スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

辰歳へ向けての年筮会【心を統一して易占をする】





本日は毎年恒例の「年筮会」であった。

大切なことは、どんな卦を得ても、それが絶対ではないということである。自分の対処の仕方で、どうにでも変化してゆくのである。

霊学講座やスカイプ講座などで、このことはお話しているが、我々の根本は「霊魂(たましい)」であり、一霊は産土の神から付嘱されているのである。その一霊は「直霊(なおひ)」という形で感得することができる。表面に出てくる性質は「義(よし)」という性質として働く。

要するに「霊魂」を磨き、「直霊」を悟り、真実の「義」をもって生きる。これがヒトの最も正しい生き方なのである。日本古来の教えというのは、このことに尽きるのである。

年筮にて、よくない卦を得たからといって、大したことではない。霊魂を磨き、義の心をもっていれば、事態は必ず開けてくるのである。

開くという字は、門に鳥居。つまり神の教えの通りにすれば、開くことを示唆しているのである。

今回は、来る辰歳(立つ年)に因んで、立つための深い祈念を行った。また「音霊法」を行って心の統一、耳削ぎ(みそぎ)をも行った。

皆さん、様々な卦を得られたようである。

こういう世界に足を突っ込みだして、30年以上になるが、ようやく人間の運命の一大秘事・一大法則を悟得した。遂に「画竜点睛」を得たのである。

特筆すべきは、来るべき年に備えて、須勢理姫大神の神界におけるお姿秘符・拝禮法を先達門人に伝授した。これは冬至に行うべしとのお知らせがあって実現したことである。
 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 23:06
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM