スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

聖なる山へ【カイラス山へ 秘密の場所チュルン】


カイラス山北東面 やがて巡礼路から姿を消す

カイラス山は、標高6656メートル。

7千、8千メートル級の山々が踏破されているのに、この山を踏破したものはあまりいない。

ヒンズー教でもチベットの土着宗教ボン教でも、聖なる地とされている。

ヒンズー教では、シバ神が坐すといい、ボンポでは開祖のシェンラプが降臨した山とされているのだ。

インダス川上流に位置する。巡礼ルートは「チイコル」「パルコル」「ナンギイコル」という3種類がある。要するに小さく回る、大きく回るということである。しかし、そこにはルールがあり例えば、チイコルという一番外の巡礼コースを21回、回ったものだけが、中間のパルコルを許されるという。

このカイラスに「チュルン」という秘密の場所がある。

ここでアユ・カンドーという女性の大成就行者が3年間の修行をしたのである。

アユ・カンドーは115歳まで生きたゾクチェンの大成就者であり、わが師ナムカイノルブの師匠のお一人である。

死後に「虹の身体」を実現した方でもある。

わたし自身はこの成就者との因縁があり、この方から来ている法を大切に心の真ん中に置き修行を続けている。

もう14年も前になるだろうか。ゾクチェンの真髄の修行の伝授を受けた。この教えの相承にアユ・カンドーはいて、ナムカイノルブ師はカイラスに巡礼して、或る洞窟で小さな経典を発見し、その経典こそがアユ・カンドーが用いていたものであり、それをそのまま伝授してくださった。

以来わたしは、ひたすらこの経典の成就のためにゾクチェンの教えを意識していると言ってもよい。

そういうわけでいつの日にか、カイラスへの巡礼を果たしたいのである。

その聖なる場所、「チュルン」は、わたしの魂を呼び、巡礼を欲している。
 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 17:27
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM