スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大司命節の行事【出雲大社分祠社への参詣(秦野市)】

本日、出雲大社分祠社である秦野市;出雲大社を参詣した。

その前に、参加者12名と共に、塩川の大滝で『祖霊冥福祈念・滝行禊ぎ法』を行った。

わたくしは、昨日の早朝に出雲から帰途に着いたのであった。準備などして、そのまま皆さんとお滝参拝に出かけたわけである。しかし、疲労感は感じなかった。

霊法を追求して30年。ご縁のある皆さんの祖霊の霊格向上・その方自身の境界に進捗を思うとき、そのことに役立っているということだけで、勇気が元気が出てくる。修行者としての幸せはこういうところにある。ご縁ある方のために、差別なく祈る。ここに行者の面目がある。

塩川の大滝社の尊前で、例によって護摩法を一座行じる。この護摩は、神仏や土地神・ご眷属へのご供養である。同時に、修行者の「内部の火」に霊力を点ずるものでもある。霊符の密用により、体内の悪気・邪念を祓い、外部環境の邪気を祓うのである。

いつものように礼拝し、『天の鳥船行事』を行う。祓戸之大神を念じて、禊ぎをする。

今回は、祖霊の冥罰・冥罪・冥咎などを、滅罪し生善する目的で修行した。こういう滝行法もあるのである。ここには『幽理』が存在する。

自分の『霊魂』を清める。このことを皆さん理解し、よく修行していた。

しかし、中には「憑依体質」の人もいて、よくよく気をつけてほしいと思う。わたくしの指導が入った時には、みなさん素直に聞いて、指導の通りに修行していただきたい。

その後、八菅神社にゆき、礼拝。昼食を楽しく摂る。

出雲大社の分社である、秦野;出雲大社にゆき『大司命祭文』を読み、幽魂の安鎮を祈念した。

前日に島根の出雲大社にゆき、翌日には分社に参詣。このことで、はっきりと「気線」が繋がっているのが分かり、貴重な体験をした。

まだ、大司命節は続く。皆さんも祖霊の冥福・霊格向上、自身の境地進捗を願ってお過ごし下さい。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 08:22
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM