スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

清水粘々の怪【2周年!滝行気合の錬行集会】

御岳山で滝行気合法を伝授開始して、早2年となる。3年目に入ったわけである。

最初期から参加して先達お世話役になっているのは2名である。その後、三銃士と称せらるる面々など、多くの同志が出現した。

皆さんそれまでは、自分がお経を唱えたり、祝詞をあげるなど、想像もしなかったであろう。ご縁とか転機とは実に不思議なものだと思う。

昨日は常行のメンバーに加えて、新しく入行した方々2名が修行錬行した。

わたしの流儀では、密教修験道的な苦修練行のことを「錬行(れんぎょう)」という。鍛錬することからきている。それは美しい日本刀を作り上げるようなイメージである。苦行のための苦行ではない。

久しぶりのこともあり、ベテランもいつもとはテンポが違っていた。その上、前日4日の土曜日に『アド街ック天国』というTV番組で、御岳山を取り上げたから大変だ。今まで見たこともないくらいの人々がお山に参集した。

静かにやってきた滝行が、人々のさらしものになってはいけないという思いと相俟って、リズムが早かったのである。各人わずかなゆとりがあると良かったと思う。しかし、行力は間違いなく向上している。

昨日あらためて感じたことだが、御岳の滝行は確かに特別な力を与えてくれる。かつて「霊学講座」の著者にして霊学の大斗:松本道別翁が、御岳山で修霊伝法会を行ったことも頷ける。

不思議なことだが、今朝に啓示が降りた。あの野口晴哉先生に、松本翁から「霊符」が伝承されていたというものだ。それは「霊胎化作」するために用いる「秘密の霊符」である。なるほど、そのゆえに野口晴哉先生は「尸解」できたのだと合点した。

昨日、異口同音に感じたとこだと思うが、滝の清水が粘々(ねばねば)していた。妙に手が粘っこくなっている。いつもならば、入滝後は皮膚はサラサラになるのだが・・・。

今後も滝行気合法の錬行会は行ってゆく。2周年を向かえて、いまここに記すのは、一つの枝折りに過ぎないのである。



 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 12:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM