スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

吉事と魔事の表裏一体【御岳修行3年目を迎える】

御岳山・綾広の滝にて
2年前に御岳山綾広の滝禊ぎ場にて祈念する

御岳での修行も今日で3年目に入った。
2年前の1月末に、気合法講習の為に下見を行なった。これがわたしの伝法伝授の事始めであった。

もちろん御岳にはそれ以前から度々登拝していたし、禊ぎなどにも参加していた。それは13年以上前からのことだ。但し、この一年の行場開発のようなことはしていなかった。

いまでも思い出すのは、御岳の各所で深く祈念したことだ。より多くの行者が衆参することを願った。日本の文化遺産たる「霊学修験」 の復古を誓願としたのであった。現在、少しずつだがそれは順調に進んでいると思う。

御岳山七代の滝での禊流滝行

1月30日には、参加者で気合法の訓練を行なった。2年前祈念した「綾広の滝」禊ぎ場にて、修行した。整腹気合法、打ち込み気合法、咏応気合法、打ち込み払い九字、鳥船神事などを行なった。滝行にても、「神傳禊流神事」の入滝法をもって修行した。

「好事魔多し」というが、吉事があれば魔事もある。表裏一体、不即不離である。日向があれば日陰もある。陰陽一如の原理だ。

山の様相は、この一年で随分と変わった。御岳神社の関係者の宣伝的な活動も関係していると思うが、それも含めて何かが動いていて、山に来る人々の様相や多様さ、人数が変化した。或る意味でその先鞭を切ったのがわたしたちであったのだろう。

それ故に、善きもの悪しきものの行き来を見ることになる。それは筑波の白瀧でもそうだった。自分たちとは相反する境界の者を見させられるわけだ。今年の寒行では、まざまざな外部的「魔事」を見せつけられたし、内部的にも「妄念」「執着」「気質的行為」「自尊心」などからくる「魔事(禍津毘)」を多々見ることになった。それは、正統な行者が負うべきものだから、仕方のないものなのだろうと思う。

是くして、今年の寒行は、わたしと幾人かは順調な進捗をみせている。「霊魂(たましひ)」を清め顕現・開発・統一するところの「禊祓の法(みそぎはらい)」は、速度をあげて開陳してきているのである。日本に於ける「古道(ふるきみち)」は、自然智乃会・川島道場にて復古の道を辿っている。

 


江-戦国の姫たち-【養源院殿天英宗清大居士】

1月15日偶然、NHKの大河ドラマを見た。再放送だ。
話題の作品、「江-戦国の姫たち-」だ。織田信長の実妹の、お市の方。絶世の美女だったと伝えられている。政略により浅井長政のもとに嫁いだ。三人の姫を生み、その三女が主人公の江(ごう)である。

京都の三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)の前に養源院(ようげんいん)という寺院がある。血天井で有名なお寺だ。わたしはよくこのお寺の前を通った。この辺りから身代わり不動、熊野神社など経て稲荷山に入ってゆく。山の中の早朝・夜間は真っ暗だ。そこで滝行を随分やったものだ。ほとんど一人で修行した。

忘れもしない平成2年1月15日の午後10:00過ぎ。この日は半端ではない寒さだった。この養源院前を通ったときに、ふと感じることがあった。成人の日であり、有名な「三十三間堂の通し矢」があったのである。垂れ幕などが寺院の壁に残っていたのを今でもはっきり思い出すことができる。

この日の滝行法は特別であった。滝場全面が分厚い氷で覆われ、滝の樋には大きな氷柱があった。落ちてきたら一巻の終わりだ。水の元素(エレメント)が凝結し、清らかな精霊の存在を感じた。わたしが「大火生三昧」を掴むきっかけになった出来事だった。

この日の修行は忘れることができない。その帰り道、暗闇を歩いていると腹部が発光しているのだ。眼を閉じてもわかる。やや水色に輝いているのがわかる。この光りを更に2〜3センチくらいの大きさに圧縮して腹部に納める。これでもって火炎をコントロールする。これ「火生三昧法」の基礎の技法である。

そんなわけで1月15日は忘れることができないのだ。

先に述べた養源院も少なからぬ因縁がある。この寺は、元三大師良源(がんさんだいしりょうげん)の開基なのである。彼は慈恵大師といい、比叡山天台宗中興の祖と言われている。天台密教の寺院では、豆大師・角大師(つのだいし)といって尊崇し、紙のお札も分けている。法力抜群だったという。この良源の弟子に、徳川家康公、秀忠公、家光公三代の幕閣として仕えた天海僧正がいる。彼は、天源術や八門遁甲の達人であったという。別名、慈眼大師ともいう。

慈恵大師良源は、元三大師というのだが、正月の三日に誕生したとか、あるいは帰幽したということから是く名づけられたのである。よく寺院でお御籤(おみくじ)がある。百番まであるのを知っておられると思う。あの、お御籤を作ったのが、良源なのである。

あれを「元三みくじ(がんさん)」という。別名「観音みくじ」ともいう。わたしが行っていた滝場には、この御籤の見方を、ある偉い天台の僧侶に習ったという、女行者がいた。そこで見方を伝授してもらった。たぶんそれをその人から教えてもらったのは、わたしだけであると思う。

その見方では、1番〜100番とは言わない。1則〜100則というのである。吉とか凶にも捉われない。文字解釈に秘訣があるのである。昨日、長原の台湾料理店に(※ここは知る人ぞ知る店だ)行ったのだが、台湾人の亭主なので店にいろんな台湾の物がある。台湾寺院の観世音みくじが目に付いた。あの御籤文が元三みくじと同一ならば、良源が創生したのではないことになる。

実は、良源は浅井郡の出身なのである。つまり浅井家所領の地から出た家柄なのである。良源が浅井長政を供養するから、寺院の名を「養源院」にしたのであろう。この寺院は、NHKドラマの主人公、江が浅井長政や徳川家、豊臣家などをご供養したところなのである。いまでも徳川家と豊臣家の家紋が入った御位牌などがある。

良源は浅井備前守長政(あさいびぜんのかみながまさ)と同一出身地の高僧であった。その正式な戒名は、養源院殿正二位亜相天英宗清大居士である。戒名の院殿号が、そのまま寺院名になっている。琵琶湖の北、湖北町にはよく行った。浅井長政の居城、小谷城址にも随分と行った。ドラマの戦闘シーンはよくできていた。地形をよく知っていて製作したのがよくわかる。

わたしは、無念、浅井長政の自刃の地にて法要をしたことも再三。お市の方、三人の姫姉妹が逃げた経路も実地に考察した。なぜ自分がそこまでこだわるのか、理由はわからないが・・・。

21年を経て、今再び、わたしは滝行法に思いを馳せている。1月15日は、わたしにとって不思議な日である。過去へとわたしの心を運び、そして新たなる境地を与えてくれる。

偶然というものは、ないのであろう。
これも定められた縁なのだと思う。大切なことは、自分がどうするのかということだ。等閑に過ごすのか、産土神より任せられた使命を自覚し果たすのかどうか、ということなのだと思う。このことがいついかなるときでも、忘れてはならない一大事なのだと思ふ。


平成23年 辛卯歳 あけましておめでとうございます

歳神を迎える 

皆々様、あけましておめでとうございます。
よき年となりますようお祈り申し上げます。

本年は辛卯歳(かのとうさぎ)。うさぎは、ゆるみます。申の緩みとは違いますね。遅々としてはかどらないのです。ですが白星なので、運はよろしい。迷いあり。

恒例の年頭の一首、

  『ゆるむべき 年とて何かおそるべき 魂(たま)の磨きに油断なければ』

己の魂を磨き清めておれば、因縁気質の攻めにも、泰然自若として居られます。
もう一首、

  『我が腹の やたの鏡は照らせども 因縁(気質を)立てて曇らせにけり』

さて、本年は霊術と整体療術の統合・胎動・ルネッサンスがテーマです。それを為す土台は「魂の清め」と「本物の気合体得」であります。わたしたちは、徒党を組まず、少数精鋭で修行精進するのみです。

では、本年も、隅から隅までずずずいっと、よろしく御ん願い申し上げまするー。

皆々様、本年のご購読ありがとうございました!

大晦日年災除祈念

皆々様、ブログ『霊学のススメ』 に付き合っていただき、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

本年は、多くの方々との出会いがありました。集う皆様と多くを学びました。冬の期間には、厳しい厳寒の山中で支えあい乍ら、滝行法を修めました。いずれも今後の人生において宝となるものだったと思います。

まだ、お会いしていない読者も居られると思います。敷居が高いと思っている方もおられましょう。ご縁を感じたら、問い合わせてみてくださいとだけ申しておきます。すべてはご縁がなければ始まらないのですから。

自然智の会の、来年の日程も発表しましたので、どうぞご覧ください。

スカイプですが、これは無料で使えるテレビ電話のようなものです。詳しいことは、事務局に聴いてみてください。遠隔地でリアルタイムで講義が聞けるというものです。一昨日実験して通信に成功しました。もちろん映像つきです。1月5日には、スカイプ・テスト版として「庚申講義」を行います。

ブログに書きたいことも、講座でお話ししたいことも山積です。全部出すのに、あと5年や10年は悠にかかるでしょう。さらにわたしが、このように修行したい実践したいと思うことも、まだまだ出来てはおりません。

我が会では、本年の後半に「産土の神の教え」が遂に開示されました。さらには「魂を磨き清める」という概念も開陳されました。来る年は、これらの根本の真義をどう実践するのかが、一大テーマであると思います。具体的な目標を立てつつ、その達成課程のなかで、どう己を磨くのか。皆様におかれましては、生きて甲斐ある道を、堂々とゆかれますようお祈り申し上げます。

来る年が、輝きに満ちた年となりますよう、皆々様が善き年を迎えられますよう心から寿ぎ申し上げます。

※午前には、大晦日の年災除祈念斎事を執行いたします。元旦には、元旦禊法(みそぎ)。2日には、初夢占い、書初め。3日には、元三斎事という具合です。


ジャックのクリスマス

庄田先生のお宅のジャック。
この愛犬は幸運を呼ぶ子です。
 ジャック

我孫子カイロプラクティック開業記【虹色の光輪顕現す】白瀧神社

一昨日、予定通り『開運鎮災秘法』を執行した。
庄田先生の治療院である「我孫子カイロプラクティックセンター(仮称)」にて鎮災法を修法したのである。

この治療院には、神棚が奉祀され霊法・霊術の施法も可能となる。
開院稼動の時に、わたしが再度ゆき尊秘なる霊符を鎮祭し神界感通のお社と為す。
それに先立っての修法をしたわけだ。「我孫子カイロプラクティックセンター」の開院は来る歳の2月半ば。開院日の前日には、同所から禊の行に出発する予定だ。参加者を募り、筑波山にある霊地で大滝行会、お社神真入魂式、直会等の行事で開院をお祝いしたい。

経営・治療担当の先生は、庄田先生と松浦先生である。
また、近くには伊勢山の名を冠した産土社がある。

鎮災法を行うにあたり、筑波山の霊地・滝場に趣いた。
到着すると「日〇〇〇」 という神道系の団体の人々が滝場を掃除している。50名ほどか。そのうちに滝行が始まった。法華の太鼓を叩き、奇声を発する、奇異な行?の仕方だ。赤や紫の着衣を着ているのが、その会の親玉のようだった。しかし、庄田さんが上手いこと相手の予定など聞き出している。さすがである。どうもここには、6月12月の年2度しか来ないようだ。大祓い式ということなのだろう。

見ていても仕方がないので(親玉がクレームをつけてきたので)、一時退散し、少し時間をおいて出直した。再度ゆくと、静かな滝場だ。全然違う。その昔、日本武尊さまが来られた霊地で、確かに大きな岩場であり、滝場も貫禄のある場所だ。白い鳥が日本武尊さまを導いたので「白鳥神社(しらとり)」と言ったが、現在は「白瀧神社(しらたきじんじゃ)」という。

件の連中は、塩も撒かないし、お神酒も供えない。またお不動様が奉られているのに拝みもしない。
それ故に、わたしたちが後からご供養するように仕組まれていたのだと思う。龍神の氣を感じたので社では「龍神祝詞」も奏上した。途中、なぜか「南無白龍大権現(なむはくりゅうだいごんげん)」の御宝号が口から出た。

修行に入り、入滝した。
トップは近谷先生。太陽の光りが見事に滝場に注ぎ、打たせ滝の形になっているので、滝の流水が羽のように扇型にしぶきを飛ばす。それに太陽の光りが交わり、頭上・身体のまわりに見事な虹の光輪が出現した。まるで虹色のオーラだ。とても神々しかった。

この滝は特に頭の部位(チャクラ)を清めるようだ。
気合の響きも独特だ。庄田先生、松浦先生の行も良かった。
わたしは行中に『白い龍神』がはっきりと出現したのを感得した。やはり「白い龍(=白い鳥)」が守護神であり、本当の名は御宝号として唱えた通りだったのである。

修行の後は、火をガンガン焚いた。ここはお湯を沸かすことができるくらい自由な場所だ。
一度、是非大勢で来て滝行を行いたいものである。足湯をやりたいわけです(笑)。

同行者4名のうち3名が天源術でいう「豊宮(ほうきゅう・うさぎ)」だ。
豊(ホ)の因縁は、遅れる事だ。だから予定時間から随分と遅れたが、幸運の宮なので終わりは善い。そういえば平成22年12月19日(日)は「癸卯(みづのと・う)」の「豊」の日であった。

この開業は必ずうまくゆきます。みなさんも応援していただきたい。
こころみに開業記(1)をここに記した。

可々

無礼千万【年災護符授与・年災祈念詞の伝授中止のお知らせ】

昨日お知らせした「年災護符授与」と「年災祈念詞伝授」を中止します。

本日、いきなり事務局宛に「4つ注文」してきた者がおりました。注文したら当たり前のように貰えると勘違いしているのでしょう。この護符は世の中の何処にも行っても販売していない貴重なご神符です。

わたしが手ずから謹製するものであって、注文すれば当然のように買えるものではございません。時間をかけて謹製し、さらに祈念を凝らして、みなさんの信仰修行にたいして「心ばかり」のわたしの至誠なのです。販売目的のお守りではありません。

人様の心を踏みにじるような無理解者が出てきた以上、護符の授与・年災祝詞伝授は中止いたします。

ただし既に授与を了解した方や、わたしのほうから差し上げたいと思っている方の分は謹製してお渡し致します。

滝行を始めて1年以上経っているのに、護身法の観想は間違えるは、供養法を教えてくれというので光明真言を教えて何ヶ月も経ているのにデタラメを唱えるは、いくら注意しても十句経を怪しげな文言で唱える。このような有様の者が平気で無茶苦茶な注文をしてくる。護符の授与以前の問題であって、今後の行事参加に制限を付けざるを得ない。

金さえ払えば、注文しさえすれば、貰えるというこの精神、一体何を研鑽し修行してきたのでしょう。
付け焼刃で、その場さえ誤魔化せば帳消しになると考えている。お経真言を間違えて心底努力せずに誤魔化す。わたしはそういうのが一番嫌いです。

要するにこちらの優しさに狎れて、ナメテいるのです。すでに本人には直接連絡してあります。
 

土から産まれる【金山寺建立委員会の発足】

この度、「金山寺建立委員会」が発足しました。
(委員は選出し、お願いしました。)

記事のタイトルの通り、土から産まれるわけである。産土(ウブスナ)というこだ。
土産(みやげ)とも書く。産土も土産も、その土地の神祇(産土神)の恵みによっていただけるものなのである。

その土地の土と接点を持つところから始める。 これが大切なことである。
数日前に、スタッフの縁者の方の畑に行った。まったく自然に作物が出来ているという。素朴な調理方法で、豆やナス、里芋をいただく。言葉では言えないくらい、美味である。ここの農園・農地は、宝箱だ。そう思った。

後日、不思議なことがあった。今後の会の方向を決めるような示唆に富んだ出会いだ。
めまぐるしく動く日常の中で、「土から産まれるぞ」という声が、わたし自身の中から聞こえてきた。

同時に「金山寺建立委員会」の発足を思い立った。
「土に触れ、土になじみ、土に感謝する」ここから、金山寺は産まれるのであろう。

明日は、「土のエレメント」と統合する修行、それはゾクチェンの前行の一つ「ゼルンガ」だが、これを修行してみようと思う。

願望を成就するには、空想することが第一である。すべては空想から始まる。


伝統のなかの加持祈祷法【三力具足の怪】

皆さんは、加持祈祷法というものをご存知でしょうか。

加持とは、加被ともいう。専門的には、加持力などともいう 。
密教や修験などで、お祈りしたり、直接九字など切って、なにがしかをお祈りする。
仏の力を与える、それを加持というのである。

祈祷とは、文字通り祈ることだ。

密教では、効験を顕すために、依報を浄化することを、まず説く。
次に、三力というこを説く。

以我功徳力・・・その者の持つ功徳力(徳分)
如来加持力・・・本尊の力
及以法界力・・・行者の法力

以上の三つが十全にあって、現証があらわれるのである。

よく伝統の仏教や密教の坊さん、行者、信者は、ご本尊様のお力などという。
本当にそうであろうか?

お陰話的なものを聞いても、説法?を聞いても、そうだとは思えないこと、しばしばある。

理念もなく、俗物のような顔をしてるものに、高位の佛仙界や神界が感応するはずもない。

要するに伝統の中に逃げ込んでいるのだ。その中でしか、ものが言えない。
こいうことでは、お先は知れていると思うが、皆さんはどう思うか。

伝統に少し触れただけで、わたしなどは余計なお荷物だと感じる。
余計なものばかり、つけていれば、永久に悟りなど得られないし、坊さんは衆生を助けることなど出来はしない。

伝統のどこに『三力具足(三力が完全に備わっていること)』があるのだと言いたい。
伝統大好きな方、誰か応えてくれませんか。


【大黒天神の来臨】

 この度、我が道場に大黒天神が奉祀されることになった。

経緯は次の通り。
5月13日は恩人である叔父の命日だ。わたしは、そのご供養ために母の郷里を訪ねた。すると一体一対の大黒恵比寿の像が棚に置いてあった。生まれてこのかた、その像は見たことがなく、母に何であるのか尋ねてみると、この家にかなり前からあるものだという。100年は経っているようである。
続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM