スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

『諸注意の事』 =桑田欣児師の霊術【霊光療法(3)】 =

桑田欣児師の霊術【霊光療法(3)】 である。

いよいよ核心部分を書く段階だ。
書くべきことは2つある。

まず「気と光」に関する秘説だ。これはわたし自身が体験し研鑽したところからくるもの。この中には、日本の霊術のみならず、チベット密教の秘法が関連している。これ以上は言えない。

次に、どうように訓練するかという点。これも多くの人が知りたいところであろう。しかし、これも言えない。読者よ、なぜ法の解説伝授を惜しむのかと、非難はしないでいただきたい。ここにはわたしの血と涙の結晶があるのだ。約20年間の生き様がかかっているのである。

わたしは、幸い生徒に恵まれた。今春には、運命の霊地への旅路が待っている。すでにそれに関連した「現証」が次々に出てきているのである。それゆえに伝法伝授は、我が生徒だけに行なうことにしたのである。すべての法についてそのようにしたいと考えている。

また、他の先生、それは整体の先生も含めて外の団体グループに係わりがある方には、わたしが潔斎の上、謹製した「神界直結の神璽」 は、お授けしないということである。普通の神棚安置はお手伝いします。秘伝の教授はわたしに師事した方のみにです。但しわたしが認めた先生は別です。

正直に言えば、ここまで禊ぎなどしてまいりますと、人を介して「禍津霊(まがつひ)」が多々来るのです。そういうのを「悪い気線」ということが出来ます。修行をしてゆくほど、精密に成ってゆく。少しの「禍津事(まがつごと)」もゆるされなくなってきます。

個人のことを言えば、とにかく問題を生じます。それは理由如何に関係がない。言い訳も理屈もあろうが、そんなことは表面的なことであり、要するに「禍津事」なのである。大抵が、気質を通してあらわれるが、それすらも本人は気がつかない。

現在、伝授をしてゆこうと思っている人が、数名おります。この方々は、現代に蘇った「霊術家」として、力を知らしめてほしいと思う。わたしは全力で教えるし、わたし自身もその光りを世に放とうと決意している。

霊術【霊光療法】 は、他者へ力を及ぼす技術の「真ん中」だ。そういう訳で、この法の事始め・解説は、今度の霊学講座でやることにしたい。したがって『桑田欣児師の霊術【霊光療法(3)】』 は、本ブログには書かない。実地の講義・実習ということにしたい。諒とされたい。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM