑誌『プレジデント』において、オリックス会長・CEOの宮内義彦さんが、インタビューを受けている記事が出ていた。懐かしい思いもあり、同時にさすがに端倪すべからざるものを持たれていると感銘を受けた。そこで一部を抜粋して記してみることにする。
---------------------------------------------------------------------
◎世の中は過去へ絶対戻りませんから、「過去はこうだったから、それに照らし、こうしたらいい」というのでは、全くダメなのです。過去に照らしつつ、全く違う状況への先見性を発揮することができないと、経営者として何も創造できません。先見性から創造へとつなげるには「時代変化とともに動きながら考える」ということが不可欠です。経営者は、立ち止まったら、置いてきぼりを食います。

◎遠くにある面白そうなことに、思い切って飛びつくいうようなことは、わたしにはできません。かつて、照明器具などを手がけるメーカーを、家具リースにつながるかと考え、買収したことがあります。でも、考え方も行動様式も全く違い、うまくいきませんでした。そうした経験から、「もう、絶対に隣の分野にしか出ない」と決めました。得意な分野を深堀りしていくと、自然に隣の分野のビジネスチャンスやリスクの程度がみえてきます

◎やはり、スピードでしょう。一般に、日本企業にはスピードがなさすぎます。溜めも大事ですが、溜めを強調すると、いいことでも言うだけで、実行しなくなってしまう危険があります。

◎企業文化としては、情報を共有化する職場にすることが大事です。それと、部下たちをその気にさせる上司の説得力も、必要でしょう。
---------------------------------------------------------------------
わたしが特に参考になったのは、『得意な分野を深堀りしていくと、自然に隣の分野のビジネスチャンスやリスクの程度がみえてきます』という発言だ。

たしかにこういう思考で考えてみると、自分の方向性や可能性、広がりというものが見えてくる。諸兄も参考にされたらよいと思う。

川島金山 識

弁天様の己巳縁日【弁財天エナジーをチャージする】

己巳日(つちのとみ)

弁財天エナジーをチャージする!
 


天河秘マンダラの一部

本日は、己巳(つちのとみ)の日であり、60日に一度の弁財天のご縁日である。昔から「みになるかね」というのです!

弁財天には、五大弁財天などあり(竹生島、厳島など)、それぞれの功徳を有している。

わたしもその縁起にしたがって、弁財天参拝をする。

これを名付けて、『弁財天三社参り』!

弁財天の秘石を懐中に携えて、そのエナジーをチャージするのである。

8月末には、太陽のフレアー現象があったと聞いた。

実はわたしは、9月1日〜2日にかけて、何かが変化・変動したことを感じている。このことに関係しているのかもしれない。

皆さんも身辺にて、何らかの変化を感じているのではないかと思うのだが・・・!?

というわけで、仕事の合間でわたしは『弁財天エナジー三社参り』をする。

無辺のすべてのエネルギーを福徳に変換しようというわけです。

そんなことが出来るのかって?できるんですよ、それが!

こういうことができるところに、密教霊術の修道者の価値があるわけです。

ありがたや蛇ノ巻【密教霊術講座の開催】

あ り が た や 蛇 ノ 巻

【密教霊術講座の開催】

9月2日(日)に『密教霊術講座』が行われる。

霊術reizyutuミーティング(サミット)も行う予定です。

人が「ひいぬる」時に、引導する神術の根本秘唱の伝授。

「ひいぬる」とは、霊=ひ=火(熱・陽)が、去ることをいう。つまり「ひいぬる」→「しいぬる」→「しぬ」ということになる。

仏教では49日満中有というが、神のほうでは50日間が定められている。

他には、拝禮法の秘訣(コツ)をお伝えしたいと思っています。

また、食文化研究のお題は「チーズ」です。参加者は適当に「チーズ」を持参してください。(※少量でいいですよ!)

「ガナ・プジャ」や「緑ターラ法」なんかもできたらいいなぁ〜、とも考えています!

ここからが本当に価値のある「法の伝授」なのに、ご縁を自ら断ってゆく「徳無き者等」が案外いることを残念に思っています。

でも、こればかりは仕方がない。前をみてゆくだけです。

わたしは自分が育てた人が無礼であっても、それを自分の失敗だとは思いません。神がその人はダメなんだよと、早めに教えてくれたんだと思っております。そして、先にゆくと真の弟子が出てくるんだよと、教えてくれているんだとも思っております。

「仁義(義理と人情)を切れない」人間は何をやっても成功しませんね(笑)

川島金山

七福神の秘密の教え【弁財天の霊石と拝禮法】

【弁財天の秘密拝禮法とは?】



あなたは「七福神」というものはご存知だろう。

福徳を授けてくれる神々だ。

その中で紅一点の女神がいる。そう、弁財天です!

弁天様という愛称で親しまれていますが、弁才天ということもあるし、弁財天ということもある。

才というのはタレント。芸能や芸術、話術の福徳を授けてくれるということ。

財となると、文字通り「財運」を与えてくれるのです。

元はインドの神であり、サラスワティー、つまりガンジス河の神様なのです。

日本では「宇賀神」といいまして、「ウガ」とは「蛇」のことです。 だから弁天さんの御尊像をよく見ますと、蛇が居られます。「巳なる金(みなるかね)」といいまして、財運がよく身につくというのです。

したがってお供物は「生卵」というわけです。

日本の神々では「宗像三神」ということになっています。

来年は、巳年であり、巳さんの年回りです。これも不思議な巡り合わせですね。(※ちなみに今年は竜神様に三度遇いました!)

巷間では、「弁財天の石」というものがあるんです。それは紫水晶(アメジスト)です。アメジストでも、非常に特殊な「ルチル(針入り)」のものです。普通、紫の水晶にはルチルは生じません。成分上そうなるのです。

「三毛猫」のオスが珍しいように、時おりそういう石があるのです。それはもはや「霊石」であり、愛好家の間では「弁財天の石」といって尊ばれます。

今度の講座(2012年9月2日)では、弁財天の印と真言などについてお話しましょう。神も仏も拝禮する秘訣(コツ)があるので、お伝えしましょう!

ここまで来ました!【霊術最高秘伝の伝授合宿】

開催!霊術最高秘伝の伝授合宿

ようやく「霊術最高秘伝」を伝授する時がきました!

これからは、この法を密用施行して、霊術の真の威力・威光を世の中のために使うのです。

だからといって苦行をやってゆこうという気はありません。

修行は楽しくやってゆくものだから。そう、「遊行(ゆぎょう)」ですよ!

心に慈悲を持ち、楽しく明るく人助けをしてゆく。

あるいは「食」を通じて、「治療施術」を通じて、人を癒し助けてゆく。

「祈って(祈祷して)」あげる方法もあります。

霊的原因を特定することのできる秘法は、本法が霊術上、最も白眉・秀逸なるものです。

このことは少し霊学を齧れば分かることなのです。

詳細は、各自にお知らせしてありますが、世の中への宣言として、こういう企画があるのだということは明らかにしようと思い、ブログの記事としました。

以下が、各位に出したところのお知らせです。

---------------------------------------------------
各位

お知らせ

件名;霊術最高秘伝の伝授合宿のご案内

こんにちは川島金山です。
このところのブログの記事にて、大きな変化がわたしと会運営にあることはご承知のことと存じます。
霊術最高の秘伝;『秘伝;心霊療法』を皆さんに伝授する機会が訪れました。わたしはここを目指して、この3年以上やってきたと言っても過言ではないでしょう。
この法は、霊術ではありますが、霊学・神法・密教の法などすべての要素が入っており、正しく行うためには、相応の修道法を行う必要があります。そしてその方法がそのまま、「成仙」の方法につながっているものです。
たしかに神界直入の秘呪などもありますが、その前に巡礼法と体内を鍛え護る法を学んでゆく必要がある。
すでに言葉は必要なく、ご縁ある者が行えばよい、そう考えております。

このお知らせは、わたしが出てほしいと思う人にだけ伝達しておりますので、参加不参加はすべて任意です。
詳細は後日あらためてお送りしますが、開催日のみ先にお知らせ致します。

場所;未定

開催日;〇月〇日(土)〜〇日(日)

以上

川島金山
---------------------------------------------------
 


おはらい横丁騒動【家出猫 捜索中!】

家出猫 捜索中!

あの白鷹猫がいなくなってしまいました!



(写真は昨年の秋に撮影!)

◎住所;伊勢市おはらい横丁 白鷹酒店

◎白鷹酒店のお母さんからのメッセージ
「早く帰っておいで!婿に行ってもいいから・・」

◎居なくなった原因;彼女を追いかけての蒸発

ほんとうの話【古いモノには浮遊霊が憑いている!】

【古いモノには浮遊霊が憑いている!】 

これは、ほんとうのお話なのですよ。

古いモノや本やなんかには、浮遊霊が附着していることがある。

本には独特の思念が籠もっていて、さらに以前の持ち主の念が入っていることがある。

わたしなども沢山の本を所有しているが、これは凄いものです。

神仏へお経や祝詞をあげるんですが、これらの浮遊霊が喜んでいるのです。余程、居心地が良いのでしょう。

ですが、最近その辺に気づいたもので、どんどん整理していると、なんだかザワザワするのです。だから、そのモノたちに観念してもらうようにご供養しまして、鎮めてしまいました。

なかなかモノが捨てられない、なかなか本が整理できないなんていうのは、浮遊霊や貧乏神の仕業なのです。

浮遊霊ひいては貧乏の神に取り憑かれると、「いつかは使うだろう」とか言って処分できない。

しかし、その「いつか」と言うヤツは永遠に来ないのですよ。

あるいは「勿体無い」とか言い訳するのも、貧乏性であって貧乏神に通じます。

福の神は簡素がお好みなんです。

すべての神は一つに通じている。すなわち『天御中主太神(あめのみなかのぬしのおほかみ)』です。

宇宙の根源の太霊にして、すべての神、人間の元です。

真ん中を貫くのは、すべてこの太霊なのです。

だから、この神のお力が「スッと」通るようにしなければならない。

「御中(みなか)」って言うんだから、真ん中を貫いているのです。

真ん中が通じていれば、すべて通じるんです。そして本当の神は、正統的な努力を求めるのです。それなくして真の成果は望めないのです。

すべてスリムになれば、自然と通じる(亨る=とおる)のです。

さあ、浮遊霊を浄化してしまいましょう。清め祓へを実践しましょう!


川島金山

極秘の教え【聖俗に力を得る巡礼の仕方】

極秘の教え【聖俗に力を得る巡礼の仕方】

霊魂と書いて「みたま」と読む。そして、この「みたま」は産土神(ウブスナノカミ)によって人(霊止=ヒト)に下付される。

以上のことは、わたしの門下の方々はご存じだと思う。今までさんざん聞かされてきたことでしょう。

今日は少し違うことを述べようと思います。

先ほど述べたように一霊(霊魂)は産土神によって下付されます。

更に肉体や心の一部や遺伝は両親によって下託される。

この二つを「魂霊」と「魄霊」と言います。

ゆえに人は、「神の霊性」と「両親からの素質」を頂いて生まれてくるのです。

だから日本所伝の霊学の教えでは、人の誕生に直接的に関与する産土神が一番重要なのです。

だが、ここで大切なこと(秘訣・コツ)が二つあるのです。

この二つのことを理解せずして霊魂を磨き「たましいの遡及」を成し遂げることは不可能なのです。

それは、そのまま『聖俗に通じる力を得る巡礼の仕方』という極秘の教えにつながってゆきます。

このことは、皆さんは知りたいでしょうね。お気持ちは分かりますが、ここで述べることはできないのです。

これをやっている行者もいますし、商売人もいます。きちんと出来ている人は、皆さん成功しています。

修行者ならば、法力・霊力を得ていますし、商人ならば大成功して金持ちになり信用を得ています。これは本当のことなんです。

だから、わたしもそのことを立証しようとしているし、「霊術reizyutu」もそのような方向性で世の中に出そうと思っているのです。

前、三年間の修行でついにわたしはこれを手に入れることができたのです。神仏に導かれたから分かったと言ってよいでしょう。

これはかつて、天皇や貴族たちが行ってきたことにも通じる秘法であり、本当に極秘の教えなのです。


川島金山





calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM