スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

秘仏:葉衣仏母 【インフルエンザ等に効験ある尊格】 葉衣鎮宅法

 葉衣観音・葉衣仏母
    (葉衣観音・葉衣仏母の図像)

新型インフルエンザも流行しそうなので、以前にお約束した本尊のことを記そうと思う。疫病などに効果のある仏は、葉衣観音である。

葉衣観音(ようえかんのん)または葉衣仏母(ぶつぼ)という。パラーシャ樹の葉をまとうシャバラ族の女性という意味を持つ仏である。シャバラ族というのは中央インド・デカン高原やその他の山間森林部に移住した種族のことである。恐れられていた部族であったことから、憤怒の尊として信仰されるようになったらしい。日本などでは被葉衣観音とも呼ばれ柔和相になった。三十三観音の一尊であり、住居から悪魔を祓い守護するという。また疫病などに効験を顕わし守護結界を張る。ベンガル地方からチベットで信仰されたという。
根本の種字・心真言は以下の通り。

(種字)ハラ
ハラ字

(ご真言)心真言
おん はらな しゃばり うんはった(日本版)
※胎蔵界曼荼羅観音院に座す

僕はこの尊の灌頂をカトク・リンポチェより受けた。
秘伝のマントラは『オン マナブカツ ○○○カワル サルワウタ ダルマダー パンマ ソワーハー』である。しかし、日本版の真言で充分である。

鎮宅法には不動明王の鎮宅法、文殊菩薩の鎮宅、葉衣仏母の鎮宅法がある。

その他、詳しいことは僕をつかまえて聞いてください。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM