スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

改定 伊勢神宮鎮座に由来する大龍神【御尊影 飛瀧大権現八大竜王】


伊勢の大龍神;飛瀧大権現八大竜王の御尊影(巨大な御尊顔・龍眼(りゅうがん)が神々しい)

吾が会およびわたくし自身は、何尊かの『龍王大神』とご縁がある。

吾が会では、滝行法を修行の土台に据えているから当然といえば当然なのであるが。

その御尊神を列挙してみる。

1、高知手箱神境に御鎮座する「水霊総官海龍王之代命」(吾が会の滝行御本尊・御祭神)
2、寒川大社の御祭神;寒川大明神
3、塩川大滝の緋龍青龍大権現
4、奥多摩の九頭竜神社の御祭神;九頭竜大権現
5、潮江天満宮の八大竜王
6、土佐桂浜の海神界主宰;浦戸大竜王
7、土佐若宮八幡宮;大綿津見神
8、伊勢の飛瀧大権現八大竜王
9、高知の竜王之瀧の御祭神(ここは空海和尚が修行した滝である)
10、密教の行法としての龍王。倶利伽羅龍大王(不動明王の変化身)

地仙、国津神の神術や密教を体得しようと思うのならば、龍神の力を借りないと成就は難しい。なにせ、水と火という事物を使っての修行が主になるから、龍神の感応なくしては実践しがたいのである。

なぜ地仙・国津神の修道・修行が必要なのか?それは本物の『玄胎化作』を成し遂げる為には、錬行によってそのような「胎」をつくる必要性があるからだ。神上がりするためには、それよりほかには道がないということである。

龍王大神から御力を頂くには、龍神印言・龍神祝詞・諸龍真言、できれば海神界秘呪の修唱が望ましいのは、諸人の知るところである。


1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM