スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

三輪宮との結縁【鎮魂石を三体頂く】

鎮魂石 
     (鎮魂石三体)

三輪宮とは、大神神社(おおみわじんじゃ)のことだ。
ご神体は、三輪山そのもの。狭井神社(さいじんじゃ)に唯一の登拝道がある。

わたしはこの度、特殊な不動秘法および護摩秘法の伝法を受法するために、奈良に趣いた。法の伝授を受けるという点では、満足のゆく結果となった。長年も求めていた秘法だったからだ。この伝法で我が会の密教系の秘法は、堅固なものになった。

この密法の伝授ということ以外に、まったく別のお話しもあった。
それが三輪宮にまつわる出来事だ。

ついこのあいだ、わたしところで天源淘宮術の開祖(淘祖:とうそ、という)である、横山丸三翁の掛け軸をおかけした話を述べた。その掛け軸には、道歌が記されていると、わたしは言った。だが、どういう道歌であるかは、述べなかった。

『三輪宮と知らば・・・』と始まる道歌で、天源にいう三輪(さんりん)、すなわち大輪(だいりん)、中輪(ちゅうりん)、小輪(しょうりん)の胎年月日と、尊い三輪宮と掛けているものである。

この道歌は、とても有名なものだ。引用される場合が多く。それにはそれなりの理由がある。
伝授の会場であるお寺と三輪山は地図で見ると、比較的近い。これこそ渡りに舟だ。奈良ゆきの前日に、そのことを知ったわたしは、すぐに行くことを決めた。腹をきめたお陰で、非常に順調に大神神社、狭井神社とゆくことができた。

お参りも順調にゆき、帰りがけ、何故か急に足が止まり下をむく。するとそこには、三体の丸い石があった。丁度、鎮魂石の大きさだ。えっ、鎮魂石というわけで、頂いてきた。現在、神棚に安置し、アメノウズメノ命さまに祈念し、神界のお力がお鎮まりになるようにお願いしている。三体のうち一体が、重厚な感じになり、重みが出てきている。一種のオーラを放ち始めているのがわかる。

三輪の神様は、横山丸三先生の掛け軸を通して導いてくれた。横山先生の開運の教えも導いてくださっている。まこと不思議なことである。不思議と言えば、何で石が三つだったのか?やはり三輪宮、丸三翁だからであろうか。すべて三という文字がある。
 


スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 21:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM