スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

霊夢:仏塔からの霊水 【チベットの大阿闍梨:奇跡のテンデル】

 カトク・リンポチェ テンデルの映像
    (奇跡のテンデルの映像)

皆さんは【テンデル】というのをご存知か?
聞いたことがないという方がほとんどだと思う。テンデルは以前に紹介したテルマに似ている。テルマとは埋蔵経であり、その埋蔵経の出現に似ているのである。テルマはカマというものを補う形で出現する。カマとは伝承の意味であり、根本の経典だ。カマに記されている教えや法が効かなくなってくる。このことは法脈上の修行者がサマヤ戒を犯すことで発生する。そのような時に、法脈・血脈を浄化し蘇らせる、それがテルマである。

チベットの密教はそのように伝わってきた。だから今でも教えが生き生きと存続しているのである。テルマを発掘する聖者をテルトンと言い、古い昔から予言されてきた。

テンデルは見るだけで解脱の因を生ずるものだ。仏の教えと因が生じる大変「縁起」の良いものだ。能力の有る人ならこの象徴から教えを受けることも出来るだろう。因果経に「内に因あれば、外にこれを助ける縁あり」と説いている。助縁という。大切なのは因である。密教では「依報浄らかざれば法験得難し」という。環境も含めた縁起が法の成就の成否をもたらすのである。

写真をご覧頂こう。これはカトク・リンポチェのお姿である。何の変哲もない写真のようだが少し違う。リンポチェの手前、向かって右側に『透明状のトルマ(霊物)』が出現している。これが一種のテンデルなのである。

実はこの写真を10日ほど前にずっと眺めていた。前から所持しているが急に気になりはじめたのだ。その日の翌朝、霊夢を見た。大きさは120cm〜130cmほどの銀色の金属で出来た仏舎利塔(カスケットという)を解体している内容だ。実際にカスケットは南方仏教では釈迦のご遺骨を入れる容器なのであり、丁度真ん中あたりに舎利を置くようになっているものもある。解体もできるのだ。僕は夢の中で、舎利を置くようになっている蓮華の部分を見ていた。すると中から霊水が出てきて頭にかかった。そんなストーリーだ。

その日以来、滝行における状態が変化した。また『七宝が家に満つる』という滝行の方法を実践する時が来たと感じた。このように人の因により教えは伝達される。密教というものはそういうものだ。

本をひっくり返してもネットで検索しても本当の秘伝は分からないのだ。法は人に拠るのである。生きている人によって、そして口伝や以心伝心によって法は脈々と生きているのである。

11月8日の滝行修練会では『七寶満つる滝行真言法』をお教えします。密教は悟りを得るということだけでなく、世間的な功徳もある。不況の中、このような手法を使って荒波を悠々と渡って頂きたいと念ずるものである。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM