スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

近未来啓示【大司命節の秘機 直前に・・】

さて、明後日から「大司命節の秘機」がはじまる。

昨年の秘機、すなわち「幽政・幽事(かくりごと)」では、大変な大変革がなされたことと推察する。

我々のような凡夫に、神界の幽政は知るべくもないが、幽において決まった事項は、必ず顕世(うつしよ)に反映するのである。

産土の範囲改定が大きくなされたということであろう。

要するに「水」の領域の変化が大きかったわけである。このことは、尚つづくものである。わだつみの神々が大きく関与せる、我が国においてこのことは由々しき事態であると言わねばならない。

「水」の災難(まがこと)を軽減するという一条が、吾が会の「滝行法誓願」に導入されることになった。修行者ご一同は、このことを深く心に刻んでいただきたいと思う。お願いする。

今年は、皆さんに「出雲大社参詣」をお勧めしている。「幽政」において、自分だけでなく、祖霊も含めた、あらゆる萬霊の簿録の改定がなされる。「大司命節」とはそういう期間なのである。そのために「特別な祭文」があり、修法がある。

「出雲大社」に参詣して、祖霊の霊格向上を祈念することは、非常に陰徳功徳のあるものなのです。産土の神社に参ることも大きな功徳です。

また先祖の奥津城(お墓)に行くにも、その前に墓所の産土にゆきお願いしてからゆくと功徳この上ない。こういうことは、仏教のほうのお坊さんでは、ついに分からなかったことなのであります。

秘伝合宿において、大司命節の開白奉告祭を行う。祖霊・萬霊の霊格向上・滅罪生善を願うのである。

そう、近未来の啓示である。

ごく最近、神拝の折、感得した。

10月2日の塩川の大滝での禊ぎ行のあと、寒川神社に参詣し修祓を受けたが、そのときに同行の修行者には、お話した。「〇〇〇〇についてである」。 

来年の行方、変動は何の「天の氣」が動くのであろうか?

しかし、個人の運命改定もこの期間の積善功徳で決まってくるのである。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 21:39
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM