スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大司命節【祖霊祭・霊讀会 神僊への道を拓く】

大司命節 【祖霊祭・霊讀会 神僊への道を拓く】

昨日、大司命節・祖霊祭を執り行った。

修法中、神界よりのご啓導があった。

その後、霊讀会ということで、古事記の一説を取り上げて、幽玄なる教えを説いた。そういう意味で記念すべき第一回目であった。
(※国津神についての講話をしたのである)

大司命節の最中にこういうことができるのは、決して偶然ではなく、正神界からのご助力があるからなのであろう。

修法中のご啓導とは、手箱神山に関するものであった。

わたしは神僊への道が拓いたと感じている。

たしかに天仙、地仙の相違はあるものの、産土別持の司命神(うぶすなわけもちのしめいしん)の眷属神霊に所属してゆく道が拓かれたものと感じている。

その由縁により、わたしは講話の最後と、その後の茶話会で手箱のお話をしたのである。

来週11月4日(日)にも、祖霊祭が執り行われ、合宿の復習会が行なわれる。さらにこの日は、『弁財天尊』のご縁日である己巳の日であるので、この尊天の法の復習会と祭礼を行なう。

昨日は早朝に禊ぎをしに滝に赴いたが、4日もおこなう予定。

偶然ではあるが、弁天様の日なので、企画を考慮中である。
 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 12:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM