スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

金山の説法【真の仏縁を得る方法とは】

如何にして真の仏縁を得るのか?

帰依仏 帰依法 帰依僧

現在『出離』の解説を行っているが、このことの理解と修行を経ずして、仏教や密教を修行したことにはならない。

たとえ神祇のほうの修道をしても、ものにはならない。いつも言っている通り、正神界からの転肉者は別であるが・・・。

人間として生まれたからには、人間としての修道・修行の過程というものはあるのである。

人間としてのあり方のなかで、最高度のあり方は菩薩になることであろう。生きとし生けるもの全てに自分の積んだ功徳を回向し、一人残らず衆生が済度されるまで、自分は涅槃に入ることができるのに入らない、それが菩薩という存在である。

我々は五毒(貪・瞋・痴・慢・疑)にまみれており、自我意識の欲貪(エゴ)に心は満たされている。そんな存在が、菩薩のような心には成れないのである。そう思っていると自認するものがあるならば、それは増上慢、戯論妄想である。

我々は菩薩の『ぼ』の字にも成っていないのである。

では、菩薩の出発点はどこからはじまるのか?

それは『帰依』『四つの出離』『発菩提心』の修行である。この基礎を充分に修行したのならば、輪廻から解放されることは半ば出来たも同然である。

修行の要諦は、『帰依・菩提心』『三昧(正行の修行)』『回向』にあるのだ。この三つのない修行はあり得ない。

これらは一言で言って『信心』である。弘法大師は、三種の菩提心を説いており、この総体を『信心』なのだと言われている。帰依し信心が完成したら、すでに『成仏』しているというのである。

輪廻に於いて、唯一の護符は『信心(帰依・菩提心・三昧耶戒)』である。これが身に備わっていることを真の仏縁というのである。

このことは仏教・密教の修行に於いて最高の口伝であり、秘訣である。本当に真剣に修行に打ち込むよりほか、これを体得することはできない。これができれば後は自在であり、時間的な問題だけである。

ここまできてはじめて菩薩の『ぼ』の字を目指しますと言えるのである。

菩薩になるくらいでなければ、最高正神界に至ることはできない。

真の仏縁とは何か?とのご質問が出たので言えるところまでは述べた。

昨日、2名のことについて述べたが、それとても他の方々と紙一重なのである。全員、『出離』の修行をひたすら行うようにしていただきたい。

名古屋在住のAさんが3月31日に来院されたが、わたくしは説法座を用意し、如法衣を着して、帰依を与え、『出離』の講義をした。その上で、個人指導をしたのである。もちろん例外なく言うべきことは言わせていただいた。要は、たった2時間弱のために、新幹線に乗って来られたという事実である。

教えを乞うというのはこういう態度をいうのである。これなくして教えの扉は開かれない。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:12
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM