スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

女性の修道法(1);崑崙の玉【西王母の秘歌を禊ぎ行にて修唱す】



作家・井上靖さんの作品に『崑崙の玉』がある。

西域小説ということだけれども、ほかに『聖者』『古代ペンジケント』『古い文字』などが収められている。

次のような文章がある。
-------------------------------------------
・・・・
黄河の河原を積石附近の高山とするか、あるいはそれを遠く異域に求めて、于眞南方の葱嶺(そうれい)とするかは、誰にも判定できぬことであった。
五代、宋、元、清各時代を通じて、常に両説が行われていた。黄河の河源がどこにあろうと、河源だけのことならさして問題はなかったが、それが玉と関係を持ち、崑崙山と関係を持っていた。殊に崑崙山は漢代には西王母伝説と結びついて、そこに西王母の住む楽土があるとされていたが、時代が降るに随って、道教、仏教の思想が混入して、永遠の不死の神仙郷が想定されたり、極楽浄土が想定されたりするようになった。
もはや単に玉を産する山としてだけでは崑崙は考えられなかった。道教信者も仏教信者も、できるなら崑崙山の所在を確め、そこを訪ねて行きたかった。そこが遠い異域の地なら、その土を踏むことは思いもよらなかったが、若し漢土にあるなら、そこを訪ねて永遠の生命を持ちたかったのである。
・・・・
-------------------------------------------
西王母、崑崙に魅力をいだく人は多い。

西王母は、陰の極。女性の代表、大元締めのような存在である。神界での地位も相当に高いとされている。

文中の葱嶺(そうれい)とは、中国の南、パミール高原のことである。

西王母といえば、玉(ぎょく・たま)であるが、我が会では、それにちなんだ和歌を「禊ぎ行」の際に修唱している。最近の行法次第には載せているので、知っている人は知っていよう。

男性修行者のみならず、女性の修行者に御力を加えていただく為に、崑崙の玉の秘歌(和歌)を唱えるのである。これによって女性の修道に供しようということなのである。


昭和の日【天津風吹きしく時ぞ】

4月29日は昭和の日です。

この日に一首ご披露します。

この和歌は最近詠んだものです。

『天津風’(あまつかぜ) 吹きしく時ぞ(ふきしくときぞ) 日本の(ひのもとの)
                 霊止の心も(ひとのこころも)  沈むなりけり(しずむなりけり)』

最近、風が強く吹いてました。まるで神風(天津風)でした。

この神風で、心を晴れやかにしてほしいという、切なる願いの歌です。

風は何を運ぶのでしょうか?

風は太古からずっと吹いています。人の心も運びます。悲しい物も運びます。

今日も、善き願いを風に託そう。

1

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM