スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

霊光療法の秘解(2)【五井昌久先生の霊光】

全身より発光するオーラ
全身より発光する霊光

霊光療法の秘解(2)である。

「霊光療法の秘解(1)」において、わたしは「霊魂は光だ」という旨を述べた。

霊光とは何か?

『オーラ』というルビをつけた人もいた。或る意味で正しいのだが、それだけでは完全ではない。理解するために、まず太陽を思い浮かべてほしい。太陽の周りには放射している光があるだろう。コロナなどもその一つだ。太陽系の中心にあって、地球やその他の惑星に光を送っている。

太陽の本体と、本体から放射される光。人間の場合も同じことだ。

霊魂(陽気・火・霊)と、そこから発せられるオーラ。これが霊光なのである。オーラあるところに霊魂あり。霊魂あるところにオーラあり。不即不離、一体なのである。

さればこそ、己の霊魂から相手の霊魂に感応するのである。光の速度で、感応するのだ。

整体の野口晴哉先生は、魂の輸気と言われた。わたしはこの「霊光線」の輸気こそが、その実現に至る近道なのだと思っている。

あなたは五井昌久先生をご存知か。白光真宏会を主宰されていた宗教家だ。

五井昌久先生

よく街中に『世界人類が平和でありますように』と書いてあるのを知っていよう。あれは、五井先生の「世界平和の祈り」というものの一節である。そのあとに、『日本が平和でありますように』『私達乃天命が完うされますように』・・・と続くのである。

五井先生は、霊性の開発ということを説いた。最大の秘訣は『一口に言えば、神様以外のことを想わないこと』だそうである。

しかしながら、それが出来ないのが人間というものだ。煩悩や欲望があるから、なかなかそれができない。

先生の著書を熟読すると非常にためになる。まじめに取り組んでいる宗教家というものは、偉いものだなと感心する。

五井先生の光体

ここに、五井先生を写した写真がある。姿は写っておらず。光の玉だけが写っている。よく見ると三重構造になっているのが分かる。人によっては、この光の玉の中に観音様などが見えたりするそうである。これは霊魂というものの実態を、一側面ではあるが表現していると思われる。

もともと持っている、霊魂の光を、磨いてゆく。輝きを増してゆく。そこに霊魂の修行がある。一霊を賦与してくださった『産土の大神』を中心とした『信』の修行があるのである。

本物の『信』を透徹すること、是れ修行の要諦である。 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM