スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

霊夢【『神鑑法』の精読・来る年の示唆を得る】

 

一昨日は、「皆既月食」だったわけだが、翌日の早朝に、明らかなる『霊夢』を見た。

いつも言うことであるが、霊的な夢の場合は、非常にはっきりとわかるものである。

非常にリアルであり、現実・日常生活に戻っても、その時の感触や会話などが、ありありと甦ってくるのである。そして、示唆に富んでいる。

こういう霊夢を見たときには、特に「夢に力をつける」ということをしたほうが良い。

吾が法門中には、『大夢感法』『自然智の光明の夢』等々の修行法がある。霊夢の認識や活用は、その一端である。

先に述べた霊夢では、桑田欣児著の『神鑑法』をわたくしが体得しており、それを或る方々に説明するという設定であった。

また、夢はわたくしの未来の立場というものを示していた。

その他に、人知では計り知れない、一種のお知らせが含まれていた。

しかし、一番現実と結びついていたことは、桑田欣児先生の『神鑑法(真鑑法ともいう)』をわたくしなりに掴んでいたということであった。

そういう内容の夢だったので、すぐに『神鑑法』を個人的に製本して、持ち歩くことにした。今までよりも更に深く徹底的に体得するべく、体勢を整えることにした。来る年の課題とも言えよう。

持ち歩いていると、本当にしっくりとしている。不思議である。

このところ摩訶不思議なことがある。電気的なものが、急に壊れたり、止まってしまうのである。大体が、桑田先生の霊術について考えている時、もしくは極く最近つかんだ真言秘密の法について思っているときなのである。

電気的というか、気の高まりの様なものの作用なのではないかと考えている。実際のところは、霊界の桑田先生や真言秘密を伝えた方の霊的存在からの霊気みたいなものなのではないかと思う。これはわたくしの偽らざる実感である。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 01:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM