スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ゲゲゲの一つ目の存在



今日は霊夢を見た。
霊夢は明晰であり、智恵の夢とも云われる。

わたしのラマも『夢のテルトン(埋蔵教発掘者)』といわれるお方だが、夢という点においては、わたしも沢山見るし、多くの霊夢を体験している。もっとも戯論の夢が多い訳だが・・・。

ラマの夢見は、凄い!書籍などで述べられているから、興味のある方は、お読みになると良い。そのような能力者が、同じ時代に生きており、教えを与えてくれる。こんなことは来世にあるかどうか保証はない。

大切なことは、教えを理解し、学ぼうという、勇気が必要なのだ。確かに主に英語で伝授されたりする。日本語しか出来ない方は、学ぶのに苦労する。しかし、わたしを見よと言いたい。きちんと理解し、教わった修行法は出来るようになっている。後から来るものをサポートできるようになっているのだ。

事実、大変苦労した。だが、わたしは元々仏教や密教を専門的に学んでいたので、それを土台にして理解し、統合することが出来た。

どのような法(ダルマ)にも、護法の神霊がいる。般若経には、守り神として深砂大将(通称:沙悟浄)がついている。ゾクチェンの教えにも、幾つかの護法尊がいる。その代表が、エカジャーティである。純粋にダルマを護る存在だ。

目、歯、髪の毛のふさ、乳房などすべて一つだけ持った姿であらわされている。原初のエネルギーが本質的に二元論を越えていることを人間的な形で表現しているという。図のような姿だ。

今朝の霊夢には、一つ目の存在が出てきた。なぜか目だけがギョロギョロしていた。夢の中では、なぜか怖くはなく、姿を何度も消しては現れた。護法尊だとは、すぐに認識できなかったが、目覚めてすぐに理解できた。

数日前から、予感はしていた。サマヤを意識しなければならない。修行をすればするほど、サマヤを守らなければならない。密教やゾクチェンはそういう教えなのだ。

すべては自分のエネルギーの顕現であるという、見解に立ち、その三昧に入り続けること、その努力を無作為にすることだけが、ゾクチェンの唯一のサマヤなのだ。霊夢に出現した、エカジャーティは、あらためてわたしにそのことを告げてくれたのだと思う。



スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 23:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM