スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.01 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

4月24日【第5回鎮魂冥福法要・第17回霊学講座・第8回手技療法講座】

平成23年4月24日(日)、午前中に第5回鎮魂冥福法要を執行した。

ご参加の皆さんで読経し、あるいは祝詞を上げ、大震災帰幽者の御霊(おみたま)の功徳回向・追善供養、鎮魂安鎮修法を行なった。声が揃い、とてもよい法要であった。

4月末の五十日(いそかび)には、高知の神山に登拝する。

皆さんが菩提心から記した「人型」を持参して、神界直結の聖地にて、祈祷させていただく所存である。これは何らかの霊応があるものと考えている。いや、すでにその現証が具体的に顕れてきている。

法要後の「茶話会」では、徳永先生が宮城県亘理町にボランティア活動で被災地入りされたので、詳しいお話しを聞くことが出来た。やはり、お話し中から生々しさが滲み出ていた。今後も大震災について考え、何かの形で関わってゆこうと思っている。

午後から、第17回霊学講座・第8回手技療法講座を行なった。

今回の「霊学講座」は、本当の意味で「霊学」「霊術」の講座になったと思う。ご参加の皆さんも、沢山の方法と、修道への確信など、多くのものを得られたことと思う。わたしも本当の部分を出すことができ満足している。とうとうここまで来たか、という感じである。

法術の、根源・根本のお話しができたと思う。参加した方は、越法(おっぽう)・泄宝(せっぽう)の咎を受けないようにしていただきたい。

「手技療法」も神氣にて、放射・輸氣を施す訓練を行なった。皆さん楽しくやっておられた。

心から心へ送る輸氣法、更に「霊魂(たましい)」の感応をも行なった。
霊光を送ることも実践したが、それぞれ出来る場合もあれば、掴みにくいということもあったと思う。土台の修行が必要だということを、皆さん感じられたと思う。今後に期待する。

「洗毒法」は、整体から出たものだが、その前提として、野中操法・霊光療法を行なうという「仕方」を修練した。いずれにしても「洗毒」「廃毒」は、時代的な希求があるものと思う。

言葉で熱気を伝えられないのが残念である。
わたしは、いつでも「来る者は拒まず、去る者は追わず」である。
来る者には、至誠・礼儀・素直、これを求める。
 


第三回:鎮魂冥福法要の映像

以下は、第三回鎮魂冥福法要の映像です。



天津祝詞を修唱する(安鎮神法式による鎮魂式)



延命十句観音経の読経(佛仙の軌則による追善供養)

 

鎮魂・安鎮【五十箇日(いそかび)の冥福祈念について】

帰幽者を鎮魂・安鎮するには、五十箇日(いそかび)が、もっとも大切な期間である。
文字通り、50日間である。

仏教では、「アビダルマ倶舎論」などでいう、7日×7期=49日間が、中有の期間ということで、供養を展開してゆく。

神法では、五元といい、霊止(ヒト)を構成する5つの要素の分解を、先ず祈る。次に、三魂の分離を祈念する。これが、死者の鎮魂法というものである。

各段において、その機能に応じた神祇と感応し、目的を果たす。

この2年間、再びお滝の修行で浄化してきたのも、この祈りの為もあったのだと、理解している。3月11日から50日間は、期幽者の安鎮・鎮魂の祭祀が、何よりも優先する。法系を同じくする者達が一緒に祈念する。これが一番の修行である。

ゆえに4月10日、17日、24日と「お人型」を以って御供養をさせていただく。

滝行における気合も、読経も、実際の祈り・法儀にて、修さねば本物の修行とは言えない。別々のものではないのだ。霊魂(たましい)ということにおいて、生きている人間も、死んでいる人間も、基本的に変わりがない。肉体はないので、拠り代(よりしろ)を使うわけである。

10日(日)は、午後から『整体講座』も行なう。『洗毒法』などを中心に講義・実習指導していただく。
講師は柳澤先生である。体内の毒素を排泄を促す整体法を、活用していただければ幸いです。


緊急告知【整体講座・体内の洗毒法】

大震災を考え冥福祈念【鎮魂・冥福祈念法要】

来る4月10日(日)、17日(日)、24日(日)、当道場に於いて【鎮魂・冥福祈念法要】を執り行います。
此の度の大震災犠牲者の御冥福をお祈りさせて頂きます。 

同時に、「人型加持法」によって、回運(運を転換)を御祈念し、大震災その後の状況や困難が変じてゆくように祈ります。各個人の祈願も行ないます。この祈りを起点に、わたしたちの今後の具体的な行動・活動の基にできればと思います。

法要後には『大震災・その後・原発について考える』というミーティングを行ないたいと考えております。皆様の屈託のないご意見や情報をお伝え願えれば幸甚です。

日時等は以下の通り」です。

                                         【記】

日時:平成23年4月10日(日)17日(日)、24日(日)
場所:自然智乃会・川島道場

法式:午前10時〜鎮魂・冥福祈念法要。
 前半は霊魂安鎮冥福法要。後半は読経真言讀誦による功徳回向、追善法要。

   :午前11時〜ミーティング『大震災・その後・原発について考える』
   :午後1時〜『整体講座』(4月10日)
講師:柳澤先生
今回は、盲腸を中心に、季節の操法を焦点とした『洗毒法』。これは毒素排出に役立つものです。
(4月24日午後1時〜)『霊学講座+手技療法講座』
講師:川島金山

     ※多少の時間変更もありますので御了承ください。
      ※今回はスカイプ放送の予定はございません。


  ◎参加希望者は、お知らせください。


以上


川島金山

 

大震災を考え冥福を祈る【第2回 鎮魂・冥福祈念法要】

来る4月3日(日)、当道場に於いて【鎮魂・冥福祈念法要】を執り行います。
此の度の大震災犠牲者の御冥福をお祈りさせて頂きます。 

同時に、「人型加持法」によって、回運(運を転換)を御祈念し、大震災その後の状況や困難が変じてゆくように祈ります。各個人の祈願も行ないます。この祈りを起点にして、わたしたちの今後の行動活動の基にできればと思います。

法要後には『大震災・その後・原発について考える』というミーティングを行ないたいと考えております。皆様の屈託のないご意見や情報をお伝え願えれば幸甚です。

日時等は以下の通り」です。

                                         【記】

日時:平成23年4月3日(日)
場所:自然智乃会・川島道場

法式:午前10時〜鎮魂・冥福祈念法要。
 前半は霊魂安鎮冥福法要。後半は読経真言讀誦による功徳回向、追善法要。

   :午前11時〜ミーティング『大震災・その後・原発について考える』

      ※多少の時間変更もありますので御了承ください。
      ※今回はスカイプ放送の予定はございません。


  ◎参加希望者は、お知らせください。


以上


川島金山

 

1

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM