スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

霊術が現前す 【大己貴命 直伝の秘印による帰神法】


入滝して『帰神法』に入っている川島金山(撮影;庄田先生)

入滝して帰神法を行うことを実践したのは、霊学講座の著者;松本道別翁である。

そのことは写真の資料などで残っているから分かることだ。

いまの時代に滝行法を修行し、その中で気合法を行い、さらに帰神法を実践しているのは、おそらくは吾が会の修道者たちだけであろう。

まさしく時代を飛び越えて、霊術・霊学が現前しているのである。

滝中に於いて力を抜きつつ、下腹部には適度な力が保たれていることが大切である。

松本道別翁の教えでは、帰神法の時に組む印契は、大己貴命(おほなむちのみこと)
 直伝の秘印なのである。印契(いんげい)のことを別名、「爪櫛の契り(つまぐしのちぎり)」というのだが、幽契(幽界との契約)の有る印契を結ぶことが、秘訣だと言える。

この部分が、本田流の流派との大きなそして決定的な違いである。このことをよく覚えておいていただきたい。

大己貴命(おほなむちのみこと)とは、大国主命のことである。

実は「塩川の大瀧」は、元は大己貴命がご祭神だったのである。この神と清瀧権現(青龍)が祀られていたことは、密教の教えとの深い関係がある。

塩川で密教の法による滝行を修し、帰神法の修行を行うことは、真に稀有なご神縁というべきことであると思う。

必ず神霊は感応して、心根を浄化し、『霊的アイディア』を修道者にもたらすことであろう。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 16:10
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM