スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

深秘の教え【霊体進化の階梯とは】

霊体とは一体なんであるのか?

この先生は、指圧師・整体の先生なのに不思議なことを言う、といわれる方も多くいると思う。

その昔の霊学者や霊術師(=療術師)は病気治し・病気治癒を本業としていた。

彼らは、身体の深奥には幽的な体があるという前提で、その部分に光や気を当てて病気の治癒を促していたのである。だから、わたくしも同じように考え施術をしている。たとえ表面上は指圧や整体でも、根底には霊的な治療が入っているのである。

それゆえに気や神気・霊気、霊体などについて言及するわけである。

この技法が、輸気法・霊気法・霊光線療法・人体ラジウム療法などの方法だということである。今で言えば、気功法というものが、非常に近いわけであるが、霊術の場合は、神祇・神霊・心霊というものが、建前としてあったわけで、非常に宗教的であった。そこが気功法などとの大きな違いである。

わたくしの考えからすれば、霊的な技法のすべてについて、産土の神の教えなくして、成り立たないと思うのだが・・・、過去も現在も、この大切な認識が欠落している者が多い。

さて、『霊体』である。

わたくしの言う霊体には、いくつかの種類がある。

『幽体』『霊胎』『権胎』『玄胎』『真胎』『神胎』等々である。

幽体・・・霊的な身体。死者の霊などはこの体。修道しなくても出現す。
霊胎・・・正真の信仰や積善功徳、魄(はく)を七割方無くする事で、この体が生ず
権胎・・・これは正真の信仰・積善などだけでは、絶対に到達できない。方法と資格が要る。
玄胎・・・これは神界に到達せる者のみが得られる。人間の修道の極致。
真胎・・・この境地は人間では到達できない。
神胎・・・これはもはや神そのもの。はじめから神であるものの本体である。

権胎まで到達した段階を『成仙』と呼ぶのである。

いずれも前人未到ともいえる段階だが、必ず先師・先達の道しるべを糧として歩めば、到達できる。秘密の知識というものが、頭の中に出てくるので、明確にわかるものです。

これらの境地を実地に指導できることの喜びを、わたくしは噛みしめています。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 08:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM