スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

遠当ての術【足柄で天狗をサニハをする】

先般の霊学秘伝合宿において、おもしろいことがあったので記すことにしました。

今回、わたくしたちがお世話になった滝場は、「夕日の滝」です。ここは、有名な金太郎さんが産湯につかった際に用いられたという水の源泉。1月15日には、夕日が滝壺の水面に映るから、是く言うのだそうだ。このことは以前にも述べたことがある。

この夕日の滝で、今回は2度にわたり滝行法を修行した。

第一回目は、合宿の開会にあたり、禊ぎ清めの行だ。

二回目は、最終日の締めくくりの感謝の行。

いずれも、仏仙系と神事を併用して入滝する、吾が会、独自の秘法である。同じことを行っているところがあったらお聞かせ願いたい。

昨年は、太真西王母の眷属たる、蜂の襲撃を受けた。今年は、先達衆第一の声明先達のA君が、「奉納 邪気祓い・神武演武」に於いて、凄まじい蹴りのよけのなかで、手を痛めた。寸分の間合いの攻防での一瞬の出来事であった。この事の起きた真の理由は、よく人知の為すところではないが、敢えて言えば、わたくしの身代わりということと、今回の伝法に当たっての人・物の、「邪気祓い」のためということだ。

夕日の滝の周辺には山がある。それも大天狗のお山(大雄山等)がある。足利の天狗の棲息地なのである。したがって、あの滝場にも多くの眷属天狗が往来するのである。

我々の行中、小天狗の数がどんどん増えていった。

滝行の前には、わたくしは一段護摩の法を修するのであるが、その時には決して「天狗真言」をやることはしなかった。というのは、修行者が20名からいる中で、わたくしの目がゆき届かない可能性を感じているからだ。それに天狗に懸られている方もいるからだった。

我が会では、天狗に憑依されやすい方が2名ほどいる。また、憑依体質の方も若干名おる。

昨年、このことは痛切に感じたことだからである。

天狗の世界には、奇法があり、その一つに遠当ての術がある。

その天狗界の遠当て法の秘文に『アンタリヲン ソクメツソク ビラリヤビラリ ソクメツメイ ザンザンキメイ ザンキセイ・・・(中略)・・・ザンザンダリ ザンダリハン』 とあり、唱えて後に一拍するのである。

禊ぎの大家であった、尾形学而先生も「遠当て」のできる行者だった。この種のことが出来る人は、武術を鍛錬している人に多い。

わたくしたちの宿舎から、「洒水の滝」に通い、修行されたのが、有名な青木宏之先生である。「遠当て」ができる武道家として知らない者はいないであろう。

洒水の滝も、夕日の滝も、独特の「霊物(れいもつ)」がいて、共通するのが、不動明王を拝していることである。不動明王の右手には宝剣、左手には索(縄)を持す。この剣と索で、縛り上げるのが「不動金縛りの法」であり、これも一種の遠当ての法と言える。

この場合の「霊物」は主に、天狗たちであり、山の精と言ってもよいと思う。

武道者が遠当ての法を行う。そういう場合、大抵が天狗が背後に憑いている。このことは今まで見てきたことなので、断言できる。

今回も、サニワして、天狗の存在が明らかになったということである。

ちなみに頭領である大天狗は、それなりの霊格を備えており、老人のような形相の場合が多い。

1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM