スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大峰山入峰の受付終了

 大峰山入峰の受付を終了します。

定員も満員御礼と相成りました。

今回は厳選して参加者を募集しました。そこのところは諒とされたく思います。
続きを読む >>

御岳入峰

この秋には御岳山の入峰修行を行いたいと思います。
合宿の形式で行いたいと考えています。


御岳山登拝にゆく

御岳山の登拝行にゆきます。今回は滝行などはやりません。

この一年間あまり、入峰修行や滝行・護摩供をして、山の聖霊・諸精霊に法楽を奉げてきました。御岳修験、修験霊学の復興の御為に、春・秋・冬の入峰修行を行うようにしなければなりません。

お山にゆく【修験入峰修行】

 今年の夏には入峰修行をさせていただくことに相成った。

前にも書いたけれども、わたしの師のひとりは「山から教わるのだ」と常々おっしゃっていた。80歳を越すけれども、今もなお健在で同じことを言われている。

山は不思議である。その山の山上付近まで行くと空気が違う。アンテナと同じで別の霊山・霊地と交信できるようになっていると思われる。去る、5月4日御岳山のさらに奥の山中で、護摩供を行じた。その際に本尊の神秘を教えていただくように、梱祷した。翌々日には応答があり、或る秘事を知らされた。


修験者の衣体【修験護摩法 導師交換作法を伝授す】

修験護摩の法


5月2日には第8回霊学講座、4日には御岳山入峰修行を行った。わたしは修験の衣体で修行した。御岳の大神が、そうお望みだと早朝の勤行で感じたからである。

霊学講座では、登拝の神秘を解説した。また、護摩法の導師交換作法を実習した。滝行を行じ、次に護摩供を修行しないと法力を培うことができない。


修験霊学の根本 【山から教えを受ける】

 4月11日、4月25日修験滝行法の練行会を行った。
11日は滝行と護摩法、25日は新規参加者の滝行法を行った。

わたしの師匠というべき方は、何人か居られるけれども、修験密教などの修行で決定的な影響を与えた方が、関西地方に居られる。現在、齢80歳を越えて居られるが、とても元気である。
続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM