スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大司命節神事【出雲大社代参のこと】

10月9日をもって『大司命節の幽事』が始まった。これは11月8日まで続くのである。

我が会では、10月9日〜10日神奈川県山北にて、霊学秘伝合宿が恙無く行われた。上々の成果を残したと思う。その模様や記録写真などは、後日皆さまにお届けいたしますが、今日は「幽政・幽事」について述べたいと思う。

本年は、幽政の大執行の期間に、出雲大社にゆき祈念することをお勧めしている。このことは由縁あってのことであり、畏くも出雲大社は、正神界の九羅殿の現界的表現であるとされている。

この殿には、大国主神がおわしまし、幽政を執行されている。大司命節の期間は、万霊の運命改定が為されるのであるが、それは少名彦那神が首座として司掌されている。殊に幽魂の霊格の高下は、大国主神が司掌されているので、この期間に、祖霊の冥福を祈り、境界の向上を祈念することは、大変効果的な方法であるといわれています。

非常に功徳が高いわけです。さらに幽魂安鎮の法をもって祈念すれば、まさに「鬼に金棒」の憾さへあります。

しかし、現界の諸事情により、ゆけない修道者もいるのでないかと思うに至りました。

そこで「出雲大社への代参」ということを発案いたしました。神拝の折、祈念すると「よきめでたきことは是れおこなえ」との文字が頭に浮かびました。そういう事情により、代参をうけることにしました。

代参と都内近県「出雲神社まいり」について、詳しくは先達の方々より発表があると思います。賛同した先達衆の幾人かが講元になり、詳細をお知らせすることになります。費用は基本的に無料。ただし「出雲大社」のお札をいただきますので、その幣帛料は各自負担です。一人ひとりの祈念を完全な形でわたくし(川島金山)が代わりに行います。

この期間すくなくとも祖霊の霊格向上を願い、大司命祭文を毎日奏上して、幽事の順調を祝うことは、大変な功徳を生じます。怠ることなく、ご祈念されることをおすすめ致します。

10月16日(日)(午前11時開始)には、『大司命節祈念祭』が執り行われます。また、その後講話がございます。
 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:38
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM