スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

幽魂の安鎮【三つの関門を説く】

仏教などでは、三解脱門等というが、いまから述べることは、それとは違うものである。

仏教の解脱などというものは、神祇のほうの「得仙」「成仙」に比べたら、足元にも及ばないものである。

一昨日、「大司命節祭典」を執り行ったことは、すでに書いたが、その祭典の後にわたくしは講話を行った。講話のテーマは「幽魂安鎮の三関門」であった。

幽魂の安鎮には、三つの関門がある。

このことは知っているようで多くの人が知らない。宗教を本業としている人間も知らない場合が多い。というよりも大半が無知である。

死者のお弔いをして法外な冥加金を貪っている坊さんなど、霊魂の行方などには、まるで無知であり、「霊視・見立て」もできないのに、戒名料やお布施をいただいている。こういうことをしている連中は、死後に間違いなく「〇〇の一丁目」にゆくことになるでしょう。

幽魂安鎮の第一関門は、産土神のお計らいにより、厳正なる祓いを受け『ヒキュウ』と呼ばれる幽宮に赴く。ただし不徳の幽魂や神祇不敬、邪教崇拝の輩は、産土の神の導きは受けられない。不徳の者は、即、冥罰界や邪霊界・悪魔界に行ってしまう。

第二の関門にて、幽宮(「ヒキュウ」)に辿り着く。ここは大国主大神の幽宮であり、厳正なる取調べを受ける。

第三の関門。大国主大神の裁定により、各霊界に振り分けられる以後は、その界の厳律に遵う。霊格の向上などは出来ない。これができるのは人間のみである。
また、すぐれた霊魂は、少名彦那大神のご啓導受けて、大霊壽真などの神位をいただき、皇神(すめがみ)として司命(ウブスナ)の働きをするようになる。これはごく稀である。

出雲大社に参詣して、祖霊の霊格向上を祈念することは、第三関門の段階に至っている祖霊を助けることになる。すなわち、境界の遷移である。殊に大司命節の期間は重要である。

「完全無欠の幽魂安鎮秘詞」の威力の一つは、この期間中に於ける祀りにおいて発揮される。

また、第一関門は50日間であり、このときに密用するのが『霊魂安鎮霊唱』という大神仙直授の秘伝である。わたくしは仏教の49日間の密教の法も行うが、神法と仏仙系法それぞれの法式は、狙いと祭祀修法の対象が違うのである。この点、詳しい解説が必要である。

諸人よ、よくよく「三関門の理」を理解して、この期間の祖霊祭祀を怠らざるよう望むものである。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM