スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今年最後の滝行【白瀧ラーメンの巻】

昨日、今年最後となる滝行法を行った。

本当はわたし一人で行う自行のつもりであった。しかし、会の皆さんからの要望もあり、先週筑波山の白瀧にて修行し気持ちが良かったので再度行くことにした。それに庄田先生のところの愛犬ジャックに会いたかったのである。

一班は洗足に集合し、もう一班は千葉の方に集合。各々現地に向かう。9時頃に到着。お滝場をモップブラシで洗い、神社や不動尊にお供えをする。また護摩供の弁備をし、火をおこしてお湯を沸す。各人が持ち場を担当して準備をする。

着替えて護摩供を修し、不動尊前で勤行、白瀧神社で拝禮す。滝場にゆき勤行し、皆で気合法・九字切りを行う。トップは滝行先達の近谷先生だ。こう言ってはなんだが、彼はとても良い行者になった。入滝している姿に、彼の工夫と積み重ねを見た。緊張していながらも力を抜いている。理想的な行態である。

後の人たちも積み重ねの力を感じた。皆さん良い行者になってきている。そのなかでも、近谷先生は前に抜きん出た。岩井さんも気合法の進捗が著しい。松浦先生もこの一年間懸命に修行し、よくお世話の修行をされた。三人のお世話役任命は間違いではなかったと思う。

今回、白瀧で行ったのにはもう一つ理由がある。それは相宮先生、徳永先生とも一緒に修行がしたかったからである。実現できてうれしい。また、牛嶋さんも「白水云々」という霊夢を見ていて、どうも白瀧と関係がありそうなので、ご一緒できてよかった。

わたしはというと・・・。例によって皆さんの修行成就を祈った。そして「魂が清まる」ことを念じた。入滝中、23日の御岳でもそうであったが、咏応気合法(お互いに気合を返す)を修行者一人一人に放った。

さて滝行修練会が終わり、今年の禊も終了したので、更に火を焚き暖をとった。おむすびやお茶・しるこを楽しんだのだが、近谷先生がラーメンを作ってふるまってくださった。長ネギも入っている。麺が腹に入るとすごく温まる。とにかく美味しかった。大好評であった。わたしは秘かに『白瀧ラーメン』だと思った(笑)。

帰りに庄田先生宅や治療院(予定場所)にお伺いした。またまたご馳走になってしまった。本当にありがたくもあり、申し訳なくもありという心境である。愛犬ジャックはお庭で大喜びだったと思う。

1月4日から始まった滝行会も12月27日をもって年内の修行は打ち止めとなりました。ご支援頂いた皆さん、各修行者、側近スタッフに心から感謝を申し述べたいと思います。心からありがとうございました。

さて来る年はどのようなドラマが待っているのでしょう。いやいや、どんなドラマが待っていようとも、わたしたちが為すべきことは『魂を清める』これにつきます。
 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM