スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

大口真神の御霊石の霊夢【司命の玄秘 第一日目】

「司命」の 第一日目、霊夢を見た。
それは山陰地方の或る都市での物語だ。

そこには、ヤマトタケル尊のご眷属「大口真神(おおくちまがみ)」の小さな祠があるという内容だった。不思議なのは、その祠の前に、ご神体である「霊石」があり、それは黄色地で赤色が入り混じりたる、神々しいものであった。

さらに木彫りのイチジクのような形の置物があった。それは3体あって、50cm程のものであった。
どうやら象徴的な器物らしい・・・。或る著名な霊術家・霊学者の残した、霊符の形に酷似していることに、あとから気がついた。

それから、またもやスズメバチ3〜5匹が飛んでいる。現実に合宿のときに刺されたので、夢の中では、さっさと離れた。天源術では、スズメバチの象意は何だったかなどと考える。

我々、霊学を奉ずる者が、最も大切にするのが「産土神(うぶすなかみ)」である。自分が生きていることと直接的に関係している、その土地を司掌されているからだ。必ず、由々しきいわれのある神明であり、「司命」のときには、神集い(かむつどい)している存在である。

由緒正しい神々は、必ず(極稀に例外はある)「古事記」「日本書紀」などの皇典に、その由来や逸話、お働きが出ている。そういう意味では、大口真神は神格の高い神霊である。やはり御岳山といったら「大口真神」だ。松本道別翁には、この神霊が守護神としてついていた。

わたしの会で、気合法講習をはじめてをやったときに、滝の中に「大口真神」が現形し、写真に収めることができた。そのことは以前にブログで書いたことがある。今回は、「司命」の初日に、霊夢にて御神霊の祠と霊石・器物が示された。わたしは、霊夢で感得したあの霊石がどこかにあるに違いないと考えている。

「司命」のときに、霊夢に出てきたということは、これからの1年間もまた、さらに御岳山とのご縁が深くなり、修行を積むということだと思う。秋が過ぎ、冬を迎えると御岳の山には、人の気がなくなる。寒行にはもってこいだ。

よく、冬に冷たい滝に入って寒いではないか、という人がいるけれども、あなたが例え「仙」を得たとしても、祖霊に冥罪重く、俗に言う成仏していないものがいた場合、死後に成り代わって、相当に厳しい寒行のようなものをやらなくてはいけないことを肝に銘じておくがよい。

とにもかくにも、この期間「祖霊の霊格向上」「滅罪過消滅」を祈るがよい。来るべき年は善き年になることであろう。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 23:47
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM