スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

手箱神山へ【玄霧に閉ざされし秘道】





『大司命節の秘機』の期間に、手箱神山への登拝巡礼を行った。

ベストコンディションの中、再度登拝したのである。

この山に登るだけなら、ちょっと体力があれば誰にでも出来る。

だが、如法に巡礼し修道することは、ほとんど不可能である。

しかし、もし幸いにしてそれができたら、一度で10年分の修行の果報を得ることが出来ると思う。
このことはわたくしの30年の修行の経験上において明確に述べることが出来るものである。

今回の登拝の行者には、11月8日の大司命節祭典 結願奉告祭日の改定に伴いお渡しする『授仙証』を先んじて伝授した。

これを持参して彼の神山に登拝した修道士は、近年ほとんど稀である。

わたくしたちは『成仙法』の根源の修道法を遂に見つけたのである。

わたくしと同じように、身体心霊において感得したのが、弟子の松浦である。わたくしにおいて、彼は『法の上の我が子』である。

この神髄の修行参加に関しては、わたくしと弟子の松浦の『考え・認定』が一致しない限り、何人も許可しないものとする。

この修道方法をば、或る大尊神より、吾れらは付嘱されたのである。

斯道の修道士においてこの方法を会得した者はほとんどいない。記録にないのである。

改定日には、それぞれに改定の証をお渡しするが、何も授与されないからといって、尋ねたり、聞いたりしてくるような愚かなことだけは止めて頂きたい。

来年・来期から、我が会の修行が、更に境地の上がるものとなることは、神界によって認定されたということである。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 02:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM