スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

祖霊の感格修法【大司命節・祖霊祭祀法】

大司命節・こうして祖霊の感格修法をする!

祖霊・霊魂の感格修法。

この法は、10月9日の未明から早朝にかけておこなうものである。

独特の霊璽を作成する必要がある。



また祭事を常時行なうことのできる神床(道場)が必要である。

一連の祭式を行なっていると、実は密教の四種法(息災・敬愛・増益・調伏)というものの原理が、実は神界のほうから来ているのではないかと分かってくる。

これは実に不思議に理解できることなのである。

ただ或る神人が、『神界(幽界)のことは人に言わぬがよい』と後世にアドバイスしており、ごく最近は心からこのアドバイスに納得している。

大神の教えを理解して行なうことが出来る人間はほとんどおらず、いまの時代では本当に稀有である。

わたしの周りにもほとんどいない。

独自に自己完結している者もいるのかもしれないけれども・・。

「慢心」というのは、実に恐いものです。

少なくともわたしのところに居た人間で、一課程ですら完結した者など一人もいませんので、ここで明言しておきます。

真摯な皆さんは、我見に陥らず、謙虚に祖霊祭祀をおこなってください。そうすれば必ず感応します。

この一ヶ月中で数回ある「祖霊祭」に来られることを望んで止みません。「我見」での祭祀は控えて、指導を仰ぐようにしていただきたいと思う。

御啓導あり【大司命節の神示『霊読せよ!』】

御啓導【大司命節の神示・霊読せよ!】 

本日より厳粛なる神々の事執りがおこなわれる。

すなわち『大司命節の秘機』である。

大小の司命神によって、霊魂の感格がおこなわれる。

殊に人間界は、七十二、八千七百諸神、国津三十九司命神によって、次の1年の命運・宿命・運命が決められてゆく。

普通の人間は、こういう秘機を知らないで、生きてゆく。

多少の運命は改善できるが、決定的な宿命は中々改変が難しい。

たしかに歴史上、運命を改変した人間もおり、そういう教えを遺しているが、それはその人にして出来たことであり、深い宿命を持った人の運命は中々変えることができない。

だが、大司命節の秘機を知ることにより、さらに大きく運命を変えることができる可能性が出てくる。

今朝(早朝)、産土神社(うぶすなかみのやしろ)に参詣した。

神々の事執り、幽政が万事円満なる事、周囲の人々、すべての人類の福寿、生徒たちの幸せ、家族の安寧、万霊の冥福、関連のある祖霊・列霊の冥福など等を祈願した。

そして、その始まりにふさわしい御啓導が、歴然とありました。

『霊読せよ!』との神示が、司命皇神(しめいのすめがみ)より降されました。

このことに遵い、大司命の期間に、『霊読』を行なう予定です。


この中に収められた神宝(図符)によって萬霊を感格する為に祈る

恒例の神事【大司命節・前夜祭を執行す】

【大司命節・前夜祭を執行す】

明日から大司命節に入る。

本日、早朝にお滝によって禊ぎの行事を修めた。大司命節に先駆けて行なったのである。

この期間は、自身の霊格はもとより祖霊の感格向上も期さねばならない。

昨年までは産土詣や出雲参詣をお勧めしたが、それは当然の事として、さらに奥の伝えが存在するのである。

今年からは、そういう奥義の神事・修法をおこない、祖霊の冥福向上をより強化している。

また、13日〜14日にかけて、秘伝合宿を行なうが、その中でも相応の秘法が授与される予定だ。

『大弁財天』の秘法などは、白眉のものである。参加者には口伝も交えて伝授するので楽しみにしていただきたい。

ともあれ、本日の重要神事は無事終了した。

繰り返し言うけれども、仁義を切らないで、身勝手な言い訳や解釈を言っている人間には、成功なんてものはありえない。

勝手に「大司命節」だといって、お祈りしても何にもならないことを付言しておく。


これはどこの誰の忘れものかな〜
 

改訂版 閑話休題【漫画;とくネコぱん】

【漫画;とくネコぱん】













閑話休題でした〜!



 

台風一過【あらたなる胎動! 大司命節はじまる】

台風一過【あらたなる胎動! 大司命節はじまる】 



昨日、塩川の大滝にて、お滝をいただいた。

側近Rが、はじめてお滝に入った。

一人が去ると、また一人が来る。まこと不思議なことですね。

先般9月16日(日)に、滝開きを行いましたが、これからお滝の修行の質が変わるという予兆がありました。

参加した方は、体感されていると思います。

昨日のお滝でそれが更に明確になりました。

つまり滝行の効用が、次の段階に移行したわけですね。

これからは修行の仕方次第で、大きな功徳が頂けるようになるでしょう。それはズバリ、才能開発の徳と、大きな財運が頂ける、そういうものです。

最高霊術は、戦前戦後の霊学者たちの修道の結晶、霊法の精粋を集めたものですが、これに関連して、昨日は少し違う護摩供を修しました。

今までも、神霊の感応は請うていましたが、主に霊地の諸精霊に煙供(煙にお香を乗せて供養する方法。チベットのサンと同じ)を行っていたわけです。

しかし昨日はそれとは違う、霊的な存在に強烈な思念をもって働きかける方法を行いました。

護摩の火焔に、塩川の霊地関連の霊的存在や諸精霊が感応しました。

具体的に言えば、塩川の霊地の、神祇や仏尊だけでなく、かつて居た修験者の霊や、周辺の霊的存在もすべて集めてご供養したわけです。

最高霊術も同じような原理の元に、修めてゆくのです。

今後は益々、霊的な働きかけをする修道、現実に功徳をいただく修道になってゆくのだと思います。

そうなのです!

あたらなる胎動は始まったのです!

大使命節は、本来10月9日からですが、すでに本日10月1日から予備動作が始まっています。

すでに来季の兆しが出てきているのです。

その意味で、10月1日(ついたち)の産土神社の参詣は、特に意味のあることなのです。

台風一過、あたらしい風は、すでに巻き起こっているのです!

あなたは、この風と流れに、大いに乗じて、功徳をいただかなければならぬ。

贈る言葉【第一期生 卒業!】

贈る言葉【第一期生 卒業!】


わたしからのメッセージです!
  ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Yue8U0lV8Bg

別れがあれば、出会いもある。

いつも先生は見守っているぞ!

 
あらたな出会い 洗足池のネコ  

一道を貫く【好きこそモノの上手なれ!】

一道を貫く【好きこそモノの上手なれ!】

モノの上手になり、生活してゆくことができるのは、その仕事なりが好きなのであろう。

そうでなければ、物事は上達しない。

道元禅師ではないけれども『道の中に衣食あり、衣食の中に道なし』なのだと思う。

神事(かみごと)とは何か?

それは仕事を貫くことだとも言える。

だが、モノの道理に反していては、上昇することはない。

このことは古くからの神祇(神さま)の御教えに、つらつら書かれているのである。

が、自分自身では見えなくなっていることが多い。

利害得失、毀誉褒貶があるのが、世間というものだ。

しかし、人と人との、心のつながりを絶つようでは、不可ず。

家庭のことや(婚姻・家族)、経済的な面、両親の思い等々のことが、人間の営みには作用する。

要するに時間と財力には限りがあるのだから、何を選択してゆくのか?ということである。

お互いに『去るものは追わず、来るものは拒まず』という姿勢でよいのだと思う。

でも、礼儀は礼儀であるのは否定できない。礼は尽くさねばならぬ。

だが、一言、云いたい!

『好きこそモノの上手なれ』ということが一番大切なことだということを。

誰がなんと言おうとも『自分が好きなことをやっていればいい』、
そうすれば必ず道は開く!
人生は自分のためにあるのだから。
 

ジャポノロジー叢談【新元素・ジャポニウムの認定!】

ジャポニウムとジャポノロジー

朝日新聞に以下の記事が掲載されていた!
-----------------------------------------------------------
新元素 日本、初めて発見か 認定ならジャポニウム?

 理化学研究所のチームが2004年に発見を報告した新元素が、国際的に認定される可能性が高まった。再実験の結果、新元素の詳しい性質が明らかになり、発見の確度が高まったためだ。発見者と認定されればチームに命名権が与えられる。日本が発見した初の元素として、理研は「ジャポニウム」などの名を候補に挙げている。
 元素は重くなると壊れやすくなり、放射線を出しながら、より軽い元素に変わる。ウラン(原子番号92)より重い元素は天然にほぼ存在せず、実験室で作ることによって新発見が積み重ねられてきた。
-----------------------------------------------------------
詳しくは朝日新聞なり、その他の掲載紙を見ていただきたい。

今朝、来月の合宿に向けて資料の整理などをしていた。

できるだけ分かりやすくするために・・・。

ふと、この霊学・霊術は、日本人の霊魂(たましひ)に根付くものであり、日本人である限り、体得できるものだと感じた。

このような霊法は、外国には出てこないだろうとも思った。

あっても亜流の憾みを免れ得ない、そう考えた。

そこでわたしは『これはジャポノロジーではないか!』と、心中深く頷いた。

ほぼ同時に『新元素・ジャポニウム』の認定記事を知ったのであった。
 


大司命節の秘機【玄霧に閉ざされし秘録】

【玄霧に閉ざされし秘録を授与す】


金文字にて謹製した「西華 西岳真形図」

本年も、まもなく『大司命節(の秘機)』がおとずれます。

人間を含めた、『萬霊の運命改定』が正神界の最高神によってなされるわけであります。

本年は霊的な秘機・啓示に従い、特別な秘録
の施行を実施する予定です。※今回の特別な秘録は「西岳図を含む五岳図ではありませんので、お間違えの無きようにしてください。)

この法は、施行するのに、準備がとても面倒なのもであり、さらに玄霧に閉ざされし秘密の符録なので、拝受しようとする者は、それなりの覚悟も必要です。

「秘録を受けたいのですがどんな内容ですか?」とか「伝授幣帛料はおいくらですか?」などと聞く人は、はじめから秘法を受ける資格がないと思ってください。

この符気・秘録は、人間界にては知ること能わざるものです。

密蔵の結縁受明灌頂を受けて、この秘録を頂いた者が、わたしの本当の弟子であり、『仙』を得る道に入ったと云えます。

どんな秘伝の秘呪を知っていても、これを拝受せねばお話にならない。

いままでわたしの門下生も幾人かはおりましたが、
あえてこの秘録のことは、伏せておきました。

そう簡単には、この秘録を授与することはできないので、仕方のないことです。

仮に、この世でこの秘録を拝受する機会を失ったということならば、もしそれがわたし自身ならば、知識もあるので、本当に絶望してしまいます。

受ける者は、『仙種(成仙できる素質者)』でなければならないのです。

しかし、この秘録の授与を企図しても、いざ謹製しようとしたら作成出来ないとか、秘録を(わたしが)忘却してしまう、材料が集まらない等々の事態が起こることも、充分に考えられるのです。

それくらい秘事中の秘事、幽事中の幽事なのです。

真剣に弟子になりたいという方は相談してください。

神許が出ましたら、それに従い授与することに致します。すべては徳次第、神様次第ということです。

川島金山 識 

いま全てが結実する!【自然智 塩川神社崇敬会】


いま全てが結実する!

【自然智 塩川神社崇敬会】
 



ここ数年で、滝行をやり、さらに気合法の修行をし、幾多の山々を登拝し、護摩供・神法・密教を伝授してきた。

お陰で修行者も育ってきた。本当にありがたいことだと感謝している。

様々な要素が重なって、塩川の霊場を再復活させるという、僥倖・使命を頂いた。我々は神霊との交流を為しつつあるのである。

すべての要素が重なって、一ランク上の段階にゆきつつあるのだが、ここに一つの困難が生じるのである。

それはいつも毎度のことなのだが、必ず人心に変化が生ずるのである。

良い方向への変化のみならば、それはよろしい。

しかし、ここでいうものは、あまり好ましくないものである。

二千年前の仏陀釈尊(お釈迦様)の教団でも同じことがあった。

いや、事情がどうであれ、人数に関係なく、起こることは起きるものなのである。

実は、このことについて、わたしなりの見解と、霊能によって看破した結論があるのだ。そのことを聞いたら世人は驚きの声をあげるであろう。

以下に、釈迦の弟子の声を記すことにする。真摯に謙虚に熟読玩味していただきたい。

『・・・沙門ゴータマ(釈迦)の弟子にして同梵行者たちとともに専心勉励していた者たちが、のちに修行をやめて還俗したが、かれらは師を讃歎しサンガを讃歎し、自らをこそ責めるが、決して他を責めないで、いわく、「われわれは実に不幸である。福徳少なきものである。われわれは是くの如くよく説かれたる法と律とにおいて出家したのに、一生それについて円満清浄の梵行(仏法の修行)を修することができなかったのだ」と。』(マジッマ・ニカーヤ77)

我見(勝手な見解と行為)・我執(自分の考えなどに固執する)・我慢(慢心)が出てくるのはどうしてなのか?

それは『福徳が足りない』のである。

『慈悲による行い』が欠けている、これが答えである。


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM