スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

金山の説法【正しく理解し実践することの難しさ】

帰依仏 帰依法 帰依僧

先月25日に、個人指導および『出離』解説をした。そして実践の方法を教授した。

その後、何ら問題が無いようであり、一つの質問もこない。

わたくしに学ぶ修行者たちは出来が良く、上品・上根の修行者だから、一度聞いただけで全て了解してしまう、そういう一切智者なのであろうか?

仏教では、上品・上根とは非常に能力の優れている修行者のことをいう。

仏の教えを述べる場合、必ず『勧請・随喜』というものがなければいけない。できれば『七つの項目』が整えられる必要がある。

こういうことも一切智だから既に分かっているのであろうか?

こうなってくると、師匠というものは必要がないのではないか?

はじめから、一切すべてが分かっているのだから・・・。

率直に言うと、誰一人も真の仏縁を有しているものはおらなかった。

わずかにT君だけが、梵の行いを有している。あとわずかに有るのは、Uさんに可能性がある。その2名も輪廻の中では、風前の灯の如くである。

このことは、わたくしにとって大変にショックな出来事だった。

実際のところは、思い違い、怠り、小乗、知ったかぶり、増上慢、妄想、自分のことばかり・・・等々。真実は、こういう具合である。まさに末世の衆生である。

一番よくないのは、師と対等であるかのように知ったかぶりをすること。明言しておくけれども、そういうのは100年経ってもわたくしと同等の境地にすら到達できませんし、本当に教える気が失せてゆく。

わたくしとしては、心から自分より才徳のあるものを求めている。わたしを踏み越えて大成する人材の出現を念願している。だが、そんなことは及びもつかない状況のようである。

だから、自分の修行だけをしたほうが良いということで、予定すら出さないでいる。今までだって、わたしは一人で修行してきたのである。

仲間ができたからといって、妥協して言いたいことも言わなくなるほど、わたくしは老いてはいない。誰とも徒党を組まないことをもって、誇りとしている。

一つ言っておくと、『接心』というものは、あなた方が想像もできないほど色々なことが分かるものです。たったの20分だったとしても・・・。

とにかく『増上慢』を起こさず、正しい理解と正しい実践で仏縁を深めてほしいと願うものです。あなた自身のために。

菩薩の心、菩薩の家系にすら入っていないのに、片鱗さえないのに、途方も無いことを口にしないこと。上のこと全て厳しく戒めておきます。


川島金山 厳書

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM