スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

国際基準【我孫子カイロプラクティックセンター愈々開院す】

庄田先生開設の「我孫子カイロプラクティックセンター」が2月14日(月)吉日に愈々開院する。同センターにて、松浦先生もカイロドクターとして治療に従事することになっている。大変喜ばしいことだと思う。

庄田先生と松浦先生は、国際基準のカイロドクターである。日本においてカイロドクターというものは国家資格としては認定されていないけれども、アメリカをはじめオーストラリアその他の諸外国においては、ドクターとしての格を有し、それだけの学問技量を積む。両先生は、紛い物の多い日本のカイロ業界にあって、国際基準の学識を持つ先生だということができる。

このような先生が治療業界に参戦することは、「未病」の多い現代に於いて地域に光を投げかけるものと確信している。更に両先生は、わたしが主催している自然智乃会で教授している「霊法」を修行しているのである。優秀なカイロプラクティックの技術だけでなく、霊術=療術も実践しているのである。

わたしは特殊な治療に係わる「霊法」「霊術」「禁厭(きんえん)」を集成する作業に入ろうかと思っている。その中には、大名貴神伝の法も含まれている。優秀な先生方には、どしどし教授してゆこうと思う。土台には当然、産土神拝禮と導師との信頼がなければ法は成し得ない。

2月13日(日)には、例の「白瀧神社」にて、滝行禊ぎ修練会を行う。参加者は当初の人員より少なくなった。滝行修練会の公開応募を中止にしたので、それに伴っているわけである。

わたしとしては迷いや妄念など、そういうものの無い曇りなき一点に於いて祈りを捧げたいので、そのようにさせていただいた。

「画竜点睛」というけれども、目玉の入れ方で生きるかどうかということになる。庄田先生も松浦先生もブレがないので、まずその点は安心だが、お祝いにゆくわたしとしては、潔斎ということを第一に考えるわけである。

いずれにしても寧日待った。一日千秋の思いで待った。先生方は尚更のことだと思うし、喜びと期待もひとしおだと思う。開く(天らく)気合でお祝いしたいと思う。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM