スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

歴史的事実になる【統合され進化した‘神僊玄学’の出現!】

【統合され進化した‘神僊玄学’の出現!】 

わたしの標榜する道は何であるのか?

野中操法という整体特殊操法を教え始めてから、もう4年が経過した。これが事始めであった。

まもなく滝行の修練が始まった。滝行をしながらの気合法の訓練である。入滝しての気合法を鍛錬しているのは、日本全国でもわたしたちだけであろう。

ということは、世界中でわたしたちだけのオリジナルということになる。滝行気合法と銘名し、はじめから主祭神は”水霊総官”と位置づけていた。

滝行を気合法の鍛錬法として、位置づけることはできる。しかし、密教的な修行から考察すると、そんな安易なものではない。

先般の合宿の2日目、わたしたちが早朝の滝行をすませると、整体協会所属の人間らしい二人組がきて、お社の場所や、滝を眺める展望橋で、気合をかけていた。

そもそも整体というものの中で気合というものは、輸気の鍛錬で行なうのだろうが、更にその元は霊学講座の中の霊法にある。整体法の創始者;野口晴哉師は、御岳山七代の瀧でなどで鍛錬したのである。

御岳山七代の瀧は、霊学講座の著者にして、野口師の師匠;松本道別師翁(まつもとちわき)が霊学修霊会にて教授していた場所である。

霊学というものは、当然根底に日本の神の教えや密教というものが敷衍されている。滝にゆくにも山に入るにも作法があるのである。件(くだん)の連中は、すでにそういうことも知らない者に成り下がっていた。自分たちはいい気でやっているのであろうが、霊地において拝礼もせずに、気合モドキなぞかけているのは、不敬の窮みである。

結局のところ、日本人が本来持っている、霊性すら失って、自己満足しているのが、野口師の弟子や孫弟子の成れの果てだということである。

笑ってしまうのが、この連中は、滝場の滝壺は流水に入らないとゆけないのでゆかず、展望橋の上から気合をやっていた。滝壺でやるのと全然違うのがわからないから、自己満足だというのである。訶々

昨年以来、わたしは滝行気合法の主祭”水霊総官”の尊神に感応をつづけている。この本当の威力修法は、直弟子にしか伝授はしない。

このところにこそ、誰も到達しえなかった、神僊玄学の骨子がある。各種の霊学を統合し進化した前人未到の玄学は、この一年でほぼ完成し出現するであろう。それが、大司命節を三度(三年)了えての結果というものである。

1

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM