スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

木花咲耶姫と九頭竜大権現【八大竜王詳説】

仏教では、八大竜王というものを定めている。インドでは竜神はナーガと言い、水を支配し雨降らし、空を自在に飛ぶ存在とされる。竜は八部衆の一であり、竜神の中でも、強力な竜王というものが、八尊いる。以下の通りである。

どの龍尊が九頭竜であるのか、お分かりになるであろうか?

一般的に次の順に番号がふられている。

  1. 難陀(ナンダ、なんだ - आनंद Ānanda)訳:歓喜。難陀と跋難陀は兄弟竜王で娑伽羅(サーガラ:大海)竜王と戦ったことがあった。『不空羂索神変真言経』(T1092)第十六章「広博摩尼香王品」にて。頭に九つの龍を纏う
  2. 跋難陀(ウパナンダ、ばつなんだ - उपनन्द Upananda)訳:亜歓喜。難陀の弟。難陀竜王と共にマガダ国を保護して飢饉なからしめ、また釈迦如来の降生の時、雨を降らしてこれを灌ぎ、説法の会座に必ず参じ、釈迦仏入滅の後は永く仏法を守護した。頭に七つの龍。
  3. 娑伽羅(サーガラ、しゃから - सागर sāgara)訳:大海。龍宮の王。大海竜王。「沙掲羅」、「娑羯羅」などとも漢語に音訳された。法華経・提婆達多品に登場する八歳の龍女はこの竜王の第三王女で「善女(如)龍王」と呼ばれた。空海が新しく名付けることとなった清瀧権現も唐からついて来たこの娑伽羅竜王の同じ娘の事である。清瀧は如意輪観音の変化身。
  4. 和修吉(ヴァースキ、わしゅきつ - वासुकि Vāsuki)「婆素鶏(ばすけい)」とも漢語に音訳された。サンスクリット語 वासुकि Vāsukiの意味は、「宝 (खजाना Khajānā)」と ほとんど同じである。よって、「宝有(ほうゆう)」、「宝称(ほうしょう)」とも別称された。陽の極まりである「九」、数が極めて大きく強力であるという意で「九」を冠し九頭とされることもあった。よって「九頭竜王(くずりゅうおう)」、「九頭龍大神」等 呼ばれることが日本では多く、九頭一身と言われ考えられるようになった。元の伝説では千あることから「多頭竜王(たとうりゅうおう)」と呼ばれることも稀にあった。もともとは、須弥山を守り細竜を取って食していたという。
  5. 徳叉迦(タクシャカ、とくしゃか - Taksaka)訳:多舌、視毒。この龍が怒って凝視された時、その人は息絶えるといわれる。身延鏡と金光明経から七面天女は、タクシャカ竜王の娘とされている。
  6. 阿那婆達多(アナヴァタプタ、あなばだった - अनवतप्त Anavatapta)訳:清涼、無熱悩。阿耨達(あのくだつ)竜王ともいう。ヒマラヤの北にあるという神話上の池、阿耨達池(無熱悩池)に住し、四方に大河を出して人間の住む大陸 閻浮提(えんぶだい、贍部洲 せんぶしゅう)を潤すと謳われた。800里にも及ぶ池の岸辺は金・銀などの四宝よりなっていたという。竜王は菩薩の化身として尊崇せられた。
  7. 摩那斯(マナスヴィン、まなし -मनस्विन Manasvin)訳:大身、大力。阿修羅が海水をもって喜見城を侵したとき、身を踊らせて海水を押し戻したという。
  8. 優鉢羅(ウッパラカ、うはつら - Utpalaka)訳:青蓮華(Utpala)、黛色蓮華池。青蓮華竜王。青蓮華を生ずる池に住まうという。インドでは花弁や葉などの形状を比喩的に眼を現すことに用いるが、特に青睡蓮(nilotpala)は美しい眼に喩えられる。仏教では仏陀の眼は紺青色(nila)とされ、三十二相八十種好の一つ「眼色如紺青相」となっている。「青蓮華」は、漢訳仏典で「優鉢華(ウハツケ)」、「優鉢羅華」などと音写される。中国で「青蓮宇(qinglianyu)(セイレンウ)」は仏教寺院の別称。また、仏教で「ウッパラ」といえば、「ウッパラヴァンナー」の故事が著名である。


九つの頭を持つのは、難陀竜王と和修吉竜王である。難陀竜王は跋難陀竜王(ウパナンダ竜王)と兄弟であり、仏母準提観音のご眷属ともいわれる。また、大日如来と宝生如来の変化身ともいう。大日如来が明王になると不動明王になり、宝生如来が明王になると軍茶利明王になる。

和修吉竜王は、まさしく九頭竜であり、阿弥陀如来および大威徳明王の変化身である。

実は、九頭竜大権現は、権現とあるように神がホトケのほうの尊形で化現されたものなのである。
天の八衢での神々(あめのやちまた)
24日に帰宅して、翌朝にわたしは霊夢を見た。それは霊峰:富士の山の夢で、現代ではない時代の「神さびたる富士山」であった。そう箱根あたりからの風景か。その霊夢の内容から、九頭竜大権現木花咲耶姫がその御本身なのではないかと、わたしは考えている。

今回の滝行気合法の修練会では、諸龍真言から軍茶利竜王、クリカラ竜王真言などすべてお教えしている。今後はその他の真言・秘詞を伝授したいと思う。

一言だけ・・・、宝生如来→軍茶利明王→跋難陀竜王(金龍)という変化身の流れを記憶しておいて頂きたいと思う。


スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM