スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

幽魂安鎮の神事【大司命節祭 恙なく御祭りを行う】

昨日、大司命節祭典を恙なく事執り了えた。

大司命の神々が、簿録の改定を行う「幽事(かくりごと)」 、いまはその期間である。

誰がどんな屁理屈を言おうが、11月8日から「万魂の運命改定」「幽魂の境界遷移」は起こるのであり、所詮人間の知恵知識など及ぶところではない。

治療の世界にいると、整体大好き人間などが寄ってくる。大体が、マニア仕様の人物であり、正直さや実直さに欠けている。自然な長い付き合いができないのである。

計算高く、目先ばかりを見ている。この頃は、こういう類の人間が来なくなったので、非常に助かっているし、気分が良い。

大司命節の御祭りを斎行するまでになっているから、清々しい方々しか今後は集うことはないであろう。

産土神のお働きをつかんで、実地に自分の中に正真の信を打ち立てる。こいうことを目指し、更につかんだ者だけが、「幽魂安鎮の法」を修することができるのである。

祖霊や無縁の霊魂を問わず、幽魂安鎮を導くことができるのは、正真の信を得たものだけである。

昨日、祭儀の直前に、特別な伝法を先達衆に行った。それは、「完全なる霊魂安鎮秘詞」の伝授である。彼らが、わたしの代わりに「霊祭」をできるようにという思いからである。

霊魂の供養をしてゆくと、陰徳が出てくる。微妙な幸運がつきまとう。特に修行の方面では明らかに現証を伴う。

彼らは、2年3年と、わたくしと共に「寒行」を続けている。このことについて、理屈はない。やったか、やらなかったのか、ということだけである。

秘伝は、個々人に伝授してゆく。これは当然のことだと思うし、諸人のご理解を願う。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 07:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM