スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

霊術の復活!渾身の滝行気合法

夕日の滝にて

南足柄の「夕日の滝」にて(平成22年9月20日撮影)

霊術の復活!参加者21名 【霊学講座 秘伝合宿畢わりぬ】

9月19日〜20日、自然智の会主催: 霊学講座【霊法秘伝合宿】が開催され、無事終えることが出来た。参加者は総勢21名。けっして少ない人数ではない。

19日の昼に集合し、はじめの伝授講義をし、すぐに「洒水の滝」で修行を行った。しかし、驚いたのは、滝場の様相が大きく変わっていたことだ。それどころか、滝場へゆく道が難所になってしまっていた。そういう場所に20数名が行くわけで、或る意味で危険であった。不思議だったのは、出発前にやけに脚立が存在をアピールしてくるのだった。だから持参したのだが、脚立がなかったら行くことは出来なかった。

先般、台風がきて、山北町は記録的な豪雨となった。崖崩れなどもあった。洒水の滝も見晴台が半分崩れていた。だが、わたしたち一行は、すぐに柴灯護摩供を修法し、満山諸天善神にご供養した。修行ができるように祈願したのである。初心者もいる、ベテランもいるという、初顔合わせもアリの荒行だった。護摩行のときに、導師であるわたしに向かって火炎が踊った、火の粉も飛んできて、覚悟を決めさせられた格好だった。わたしは迷わず覚悟を決めた。

結果、滝行は上々の出来だった。当初一番恐れたのは、滝場・見晴台の崩落、落石だった。20人からの修行者が真言を唱え読経し、気合法を行ずるのだ。いつ崩れるのかわからない。気合の振動は凄まじいものがある。全員、2度3度と入滝し無事終えることが出来た。

風呂に入り、食事をし、その後「霊法伝授」だ。今回のテキストは、満足していないが、渾身のものだ。なるべく最小限の解説で、次々と講義伝授する形式を採った。というのは、参加者の皆さんと、この人生で長い時間共に居ることはできないからだ。九州・四国・東海などの方面から来ている方も居り、ましてこうして多くのことを伝授し、共に修行することは時間的に無理なのだ。それがわたしたちのおかれている環境なのだ。その環境を無視して、昔ながらの「丁稚奉公」みたいなことをやっていたら、霊法・霊術を現代に具現し、力を発揮することなど出来ない。昔と違い、現代人は理解力があるし、生活面で余裕がある。それに高度情報社会でもある。この特質を土台に修行をすすめてゆくべきである。この考えは間違いであろうか。

伝授は、簡単な禁厭法(きんえんほう)から、権胎化作、鎮魂帰神法、密教秘伝、憑霊発現法まで網羅した高度なものだった。ブログで予告した内容以上のものを、走り抜けるように講義した。講義は3度行い、一部の高度な呼吸法解説以外はすべて行うことができた。

法が生きている証というか、そんなこともあった。参加者の一人が、憑霊発現法の仕方を質問したので実際の方法をやってみせた。その後、憑霊についての講義をし、口伝を述べたのだが、そのときにわたしの後ろにあるカラオケの画面が勝手に電気がついてしまった。講義中のことだから、みんな見ていて何だったのかと言った。おもしろいのは、憑霊から話が、神拝の話にいった瞬間にカラオケ画面の電気が消えた。あとでこの一件を審神法(サニワ)してみたが、3つの所見を得ることが出来た。
まさしく憑霊発現であった。

次回の構想もできている、わたしはすでに駆け出している。参加者の方々は、多くのことを聞きたいであろうが、わたしもまた修行半ばの者であり、完成した訳ではない。少し皆さんよりも進んでいるだけだ。したがってわたしにも時間と資材が必要なのだ。まだまだ修行をしなければならないのだ。皆さんに充分な対応ができないかもしれない、しかし諒とせられたい。

夜には、名古屋の相宮先生に自然活元会をやっていただいた。初めて方もいたので大変だったと思うが、よく工夫してくださった。そのお陰で、自然活元運動に興味を持った方が何人かおられた。また、相宮先生の気合法には風格が出てきた、他の人たちもそう云っていた。

気韻法、正伝:野中操法、腹から背骨を読む具体的な方法(整体操法だけに伝承)など実習を行ったが、手技療法の方は、充分に時間を取れなかった憾みがある。次回はもう少し時間に余裕を持ちたいと思う。

二日目。「夕日の滝」での修行だ。早朝から講義伝授と、滝行の前に役立つ方法の実習。食事を摂り、滝場へ。ここで事件が起きた。わたしがスズメバチに脳天を刺されたのだ。着替えの場所を確保したのだが、そこが蜂の巣のすぐそばだった。しかし、他の人でなくて良かった。そのまま直ぐに入滝して修行したのだが、とても良い経験だった。言葉にならないような、いくつものことを教えてくれたし、この文章を書いている今も教えてくれている。記憶では、この3週間以内に、或る森の中でスズメバチに遭遇し、はっきりと目が合うという夢を見た。これは一種の予知夢であったのだが、ここがわたしの隙で、夢の読み方を間違えた。この教訓は今後に活かしてゆきたいと思う。

また、通称ウッシーさんも盾となった。滝場で脛を打ち付けた。後ろの方の盾になった。もし彼女がいなかったら、もっとすごい怪我人が出ていたかもしれない。このことも沙庭(サニワ)してみると或る種の因縁・産霊紋理(むすびかため)だった。だが、現実の対処の中で、滝から抱きかかえて運ぶ人、介抱する人、気遣う人、手当てする人(輸気)、みんなの連携で彼女の具合は随分良くなった。

「夕日の滝」の修行は、すばらしかった。不動真言、気合法など、まずまずの出来でした。同時に課題も見えました。今後はさらに質が上がることでしょう。滝行が終わってから、柴灯護摩供を行い、感謝を捧げました。

今回の合宿でそれぞれがいろんなことを得ているのが良く分かりました。人生一度きり、この生を溌剌と生き切る。みんなの大切な人生の中の時間にご縁ができたことをわたしは心から感謝しています。率直に、またお会いできたなと思っています。或る人は前世で家族であり、友人であり、伴侶であった。そんなことを秘かに感じました。これは正直な感想です。

山北健康センターで、最終講義、参加所感を述べていただき、風呂・食事をいたしました。みんな元気で帰途に着きました。何より無事が第一ですね。

この度、赤塚先生、松浦先生に「野中操法師範代」、近谷先生に「滝行先達位」を認定し証書を授与しました。これらのことも審神(サニワ)した結果です。諸先生には、今後のご精進を期待しています。

最後に・・・。この合宿での皆さんとの自然な一体感は、すばらしかった。小魚たちが瞬時に一糸乱れず移動するような見事さ。あれこそが自然智の発露でもあります。いま、わたしは無事帰宅しまして、暢気に今度はいつ合宿があるのだろうと、ボーっと妄想しています。変な主催者ですね(笑)。


由来:自然智の会【霊学講座 秘伝合宿】

さて、明日から一泊二日で霊学講座【秘伝合宿】 である。
主催は、「自然智の会だ」。今後わたしが主宰する会の正式名称は、「自然智の会」となる。
この名称は、すでに20年前に心に決めていた。

『自然智を自覚する為の会』だから、是く名づけたのである。
語源は、分かる人には分かるのだろうが、一応述べておく。

今から千年以上前、奈良時代から平安時代になる頃のことだ。
当時日本は律令国家を樹立していた。異国の宗教である仏教も鎮護国家などと言って、最新の文化として取り入れられていた。壮健な建物も権力の誇示と信仰の賜物だった。

仏教は、まだまだ民衆のものではない。確かに行基菩薩のような方もおられたが、極稀であった。
南都六宗の1つ、法相宗の僧を中心として、山林に行場を求める修行者がいた。彼らの中で最も大成したのが空海である。

空海は当時、私度僧だった。私度僧(しどそう)とは、国家の許可なしに僧侶になった者をいう。
年分度者といって、国家から任命される僧侶は、ごく限定されていた。誰でも僧侶に成れたわけではないのだ。今で言えば、医者・弁護士になるようなものである。

彼ら山林修行者は、何をやっていたのか?
自然智を獲得しようとしていたのだった。自然智とは、仏智(ホトケの智慧)のことだ。
学問的には発達した仏教だったが、心ある修行者が最後に目指したのは、頭で理屈を理解するのではなく、悟りを体得することだった。

彼らのような集団を、「自然智宗(じねんちしゅう)」と総称した。
主に「虚空蔵求聞持法」を修行していた。空海の「三教指帰」に明らかである。

古神道では、「考える」というのは、「神迎え」からきていると説く。
そう、帰神である。「帰神法(きしんほう)」によって、霊的な感応を受けて、アイディアが出てくる。これがわたしの志向する、これからの時代の思考法である。本ブログのサブタイトル『霊的アイディアを獲得する時代へ』とは、ある種の方法を使って、自然智・神智を得る時代だということである。

実に方法は、2つの系統があるのだ。密教的な方法と、古神道の方法だ。
よく世間には、訛伝した人間が作った方法を、秘法と称しているところもある。また、やけに宗教臭くなっているところもある。しかし、わたしのところはそういうあり方ではない。一人一流派が、その土台だ。だからといって、読経真言や祝詞を奏上しないわけではない。さらに知識だけ得たいという人はいらない。信頼関係がなければ伝授伝法はできないからだ。

この度、「自然智の会」と名乗り出したら、弘法大師空海由来のお寺で、或る秘法を伝授していただく機会を得た。まったく不思議である。

今回の合宿では、いくつかの秘伝を伝授する。更には、次回にやる予定の内容も予告する。これは霊法・療術家を目指すもの必須の内容となるであろう。諸人、伝授のときまで、いくばくかの時間を待たれよや。


霊学講座【霊法秘伝合宿】 受付終了しました

来る9月19日〜20日、霊学講座【第1回霊法秘伝合宿】を開催します。
最低催行人数に満たない場合は中止とお知らせしましたが、参加者総数が20名を越えましたので、受付を締め切らせていただきます。

【予定内容】

・護身九字法の秘伝
・護身法口伝
・神通発揮秘伝
・光明真言秘伝
・不動金縛之法秘伝
・体祓印明、五臓加持
・滝行作法、滝行口訣、気合法の種々
・霊縛法
・庚申秘伝解説

・鎮魂帰神法口訣
・産土秘鍵
・神仙佛仙界の印法の説明

・手技療法講座(野中操法その他)
・急処
・輸氣法
・氣韻法
・活元会

・滝行法(洒水の滝、夕日の滝にて)、合宿中2度入滝します。
・滝場にて、九字加行、気合法など行います。
・神伝:天御柱之修行も行います。音霊法も合わせて行う強力なものです。
・他に瞑想・講義があります。
・柴灯護摩供は2度行じます。

※内容の変更もありますので、予めご了承ください。

【費用】
1泊2日代(宿泊+1日目夕食と2日目朝食の2食+入浴)
2日目の入滝後の昼食代と入浴代、
入滝指導代、護摩供費、受講費、傳法代、テキスト代、
現地移動費、諸経費込みで、合計28,000円

参加申込者には、後日詳細をお知らせします。


川島金山






洒水の滝にて(1)【高級佛仙顕法 秘伝九字真法 伝授会のこと】



8月1日(日)、洒水の滝で滝行法を行った。
参加同行者は運営スタッフも含めて12名。

今回は、夏ならではの修行方法で、 洒水の滝の霊水をいただいた。

よく滝場には、不浄があるというが、逆に清浄なるもの、聖なるものの感応もあるのである。

或る団体の教祖・行者みたいな輩が、中途半端の修行しかしていないのに、大修行をしたように装い、その上、本を書いたり、似非法話をしていて、どこかで滝行などしてはいけないとか、よその行場で修行してはいけないなどということがあると聞く。本当に、そうであろうか?

答えは、明快だ。否である。
つぶさに、その行場を見ている者でなければ、そんなことは言えないであろう。要するに、組織防衛なのである。こういうことを言う教祖・行者は、大体が偽者である。大した修行などしていないし、老年になったときに結果は出る。行者とはいえないような、醜態をさらすのである。顔をみても俗物だ。

秘法九字法の真伝を施行し、護身するならば、どんな不浄でも祓うことができる。天魔ですら僻除できる。

ごく最近、或る由緒のある法脈の伝承者の方から、法の伝授を受けた。その中で、白眉な法が1つだけあった。その方も知らない九字法の秘密を、わたしは感得した。長い間、それは16〜17才の頃から謎であった法の根源の秘密が、ついに了解できたのである。

経緯は、詳しく述べることができる。それらは伝授会にて、お話ししたい。

今度の秋の秘伝合宿で伝授を考えております。今回は、参加者には『誓詞』を書いていただきます。条件としては、滝行研修、野中操法講習会、霊学講座に参加したことがあり、更にわたし主催の滝行にも参加したことのある方。特別にわたしの認めた方。定員は25名、人数が最低催行数に満たないときには伝授会は中止。録音不可。伝授はすべて口伝(筆記は可)。一人一人詳しく教授アドバイスします。伝授会で、滝行法は2度実施。

この法は、高級正佛仙界に感応し、邪霊を祓い、病者加持に有効、天魔避除し、護符霊符お札を開眼する。法の全体を体得完成し教授できるのは、わたしのほかは1名居るか居ないかであろう。このことは自信をもって言う事ができます。




calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM