スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

幸運の女神【七夕祭・ほおずき市について】

昨日は、七夕祭であった。

わたしはこの七夕祭の祈りというものへの思い入れが強い。自分自身が先師先達のお示しによって、この祈りで道を開いてきたという自覚があるからである。

七夕ではお祈りをするという既成概念を使って、深い意識を動かしてゆく方法を実践する。その方法も単純明快であるが、解析してゆくと、実に道理にあっている。

いままでいくつもの潜在意識コントロールの方法をみてきたが、野口晴哉先生の示した七夕の方法を越えるものはない。そのようなわけで、七夕祭を重要行事として位置づけているのである。

開眼供養法要
開眼供養法要

さらに今年は『太眞西王母尊像開眼供養法要』を行った。わたくしのところには2体の尊像があり、今回は1体を開眼した。チベットなどでいう「ラプネ」という方法で、詰め物をして封ずる。その後に修法して御霊(おみたま)を込めるのである。入魂法、開眼法、お性根入れなどと言う。

ご参加の皆さんの多くが、法要後に「西王母」の尊顔が変化したと言っていた。ニコニコふくよかで、笑っているというのである。まったく不思議であった。

法を修していて、今回ほど「降臨を願う修法」の感応が素早かったことはない。今までで一番だ。まるでむこうの側から来たという感じであった。

参加者のなかには、はじめての方もおれば、数回参加者もいた。西王母の祭りだから女性の方が多かった。西王母は、女性の最強の守護神なのである。自然にだが、必然性があるのである。

その中で、I先生には野口晴哉先生の『回春秘道』という小文をご持参いただいた。この文章は、「全生新聞」のなかで発表されたもののようである。

驚いたのは、野口晴哉先生が『之は西王母の秘伝だ』と言っている箇所だ。

わたしなどは、野口先生を考える時に、師匠の松本道別翁との関係で考えるので、今回の件は「裏づけ」になった。もちろんいままでも同じことを言ってきたが、あの野口晴哉の口から『西王母うんぬん』と出るのは、不思議な感じがする。

なぜそれが今わかったのか?なぜ七夕の日なのか?考えてもわからない。ご縁とご縁の積み重なりなどによって機熟し、世の中に出てきたのであろう。昨日をもって、西王金母が再び胎動し始めたと言ってよい。

平成23年七夕祭
七夕の飾り・短冊

短冊で願掛けをし、易占で今後半年の運気を観て、みなさん楽しんで居られた。総勢18名だった。庵は狭いので、このくらいの人数がよかった。

直会では、塩を肴に伊勢の銘酒「白鷹」を飲んだ。これは美味だった。パンやケーキ、お赤飯・お菓子、羊羹に野菜スープとみなさん沢山の手土産をもってこられ楽しみました。

見ておりまして、参加者が楽しそうで、幸せそうだったので、わたしはとても良かったと思いました。

さて、明日は東京浅草観音の「ほうずき市」です。功徳数万倍のお参りです。あわせて待乳山聖天さんにもお参りします。

つまり昨日も明日も「幸運の女神さま」を参詣するのです。世俗でも出世間でも、運を開いて、事を成す為には、女神の力が必要なのです。 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 17:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM