スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

秘伝;真観表を作成する(3)【神鑑法の製本出来】

 
幻の書『神鑑法』『真鑑法』を合冊製本した私用本

秘伝;『真観法』を研鑽してゆくにあたり、先ずは私用の本として製本してみました。どうですか、皆さん良い出来でしょう。

「こういう企業努力が大切なんだよな」とわたくしが言いましたら、側近Rが「利益を追求していないのだから、企業とは言えない」と突っ込みを入れてきました。

わたくしは一瞬なるほど!と思ってしまいましたが、すぐに「物質的ではない利益を追求しているのだから、企業努力と世間の用語で言っているだけだよ」と詭弁を弄してしまいました。

国が将来の年金給付の為に、消費税云々言っている、このご時世に「日本的な力の根源を遺してゆく」なんていうのは、まったくもって時代錯誤・頑迷不霊です。わたくしは「化石」「石あたま」なのでしょう(笑)

だが『真観法』は、間違いなく人類を利益します。これは、日本独特の観察の知恵でもあります。

整体のほうに『遠隔輸気』というものがあります。方法としては、具体的には「遠隔気合法」になるわけです。しかし、整体では『心の距離』ということを言います。その距離が無くならないと遠隔はできないというのです。

本当にそうでしょうか?

整体の開祖がそういう様に言う。すると後の中途半端者が、同じことを言い出す。あるいは気を感じるのです、みたいなことを言い出す。本当にそうなのか?

人間、洗脳されておりませんと、便利なもので、ここは違うなと判別ができてしまう。その意味で、野口整体などは、すでに見切っています。どこが貴重で、どこが怪しいのかということを。

言で言えば『神鑑法』の遠隔感応法で、鑑定すれば、人が死んでいるのか、どこかにいるのかも自在に分るものです。野口先生などは、『心の距離』などと言いますが、それは組織防衛、詭弁です。

ズバリ『神鑑法』で分るのですよ。『あらたなる真観表の作成』ここからわたくしの【整体療術(霊術)の革命】は始まる!


スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 18:25
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM