スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

運命転換の秘法【運勢をダイエットする】

あなたは運とか運命を信じますか?

実は、運命転換の秘法に「食を制する」ということがあるんです。

そう言いますと『ああ、それは水野南北の説ですね』という方がいると思います。ですが、ここで説くことは少し違います。

確かに水野南北翁は食による運命転換を説きましたが、実はそれだけでは完全にはゆかないのです。

自分の住む家や仕事場のダイエットということがなければ、運勢は変わらず、運命転換は成し遂げることができません。

モノ・物には、いわゆる浮遊霊や浮浪霊が憑くのです。これには重みがあり、その持ち主の運勢を悪くし運命を悪い方向へ誘います。

ですから運命転換には、人事百般、全ての面でのダイエットが必要なのです。

川島金山


玄秘易道【師僧ラマの御病占】(改訂版)

わたしがチベットの密教的な教えを学んでいることは、諸兄はご存知だと思う。

いつかチベット医学の大家やラマを招き、医学や修道法の伝法・講習をやりたいと思っている。

今日は師僧ラマ上師についてご報告したい。

幾人かのラマを存じ上げ法を受けているわけだが、わたしが若年よりご縁のあった高僧がいる。それこそ二十歳前から法縁がある。

ニチャンリンポチェと私

お名前は、チュプテン・チュダク・ギャッツォ師という。もちろんチベット人である。ニマチェンラという学問寺の高僧だから、ニチャン・リンポチェと皆さんは御呼びしている。日本語ができる数少ない高僧ラマのお一人だ。

ご専門は、中観であり、高僧ラマ・ミパム師の「中観帰謬論証派」の学匠だと言えよう。経典を添削もできる、文法の大家でもある。一見そうは見えないが、すごい秀才なのである。日本の歴史においても彼よりも優れた中観の専門僧侶がいるかどうかは疑問だ。それほどのお方だ。

本質はゾクチェンパだ。教えを受けた師匠たちが、これまた凄い。間違いのない、悟りを開いた成就者たちから数々の伝授を受けている。この師僧にお聞きすれば、そのラマが本物かどうかすぐに分かってしまう。知らないことがないのだ。

幸いなことに、このラマから加行(グンドー)やサーダナ(成就法)その他の法を受けることが出来た。リンポチェはわたしのことを何故か「古い友達」と呼ぶ。思えばはじめて出会ったのは、19歳の時だった。彼の法衣姿に憧れてお坊さんになったようなものだった。

その師僧が、アメリカでお倒れになった。夏は必ずアメリカで過ごすのだ。今日、緊急の手術があり、無事成功した。しかし、予断を許さない。側近のお弟子の方々は大変だ。アメリカに急遽行き、あるいは皆さんへの連絡を細かにする。

そのような中で、弟子たちはラマの長寿・病気平癒のお祈りをする。

わたしは夜になり、易を立て卦を観ることにした。

得た卦は、「雷巽恒」すなわち『恒(こう)』の卦。変爻は五爻で、変卦『大過』となる。
『恒』は、亨る。咎なし。貞に利し。

まあ、悪い卦ではない。病気に対する予防のために、側近のお弟子さんが随分と食生活などを調整されていた。今後もそれを続ければ、咎はないということだ。

しかし、変爻の五爻は良くない。慢性病名などは、重病化する可能性がある。多くの高僧ラマや弟子たちのお祈りがあるから、大儀はないと思う。

この師僧ラマは、わたしの人生の曲がり角でいつも出てくる。深いつながりがあるのであろう。このラマから『浄土サンドク・ペルリ(吉祥銅色山)の誓願 =ペルリ(吉祥山)の秘密の道』という大切な祈祷書の伝授を受けている。

リンポチェは、すごい速度で回復されている。順調な回復をみせておられる。10月には日本に帰国する予定という。仏天のご加護、マハーシッダの法力、弟子たちの祈りが結実して、このような奇跡的な回復をみせているのであろう。最高の医師に処置してもらったことも功徳力であろう。

(リンポチェのメッセージ)
突然心臓発作を起こし、急に倒れてしまい、大変ご心配とご迷惑をおかけしてしまいました。ロンチェン・ニンティク、グル・リンポチェの教えに携わる一人の者がいなくなってしまうかと、皆さんがお祈りや真言を唱えて下さったおかげで、まだ死なず生きています。こちらの皆さんのご尽力がなければ、そして優秀なお医者さんに恵まれてなければ、命を落とした事でしょう。おかげ様というしか言葉がありません。ここで死なず日本に帰り、再び皆さんに会えるのは大変喜ばしい限りです。心からありがとうございました。
ニチャン・リンポチェ 


統計学(2)【MMPIとソンディテストによる無意識の分析】

運命心理学入門

MMPIとは、ミネソタ多面人格目録(Minnesota Multiphasic Personality Inventory)のことである。

MMPIは、アメリカミネソタ大学の精神神経科(心理学者)ハサウェイ(Hathaway, S. R.)と、精神科医マッキンリー(Mckinley, J. C.)によって開発された人格目録で、550の質問項目で構成されている。MMPIの開発は、精神医学的診断の客観的尺度を作成することであった。それまでの尺度は役に立たなかったので開発したわけである。

彼らは検査を作成するに当たって、1000以上の質問項目を集めることからはじめた。集めた質問項目の中から重複するものや、検査の目的と一致しないものを除いた結果、504項目が残った。そこで、彼らはその504項目を正常者に実施した。(後に550項目になった)

前述のように日本版は1963年に発刊された(Hathaway & McKinley, 1943; 阿部・住田・黒田,1963)。しかし、発刊した日本版には翻訳段階の誤りや、作業における疑問などの問題点が指摘されていたという。そこで、 1990年からそれらの問題点を踏まえて翻案、標準化が始められ、1993年に発刊されたのが新日本版(MMPI新日本版研究会編,1993)である。この新日本版の発刊によって、これまで指摘されていた日本版の問題点は、ほぼ解決されたと言われている。

潜在している人格・性格の傾向を、ある程度把握することの出来る優れた方法である。

さらに、以前にふれたことのある、ソンディテスト。

運命分析学ともいう。施行法は次の通り。

様々な表情を見せる多数(8枚)の顔写真の好き嫌いの反応を調査することで、無意識領域の衝動・欲求・傾向を分析できるとする人格検査(パーソナリティ検査)である。

ソンディ・テストは、ハンガリーの精神科医ソンディによって、1947年に開発された無意識を含む性格傾向(人格特性)を診断する心理検査である。

ソンディ・テストでは、悲哀・怒り・困惑・絶望などの解釈が成り立つ8枚の顔写真を被験者に呈示して、その中から好きな顔写真2枚と嫌いな顔写真2枚を選択して、それと同じ作業過程を6回繰り返して無意識的欲求の傾向などを分析することが出来る。6回繰り返すことで、合計48枚の顔写真を閲覧し、その中から好きな写真12枚・嫌いな写真12枚を選ぶことになる。但し、このテストに用いる写真が日本人には少し馴染まないものであることは、多くの人が感じていることでもある。

深層心理学的なパーソナリティ検査(人格検査)であるソンディ・テストで診断される衝動の類型は以下のようなものであり、エスの性衝動の社会適応や自我構造の機能を前提する辺りはフロイトの精神分析学の影響を感じさせるものである。

1.性衝動と文化適応度・・・性衝動
2.感情・情緒の機能と道徳観・倫理性・・・感情衝動
3.自我構造の欲求・・・自我衝動
4.外界との接触方法・人間関係のパターンの特徴・・・接触衝動

ソンディが「衝動分析学」の理論を前提として開発したソンディテストは、ヘルマン・ロールシャッハが「知覚心理学」を前提として考案したロールシャッハテストと同じく無意識領域の心理状態や欲求・情動を測定評価できる「投影法」に分類される心理テストである。 

ソンディが研究した運命分析とは、人間の人生過程に決定的な影響を与える運命を研究対象としたものである。一般的に『運命』というと、人為的な働きかけや意図的な計画では変更することの出来ない超自然的・超越的な人生の定めのことを言うが、ソンディは運命を不可避な必然的巡り合せとは考えなかった。

それ以外の結末は考えることが出来ないという宿命的な影響力としての運命の以外にも、人為的な努力や工夫で切り開き変更していくことの出来る運命があるとソンディは考えた。

人の潜在する人格・性格は、潜在的に運命を形成する一つの要素だとわたしは考える。また遺伝子に潜む祖先の衝動的な無意識には、ある種の強制的な運命形成の力があると考える。ここにご紹介した2つの方法は、統計的な積み重ねにより立証されてきた、科学的運命分析法というべきものである。少なくとも取り組む角度によって、そのように成り得るものだと思う。

あたらしい運命学、未来の運命学は、このような分析方法を取り入れたものでなければ、その任を全うすることができないであろう。改革をできないとすれば、運命学を標榜する者は、占い屋に堕するか、社会の底辺に呻吟するしかない存在となる。

分析法としての統計心理分析法。運命開発としての、場の振動学(新家相学)。この2つが未来社会における運命学の主流になることは明白である。 


統計学(1)【多変量解析と運命分析術】

多変量統計分析

ごく最近「多変量解析」という統計学の書籍を購入した。高校生が読むくらいの本である。昔はわたしも数学や化学が好きであったが、いつのまにか嫌いだった古典のほうに気がいってしまった。だから、理系というものは得意ではない。

しかし、ものを書いたり思考・思索を繰り返してゆくときに、幾何学的な概念や微分積分などの素養が必要なことは分かっていた。一つの構成を考える時に、どうしても必要なのである。

「天源淘宮術」「禄命術」「子平」などに取り組むうちに、これは当初は一種の霊感で元は創出されたのであろうが、暫時時代を経て、統計的な作業をしながら発展したのでないか?そう思うようになった。

仏教や密教でも、歴史的必然のように時代々々に天才が現れ、教学と実践に息吹を与えてきた。統計学的な運命学の秘伝もそのように作られてきたのではないか?

それは10代の頃であったか、「多変量解析」という手法を知った。普通、数値では表すことの出来ない概念などを、数値化できるというものだった。「因子分析」という手法もある。当然のことながら、企業ではこういうものを取り入れ業績の分析をしているのであろう。

これはもしかすると、その家族の運命的な傾向とか、整体でいう「体癖」などを対象にして分析して、ある数値で表現できることを意味しているのではないか?わたしはいつしかそんなことを考えるようになった。

分からないながら、やさしそうな本を購入して読んでいる。数学的な手法や科学には、宗教や霊学にあるような曖昧さがない。とてもおもしろい。しかしそこには、とんでない「空想」はないように思う。

やがて人類は、人間の運命や霊魂、気などの正体の謎を解くであろう。そのような進化した人類社会に生きてみたかったものである。 

1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM