スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

霊夢に顕現す【五岳真形図】

五岳眞形図
  (異本 五岳真形図)


昨日の早朝、霊夢を見た。
非常に明晰な夢であった。

その霊夢の中で、わたしは【五岳真形図】といわれる、秘伝の図符を拝した。
夢の中で、或る仏教徒の婦人と会話しており、わたしの手には『道教呪集』 という名称の白いカバーの教本があった。

ページを括ると、緑色の染色で不可思議な図符が描かれていた。一見して、五岳真形図であることが判った。五岳真形図は、仙を得た者だけが、下賜される貴重極まりない神符である。その神傳・真伝を得ることは、そう簡単に出来ない。

ある程度の符格のある図符は、手に入れることはできる。そういう符を得たら、じっと見つめてみるのである。そうすると、そのうちの一つに何かを感じる。それがその人に縁ある符であり、縁のある処なのである。そういう感じがしない場合は、仙を得ることは程遠く、ご縁はないのである。

今回、そういうことをするまでもなく、〇岳の図符が夢の中で、記憶に残った。図符の線の一つがやけに語りかけてくるのだ。

目覚めて後、少しその感覚を保ち、忘れないように心に刻み付けて、五岳真形図のいくつかを眺めてみた。するとピンとくる符があった。その図符を見ていると、なぜか効用が判然としてくるのだ。こういう形式で判る法もあるのだなと思い、これは一種の感合法・神感法(自動的に帰神すること)だと得心した。

一言付け加えておくと、野口晴哉師が成し遂げた「尸解(しかい)」という仙去する法は、この五岳真形図と深い関係があるのである。

さて、なぜこのようなことになったのであろうか?それは本日から「幽政上の一大秘機」である「大司命」が行われるからである。この秘期は、11月8日をもって明ける。この秘機・秘期については、霊学講座の開祖、松本道別翁もご存知であった。当然、神傳の五岳真形図も所持しておられたのである。

我が会の修道も、いよいよ仙に結縁できつつあるという証左なのだと思う。

スポンサーサイト

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • 00:37
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM