スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

最高霊術説明会&講座【開催目前!第3回 秘伝合宿】

最高霊術説明会&講座を行なう!


滝行前に護摩供を行い、強力なサンのお香で霊地を浄化する

昨日、最高霊術を伝授するための説明会および講座を行なった。

講座の中では、『天の岩戸開き』の神事の奥の伝えの冒頭をお話した。

続きは、10月中旬の秘伝合宿においてお話したいと思う。

合宿も10数名のメンバーで行なわれるが、日中・夜中・早朝と3度の滝行気合の法を行なう予定だ。

講座も充実しており、しかしお風呂や食事・歓談なども楽しめるスケジュールに設定してある。

財力を増すために『大弁財天の秘法』を伝授する予定。
(※ この秘伝は高徳の密教のアジャリしか知らないものであるが、時代の要請に応えて特別に伝授する一印秘伝である。)
 

霊術最高・秘伝合宿【10月中旬 大司命節期間に開催す】

霊術最高・秘伝合宿【10月中旬 大司命節期間に開催す】


弁財天と五頭龍神が感応する霊地 江ノ島(江戸時代)

予告しておきました『霊術最高秘伝』と云われる秘伝の法をいよいよ伝授する運びとなりました。

すでに内々には、お知らせを致しました。

密教霊術の原型、元の型を世に復活して出したいという第一歩だと思います。

明治時代の「神仏分離令」「廃仏毀釈」「修験道禁止令」以来、神と佛は別々にされ、その内側にある『祈りの技法』は近代化され、軽薄短小化、あまりにも儀式化されてしまいました。

また、明治後期〜昭和初期には、近代的な科学なども敷衍して、霊術として復活しましたが、この運動も終戦後(昭和20年以後)のGHQの政策等々により、壊滅的な状況に追い込まれました。

その後、人々は日本的なモノを排斥し、さらには日本の自然という所産を、高度経済の名のもとに破壊してしまいました。

古への日本の伝えは、これで絶えたかに見えましたが、実は日本人の「たましひ」の奥底には、これが残存していたのです!

日本には、チベットや台湾・インドにも劣らぬ、おどろおどろしい『祈りの方法』『霊魂(たましひ)の哲理』があるのです。

その方法の一切は、この地球上でも最高峰の法なのです。

我々は、そのような秘法を現代に生かす道を模索しております。

今回の秘伝合宿は、その意志の凝結したものであると言えましょう。

川島金山 識
 


上野界隈 繁盛の秘密【巳成金の御守を頂く!】

拝受!巳成金の御守

  

平成24年9月17日(祝)は、不忍池弁財天の巳成金(みなるかね)の年一度の御縁日です。

「みなるかね」の秘説は、俗説だという人もいますが、実はそうではありません。

また、上野界隈の繁盛には、或る秘密があるんです。

そのことは玄学的(古神道・道教)な観点から、大いなる秘密なんです。

ここでは言えないので、わたしが口を開くまで待っていてください。ご自分で分かろうとするのも、分かったと思うのも、ご自由ですが・・・!


写真館【塩川大滝・滝開き!】


写真館【塩川大滝・滝開き!】





 
 

滝開き・江ノ島参拝【塩川大滝『音霊法の実施』】

滝開き・江ノ島参拝【塩川大滝『音霊法の実施』】 

本日は塩川大滝にて、滝行を行なう。

この滝は熊野那智権現になぞられている大滝だが、その実際の神力の根源は、江ノ島大弁財天にある。

すでにわたしが参詣したりして、ご縁を結んでいる。だから今回は、お滝をいただき、江ノ島に巡礼するわけである。

いつも通りにお滝の修行をする。気合法、鳥船行事などの禊ぎ法、密教的な修行、すべて簡潔にして簡易に網羅している。

だが、今日の修道で特筆すべきは、『音霊法(おんれいほう)』の実施である。

この法は、奇しびなる神法だ。

『みそぎ』というけれども、『耳削ぎ』という深い玄意も込められている。

鎮魂を為すのには、おそらくは最高の方法だと思う。

宇宙の最高根源神は『天之御中主太神(あめのみなかのぬしのおほかみ』だが、『御中(みなか)』を『御名(みな)』とも読むのである。

『名(な)』は音に通じる。しかし、『な』という音は、『土・土地』のことをもさすのだ。

「名主さん」とよくいうけれども、これは「その土地の主」ということである。

ともあれ、今シーズンの滝行は開始される。

本日は、また違う意味での『滝開き』なのである。
(※つまり『江ノ島大弁財天』に感応する行だということ)

※わたしが大いに変化進展するにつれて、立処の次元が変わるために、人とのご縁が変わってしまい、メンバーも少しずつ変化してきています。それもまた、神のお示しだと思います。しかし、『大金持ちになる楽行』をしておりましても、変わらず神事(かみごと)は続けてまいりたいと思います!

霊術復活の道しるべ【霊魂産霊(たまむすび)の会】

霊魂の産霊(むすび) 究極は結婚なり!

『霊魂(たま)を学ぶ会』ということを先日述べましたが、たしかに『霊魂(たま)』について学んでゆくのですが、本質が表現できていないと感じていました。

するとここ数日の間に、『たまむすび』という言葉が脳裏に浮かんできました。

そうです、「ふとまにまに」浮かんだのです!「フトマニ」ですね。

ですから『たまむすびの会』としました!

霊魂と霊魂とのむすひ(産霊=むすび)
 。漢字で書くと『霊魂産霊』です。

大神や眷属との感応も「むすび」です。

「むすび」の神業こそが、『神傳;鎮魂帰神の法』一法です。

霊魂(たま)について、きちんと学んでおりませんと、邪法になってしまいます。あの弘法大師の法ですら、後の世では、邪法に堕しているのです。

すべて霊魂(たま)についての正確な学びがないためであります。

時代は、霊的に実世間的な霊学・霊術、利用厚生に役立つ霊法を求めていると思います。

すなわち霊的世界からのアイディアを頂くという方法です。

このブログにサブタイトルでもこれを表現しております。

「霊魂の結び」で尤も顕著なるものは何でしょう?

それは『結婚』です!

『魂が結ばれる』から『結魂』=『結婚』なのです。

人と人との結びつきも、すべて『産霊(むすび)』の力によるのです。

『霊魂(たま)』の本質、『むすび』の力を学ぶこと、これが『たまむすびの会』です。

※そうそう、おにぎりのことを「おむすび」と言いますね。古代人は分かっていたのです。「おむすび」は婚礼の時の食べ物だったのですよ。これご存知ですよね。

天源淘宮術の写真館【横山丸三翁の御写真】

【開運 淘宮術開祖;横山丸三翁の御写真】

 



上の写真は、天源淘宮術の開祖、横山丸三翁の生前のお写真である。皆さんに、お目にかけようと思い、ブログに掲載しました。

さらに下のほうの写真には、若き日のわたしは載っています。さて、どこに居るでしょうか?

唐突ですが、物の整理をしておりまして、いろいろ出てきていますので、掲載させていただきました。

お金(等価交換システム)【自然の贈与;産霊(ムスビ)の秘力】

【自然の贈与;産霊(ムスビ)の秘力】



わたしの好きな映画に『34丁目の奇跡』がある。

それも旧版を好んでいる。昔は、アメリカでもクリスマス・イブには、この映画がTVで放映されていたというが、今はそうではないらしい。

モノクロであり、わたしたちが生まれる前、1950年代の作品であるから仕方があるまいと思う。

だが、わたしはこの映画を好む。決まってクリスマスになると必ず観ることにしている。理由は、クリマス商戦というものがテーマになっていることと、人間の持つ可能性を示唆しているから。七夕と共に大切にしている。

日本でも昔はそうだったのだが、熨斗(のし)というものを贈り物にはつける。

その意味は、「天折り(あおり)」と言い、転じて「天降り」となり、『あなたの行いは神の意に適っているのでこの品物を受け取ってください』という程のことなのです。(※紙を折る=降る(降臨)ことで、恩頼(みたまのふゆ=幸福)を願ったのです)

物々交換で、霊魂(霊と心)をつけて贈る。物々・品々の交換とは、そういう形で行なわれたのです。感謝と言えばよいのか、とにかく「たましひ」をつけて、交換したのです。

ところが、洋の東西で、お金というものが『発明』されました。

やがて近代になるに従い、「霊」とともに「数」の交換が開始された。

『等価交換』ということが、数(お金)で行なわれました。これは大変便利であり、お陰で大変な思いをして物々交換しないで済むようになりました。さらにその象徴がクリスマスです。

これがクリスマス商戦に発展し、霊の交換よりも、数の交換(商業の発展)への意味合いを強めてゆきました。

上記の映画は、まさしくそれが展開されゆく時に作られたものなのです。

その後の時代は、数的(貨幣交換)が表面化し続ける。

霊は「無」から「有」を産む作用があるのに対し、数は「有」から「有」を増やし続けるのみです。

新しい市場、新しい技術は発見され続ける現代ですが、その奥底に霊はいまだに息づいており、秘力を出し続けているのです。

地をゆく、この霊の存在を、「産霊(ムスビ)の神」というのです。

それは「霊狐」「稲荷」「ダーキニー」「精霊」の形で、古今東西において表現されている。

お金(等価交換システム)を大きく収集するにあたり、その背後の「霊」を正しく認知せずして、役立つもの足りえるかという疑問がある。

要は「物欲」だけなのか?ということです。

古への神の教えでは、そのことに対し明確な答を出している。

【霊魂(たま)を学ぶ会】では、こういうことの解答を明示したいと思っております。

川島金山 識








【韓流ドラマ・冬のソナタに想う】


【韓流ドラマ・冬のソナタに想う】
 


わたくしこの韓流ドラマの金字塔『冬のソナタ(完全版)』を観て、人生観が変わりましたね。

人生こんなこっちゃいけないと思うようになりました。

そして「迷ったらポラリス(北極星)を見るんだ」という示唆。

何事も出会いですね。大切にしたいと思っております。

今後の予定等【霊魂(たま)を学ぶ会】

今後の予定等【霊魂(たま)を学ぶ会】

先ず、今後の予定を述べます。

9月16日(日)AM7:00現地集合『運気隆盛祈念・大滝行(寒行への滝開き)』
※参加されたい方は申し出てください。現地(滝場)に7時集合です。こちらでは車の手配はしません。
※滝行をされない方も参加可能です。滝行の後で楽しい巡礼もします!詳細は別に連絡します。

9月23日(日)『霊術最高秘伝・伝授合宿の説明会』 および『霊学講話会』AM10:00〜

10月8日(月・休)『大司命節・前夜祭』『神僊についての講話』AM11:00〜

10月9日(火)〜11月8日の32日間『大司命節秘機の期間』』
※随時、祭儀を催行し、幽魂霊格向上、自身の運命改善を祈念する儀を行なう

10月13日(土)〜14日(日)『霊術最高秘伝・伝授合宿』1泊2日 ※案内は別に出す

※『霊学講話会(霊魂を学ぶ会)』は、日曜・祝日・土曜というわけではなく、平日の夜など仕事に差し支えない時間帯で行ないます。

※日本古来の神祇(神さま)の教えとビジネス(仕事)を展開してゆく上での、バランスやあり方を先師の教えに基づき考えてゆく勉強会を行ないます。この勉強会を通じて皆さん豊かになり、成功者になっていただきたいと思います。(随時)

※来年の巡礼にむけて考える(伊勢、熊野、四国、その他)

※密教霊術の秘伝伝授を行なう(在家でも使える便法)


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM