スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

花束と言葉【思念が伝わるもの】

誕生祝のお花

門人方よりお祝いの花束が届いた。ご覧のような美しいお花だ。

また、多くの方からお手紙・メール・お言葉を頂戴した。心から感謝申し上げます。

お花にしても、手紙にしても、メールにしても、言葉(声そのもの)にしても、それらを通して送ってくださった方の思い・念が伝わってくる。

思念とは、生き物の如く、明確に残留していて、直接的に心に入ってくる。

良い思念は、生命力を増強する。悪い思念は、生命力を阻害する。

チベットの医学では、「生命の風(ルン)」ということをいう。これは、心臓付近に僅かに存在している、命の源のような「気」である。チベット医学では、「風(ルン)」という。この生命のルンを守っているものに「ラ」「レ」という、一種の魂・霊のようなものがある。これが弱まると、人間は生命力が衰えるという。

わたしは体験上から、この気体(ルン)に他人の思念は影響を与えると考えている。

思念は、ある時は物に乗り、手紙に乗りやってくる。直接の言葉などは非常に強力だ。直接の息と共に発せられるものなのだから。

「神界感通秘詞」なども言霊といって、己が霊魂(たましひ)に響かせるように、密用する。それを実践すると格段の効果が出てくる。

真言密教というが、ここに一つの秘伝がある。真言とはマントラ、言葉の密教だ。効果的な工夫がなされてきているのである。こういうことを詳しく説明する※阿闍梨(アジャリ)も最近ではあまりいないと思う。

今度の「霊学講座(第19回)」に霊光療法と共に言葉を唱える秘伝を行う予定である。

※阿闍梨(アジャリ)・・・密教の師匠・教師のこと。サンスクリット語のアチャーリャア(教師)からきている。阿闍梨(アジャリ)とも言うし、阿闍梨耶(アジャリヤ)とも言う。大日経の注釈書に「阿闍梨の十三徳」が詳しく説かれている。 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 13:46
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM