スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

桑田欣児師の霊術【霊光療法(2)】

桑田欣児師の霊術【霊光療法(2)】 である。
今日は呼吸法について説くことにしたい。

昨日わたしは、霊光療法が霊術と療術をつなぐものだと言った。
霊術では、一種の霊気とでも言うべきものが、大気・空間に存在していると想定している。
人間・事物の存在の根本には、そういうエネルギーが宿っているというわけだ。事の真偽は別として、「ケガレル(気枯れる)」「キヨイ(気良い)」などの言葉は本質を表現している。

「光」という文字が入っている以上、当然その霊的エネルギーは光りを放つものだと言ってよい。
野口晴哉師は、輸氣法ということで松本道別翁の法をそのまま継承したが、桑田師は更に一歩進めて「霊的な光りを放つ氣(エネルギー)を使う療法」と定義したのである。

霊的というからには、輸氣法とは使い方が違う。輸氣法は「人体放射能(氣)」を治療法として使うのであるが、霊光療法の場合、病気などの背後にある霊的障害にまで影響をもたらせようとする方法である。

病気の「気」を対象にしつつも、「憑霊」「邪霊」などの除去も目的にしている。氣を当てるだけでなく、光りを観じて光線を照射する技法である。

桑田師は「呼吸法霊的見解」と題して次のように説いている。
「大気中には生命保存の貴重なる精分があって、人間は止むに止まれず味吸をやって居るが、方法により強大深長に呼吸を行うと、生命体内に於ける不備不完の個所は調整盛増され、各組織は自然光輝を発して天稟の本能性を顕現する。即ち各機能各分子の融合的活動により組織内の要素(電気、磁気、ラジウムの様なもの)の本能的作用が盛に発現放出して、又は内部に巡環し各細胞に作用して活力を与え全身を調整し、腹部に中心的統一力が充満し、筋骨を健にし、血を調え、感覚を敏くし、病源を滅し、潜在的未有の無意識なる人間の本霊能力が発揮する。」

以上の論では、自分の修養・霊能発揮のために呼吸法があると言っているわけだが、呼吸法により充分に霊気が蓄えられると、今度は他者にそれを分氣してゆく。これが、輸氣であり、霊光療法ということである。

だから、霊光療法の体得は呼吸法が着手のはじめとなる。
霊学講座や野口整体に於ける、神伝の「深息法」がその方法である。以前にも申したが、深息法は松本道別翁が御岳大神から神示により得た呼吸法で、神伝だと言われている。それを桑田欣児師や野口晴哉師は取り入れたに過ぎない。

日の出の太陽の気を吸収するということが「秘訣」だということを申し述べておこう。


スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 05:50
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM