スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

桑田欣児師の霊術【霊光療法(1)】

以前ブログにて、桑田欣児師の霊術・霊法を金山流に変えて教授することを予告した。
12月12日の霊学講座で、実現することを決めていたが、時間的に無理な状況だったので断念した。

講座のときには、講義のための資料はお渡しした。
その資料を読んでいることを前提として桑田欣児師の霊術の核心を述べたいと思う。

先ずは、霊光療法についてである。
この法こそが、霊術=療術の真ん中にくるもの、根本技法である。
この法を説き進めてゆき、復活せしめることが「霊術の復権」の鍵だと思われる。

今わたしは、自分の肩に日本の文化、これからの宗教、整体文化などの方向性が掛かっていると感じている。生きているうちに、まだまだ元気なうちに、この現界において、表現しなければならないと思っている。

さて、霊光とは何か?それはオーラのことだという。生命体を保持している根源のエネルギーだというのが、桑田師の説くところだ。

概要説明として次のような文章がある。
「必竟疾病はこの霊光の不充分に真因し、よく運行放射せしむるか、患部に集中増光せしむれば治病する理由であって、透視家の実験に於て無事なる所は白色を呈するが、患部は一様に黒味を帯びているという同一現象事実等の点を考えて疑う余地は更らにない。
従って霊光の絶無が死であって、桑田式修法の如く肉体の均整、鍛錬、精神の練熟、統一、集中は霊光の運営であり、増発であり、利用であるから、疾病治療、悪癖矯正健康長寿が実現する道理であり、真に其応用によって目的が達成するのである。」 

桑田欣児師の師匠である松本道別翁は「人体ラジウム」「人体放射能」と呼び、桑田師は「霊光」と呼んでいる。野口先生は、サラリと「氣」と呼んでいる。

わたしの経験から言うと、桑田師の説が一番正しいと思う。
御岳山七代の滝での修行で得られるものは「人体放射能」だと考える。しかし、それを修法や療術・療法に応用するとなると「霊光」なのである。ある種の氣を圧縮すると光りを放つのである。

引用せる文章は野口先生がゴーストライターとして書いた可能性の高いものを選んで載せている。
呼吸法や霊光療法の実際も含めて、三回にわたり解説するつもりである。

霊術と療術を繋ぐもの、その最も白眉なるものが「霊光療法」であるということを、よーく頭に入れておいていただきたいと思う。


スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:30
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM