スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ガナ・チャクラの饗宴【薬師如来の玄義】

薬師如来
    (薬師如来)

昨日は金剛サッタの浄化の修行である、「寂静・憤怒百尊」 の行をおこなった。この修行法は、自分の身・口・意の業を浄化すると共に死者の中陰供養・浄化としても行うことが出来るものである。

少し説明はしたが、まだまだ飲み込めていないと思うので、再度行いたい。これを理解すると所謂『チベット死者の書』やゾクチェンの教えの理解に繋がる。

また、西王母像が一昨日ラサから到着したので、特別に公開した。ただし、まだ入魂していない。

初めて、薬師如来のタンカ(仏画)をご披露した。このタンカは大きいもので、ダライラマ法王の侍医もなさっておられるダワ医師によって謹製されたものであり、すでに開眼供養も済んでいる。

今回、わたしは初めて薬師如来の玄義を述べた。このことを明言し、公開の場でお話ししたのは、この世において、わたしが初めてであろう。いままで公開の席で語ったことはない。

詳細は、霊学講座や滝行修練会に参加し聞いていただきたい。いずれは霊学講座も「一般的な講話会」と「修行が進んでいる方対象の伝授会」とに区分けすることになります。

薬師仏のマントラを唱えて不思議なことがまたもやありました。本当に不思議です。

ガナ・チャクラの供養もすばらしかった。気が統一され、一糸乱れずに修行できました。いままで沢山のガナ・チャクラ供養をしてきましたが一番でした。明らかにデーヴァやダーキニーたちが集散し、グル・デーヴァ・ダーキニーの三つの根本の力が統合され、その加持力を受けたと思います。誰かが言ってましたが、まるでプチ滝行だと。言い得て妙です。

わたしも次回の供養会を楽しみにしています。しかし、趣味にしては大掛かりですけれども・・・(笑)。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 09:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM