スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

女性の修道法(2)【神僊房中瑜伽法という修行法】

昨年11月末に、神拝中『瑜伽の修行をせよ』という強烈な意思が認識された。確かに自分の発想していることなのであるが、強烈な意思なのである。

つまるところ『霊法』の核は、瑜伽(ユガ)ということに尽きのであろう。ヨガ・ユガは通常『ヨーガ』という。『結びつける』と意味である。

何と何を結びつけるのかというと、『ブラフマー(梵天)』と『アートマン(真我)』である。ブラフマーは『宇宙の太霊』、アートマンは『宇宙の分魂』というように理解すると分かりやすい。

大宇宙の太霊から分かれ、我々は生命に与れる。わが国の『古事記』の教に似ているが、ほぼ同根のものである。

インドなどにゆき、本格的にヨーガ(瑜伽)の修行に入ろうとした方はご存知だと思うが、奥にゆくと、ここから先は女性は入れないということが出てくる。事実あるのである。日本の修験道などでもそうである。

さまざまな修道をしている欧米や最近の日本女性も、こういう点に噛みつくことが多い。

確かに昔、差別を受けていたということはあると思うが、身体の構造が違うので、修道の仕方の違いが出てくるのは当然という点もある。

共通に行うべき修行もあるが、男女で種類の違う修行もあるのである。太真西王母は、そのことを太古の教えで示されておられる。

すなわち『神僊房中瑜伽法』である。本来の名称は『房中法』『房中術』なのだが、修道法としての内容を示す為に、わたくしが敢えて名付けた名称である。




スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 19:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM