スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

改訂版 九頭竜(クンダリニー)滝行法【あたらしい境地へ】

竜女

滝行先達の近谷先生の先導で、この度あたらしい行場を開発した。
すごい竜神が奉られている滝場である。およそ竜には、2種類ある。一つは、神としての竜。もう一つは、変化身(へんげしん)としての竜神である。

神法には、竜神に感けるための「〇〇〇〇法」というものもあり、印法もある。
そもそも我々が滝行をしていて、もっとも尊崇している神祇は、すべての水の霊を統べている御方である。このことは会が発足したときから、決まっていることだった。

また、天眼通(第三の目を開く)には、自分の修行によって開くものと、霊の守護により為すものとがあり、霊の力で見える場合、最高のものは竜神が憑いたときのものである。

非常に音の反響の良い滝であり、火の修行とセットにするには、好都合である。実際、滝場開発組の一行は、火を焚いた状態で修行した。わたしが入滝したときに、向こうで火炎が上がっているのが見える。自然にそのようになった。これはものすごく効果的だった。

唱える真言も軍茶利明王の御真言を奉唱した。この竜神は、軍茶利竜王とでもいうべき、竜神さまなのではないかと、わたしは考える。滝場の形状が、火の修行ができるようになっている。10月24日の修行では、クンダリーニ滝行法を行う予定だ。

※わたしの意図が伝わったようなので、後文は削除し改訂版をものしました。

 

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 20:52
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM