スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

原発考【原子力の背後にあるもの】

つい最近長い間の謎が解けた。

原発に関することだ。

そして、わたしはそのことについて自感法によって「審神(サニハ)」した。答えは即答に近いものだった。「成(正解)」である。

古伝に伊勢神宮・内宮の「荒祭宮」に関するものがある。この頃、あるヨーガの先生にして、審神者(サニハ)だと言っている方が、伊勢神宮では「荒祭宮」が一番パワーがある、などという言うから、受け売りで、そう主張する人々が多くいる。

確かに、力が強いことは間違いないのだ。祈願などもそこでやると叶ったりする。しかし、古伝の教えを忘れてはいけない。

『古伝では江戸中期まで、「荒祭宮」は「マガツヒノ神」が祀られていた』と言うのだ。

いまでは、「天照大御神(あまてらすおほみかみ)」の「荒御魂(あらみたま)」がお奉りされているというのだが、実は違うのである。

「天照大御神」の属性の一面に「マガツヒニ神」が吸収されている、そういう古伝である。

この「マガツヒノ神」が、原子力の背後には居るのである。

原子炉の五重構造は、霊止(ヒト)の「霊魂(一霊四魂)」の構造によく似ている。いや、必然的にそうなるのである。

その意味からして、やはり「太陽光」による安全な発電という方向が、人類のいま取るべき方向のように思われる。

今の時代に生きている十字架を背負い、わたしは「マガツヒノ神」の動きを安定ならしめる努力をしようと思っている。


スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:01
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM