スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

無魔行満す:九頭竜(クンダリニー)の滝【火の修行・水の修行】

九頭竜クンダリニー滝行法

10月24日(日) 一行は9名。
九頭竜の滝での修行が無魔行満した。
水の冷たさが、いよいよ冬の到来を感じさせるものになってきた。

修行のはじめに九頭竜神社で、神拝法の本当の秘伝を教えた。彼の印法は、神界の中でも、高位の尊神というべき真仙から人間界にもたらされたものである。この法をもって神社参拝したり、神事を行えば必ず高級な神霊が感応するのである。

この伝授は、すべて九頭竜大権現のお計らいなので、参加した方は今度行くときに感謝の念を権現様に捧げて頂きたいと思う。(今回参加してない方が、教えてくださいというは不可。)

今回わたしは自分で謹製した「勾玉の首飾り」をして滝に入滝した。気づいた方もいたかもしれない。三種の神器のうち、鏡は智恵の徳を表わすのであり、これは上丹田(頭)。勾玉は情であり愛であり慈悲の徳、これは中丹田(胸)。下丹田は下腹に在り、剣が象徴している、意志・勇気の徳である。三つの部位の開発と徳を身に付けなければ、神人に至る修行とは言えない。いずれにしても、鏡・勾玉・剣、この三つ神器の奉祀されている社に参拝し、先ずはその神氣・霊氣を頂かなければ御縁がないし、法を完成することはできない。

我々は、ヨーガ行者に成ろうとしているのではなく、神真・神人の仙籍に連なろうとしているのである。日本古来の神々に感けて、この神州・神国の霊法を証明、実現することを目指しているのである。

あの幻の気合師、浜口熊嶽師(はまぐちゆうがく)は三丹田を完全に開発していたという。また、桑田欣児師の霊法では、前法として三丹田充実法が伝わっている。

三丹田やチャクラの本当の開発は、クンダリニーを動かしてゆかねば成し遂げることはできないであろう。いま、わたしの会では、足部および腹部〜胸部までの開発に集中しつつある。この冬はどうやらこれがテーマになりそうである。

例によって、柴灯護摩一段を焚き上げ、そのまま鎮火せずに、滝行をすすめた。行者が順番に火炎を前に観想し、次々に滝に入る。最後にわたしが入滝して、火炎の火伏せの法を行った。

やはり護摩法の導師交換・禮盤作法をやらなくてはいけない。これは反省点である。尚もう一点、反省がある。燃料の不足だ。この工夫を考える必要がある。

かくして九頭竜の滝での、火の修行・水の修行は、霊光(オーラ)を放ち終了した。滝行の最後の階で、思ってもみなかった新しい真言が口から出てきた。印と共に全く予想外のものであった。確かにクンダリニーの部位が動いているのを感じる。


スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 10:31
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM